So-net無料ブログ作成
検索選択

化粧と整形(キムヨナが整形?) [美容整形・美容ダイエット]

キムヨナが整形?

「キムヨナが日本芸能界デビューを狙って整形手術」
http://girlschannel.net/topics/860239/

※ただし二重にする化粧法もあり、切れ長目のキムヨナがアイプチなどを使えば、あれくらい化ける=目が大きくなるのかもしれない? 目が腫れぼったく小さく見える女性が、化粧で目を大きくする動画を見たことがある。
『まるで別人。化粧でここまで変わる。整形並み』
http://skplan.main.jp/sunnyday/2016/08/07/post-7866/


小説や漫画の世界では「切れ長目の女」はそそるものがある。
もしキムヨナが整形して二度と以前の顔に戻れないのは、残念だ。

ただ美容整形をやったとしても別に否定しない。
結局、美人は得だし。(失敗のリスクがなく、痛くないならワシもやってみたかったぞ)
やっぱりほとんどの人は「大きな二重の目が好き」だし、芸能界で生きるには美人が得だし、いや、一般の社会でも美人は得。
価値観が多様化されてきたとはいえ、「美人=目が大きい」という図式は今も健在だ。

そう、物語の世界だってヒロインはたいてい美人。
自分の書く物語だって、ヒロインは美人設定はしないけど、イラストを描けと言われたら、そこそこ可愛く描くもんなあ。

で、小説では、美人または可愛い女性を表現する時、『目が大きい』と描写することが多い。
反対にブスを表現する時、目は一重・腫れぼったい瞼、目が小さい、というような言葉を使う。

韓国はそういったことはなく、化粧と同じでキレイになる努力をしたということでプラスに見られるのかもしれないけど・・・日本ではやっぱり整形はハードルが高そう。整形って分かったら引かれそうだし。


そう、日本なんて未だに「厚化粧」と言って、化粧さえもからかいの対象にして、皆で哂うこともある。
「化粧をとったら別人だった」と言って、引く男性もけっこういたりする。

二重にする化粧などして、目元の化粧に凝ったら・・・とった時「詐欺」と言われそうだ。

整形も厚化粧も日本ではあまり歓迎されない。
かといって何もしないのも歓迎されない。

むずかしいものよの~

その上、同性である女性の目もわりと厳しかったりする。センスなかったりすると見下され馬鹿にされる場合もある。
そして昔に較べたら、男性も外見が問われるようになった気もする。

容姿の劣等感、男女共ほとんどの人は多少なりとも持っているだろう。


それにしてもキムヨナ。たしかに目が大きくなって美人になった。
人気を取るために、美人(=目を大きくした)になったのだろうか。
世間の美の価値基準に合わせたのだろう。
切れ長の少し腫れぼったい目の個性を捨てたとも言える。

なんだか人気を取るために、路線変更した漫画を思い出す。
連載漫画は人気が取れないと、編集者のアドバイスに従い、路線変更することがよくある。あるいは最初から人気がとれそうなジャンル、お話を創ったりする。
プロの作家さんは、きっと世間の売れ筋を気にし、それに合わせる人もいるんだろうな。

私も、人気がとれるなら(=アクセス数を稼げるなら)、たとえば多少のエロを入れてもいいと思っている。つまり簡単な「化粧」程度ならOKだ。

でも大幅な路線変更、キャラ変更はしたくない。
大工事=「整形」はしたくない。

IMG_20141127_0004.jpg
※この程度のパンチラなら全然OKよ~♪

・・・・・・・・・・
余談。

はあちゅうさんのツイートhttps://twitter.com/ha_chu/status/766627701977255937より転載

【女子同士で「もはや私、○○ちゃんの彼氏的存在?[ハート]」とか「××ちゃんが可愛すぎていつもセクハラしちゃう[ハート]」とかやるのは勝手だが顔面と年齢がアウトだと見てるほうがダメージを食らうんだファァア】

転載終わり。

というわけで、女性である「はあちゅうさん」も「女の顔面アウト=ブス」には厳しいようだ。あと年増にも。

いやあ、人に迷惑かけているわけでもなし、別にいいじゃんと思うが。
年増のブスがはしゃいでいると、見ている方はダメージを受けるらしい。

原元都知事の厚化粧、大年増発言。女の顔(外見)と年齢を話題にし、貶めようとした発言として、男が言うとセクハラになる。でも女がいう分にはおそらく問題にならない?

はあちゅうさんのこの発言も石原氏と根っこの部分で同じ気がする。

残念な顔&年増の女性はあまり羽目を外さないようにしないとね。

ワシも気をつけねば。うむ、迷惑をかけないよう、不快感を与えないよう、できるだけ表に出ないようにしよう^^; ブルカを着用したいくらいだ。

できるだけ世間様の底意地悪い空気に当たらないようにしたい。
(と言っているワシが一番、底意地悪い。ま、世間様も意地悪だからお互い様ということで)

※関連記事
「韓国の美容整形産業・不美人は患者」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-28
「えげつない本音・美容整形の果てにあるもの」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-28
「合唱する中学生の容姿をバカにした某社会学者の不快な発言」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-26
「ミスワールド日本代表はハーフ/世界基準では日本人はブス?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-1

・・・・・・・・・・
「縁」番外編・短編読み切り小説のお知らせ。

人間ランク付け社会への皮肉を込めて。本当にゲスなのはだあれ?

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


タグ:美容整形
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9