So-net無料ブログ作成
検索選択

早くエッチしろと言う世間様 [恋愛・婚活・中絶・不倫]

「アエラ」編集者がツイッターで「子なし税」を話題にしていた。
「子どもがいない人はそれだけラクをしているのだから、もっと税金を払え。その金を子どものいる人たちへの支援、あるいは社会保障費に充てよう」という考え方について、どう思いますか、というものだ。

以前、森元総理も「子どもを産まない女性の老後を、税金で支援するのはいかがなものか」などという発言をしていたっけ。(なぜ、女だけ問題にする?)

「産めよ増やせよ」じゃないけど、油断していると少子化を嘆く社会はおかしな方向へ行ってしまうかもしれない。

そこで小説「アカガミ」(窪美澄)を思い出した。恋愛や結婚に興味をなくした若者を国ぐるみでサポートし、子どもを産ませようとする話だ。(ただ、この作品・・・自分はさほどおもしろいとは思わなかった)

もう一つは「殺人出産」(村田沙耶香)。10人子どもを産むことを条件に、誰か殺したい人がいたら1人だけ殺せる権利を国から与えてくれるという話。(こちらはおもしろかった)

そう、どちらも少子化に喘ぐ近未来の日本を舞台にし、女性に子どもを産ませるために人権侵害もなんのその、というような社会システムがあるのだ。もちろん非現実的ではあるのだが。

現実に今の日本でやろうとするならば・・・
「独身者および子どもを持とうとしない夫婦は人間として不健全、偏っている、おかしい。それは不幸な生き方だ」とし、世間が「結婚し子どもを産み育てるのが正しい生き方、幸せな生き方、まともな生き方」という空気を再び作り上げ、抑圧していく方法が一番手っ取り早いだろうな。

で、女性については若いうちにたくさん子どもを産んでもらおうということで、やはり若さに価値を置くようになるだろう。

ま、すでに今現在もそうらしいけどな。
婚活市場では20代はモテモテ、30代になるとガクンと落ち、30後半は苦戦を強いられるようじゃ。

そして再び女性のクリスマスケーキ化(=女は25歳を過ぎると価値がなくなる)を浸透させるかも^^;

いやあ、エグイ社会よのお。

そうそう、エグイといえば・・・今もなお心に残っているのは、鳥越俊太郎氏の20歳の女子大学生に言ったとされる「処女だと病気だと思われるよ」の、「処女は病気発言」だ!

都知事選の鳥越氏演説の現場では、こんなプラカードを持った人も現れたくらいだ。
Cog05jQUkAAzKyP.jpg

けど「20歳にもなって処女はおかしい」というのは鳥越氏だけではないようだ。
ちょっと前に、公の機関が「初体験(初エッチ)年齢のアンケート」をとり、その平均年齢が想像以上に遅かったことで騒いでいた。恋愛していない若者がいる、エッチもしてない、これは大変とばかりに。

世間では「恋愛=エッチすること」であり、「恋愛=エッチしない若者がいるのは大変問題だ」と思っているらしい。

もちろん早ければ早いほどいいというものでもないようで、さすがに小中学生でされるのは困るだろう。高校生でも早いと考えている向きもある。せめて18歳から。
で、どうやら理想は19歳。それが望ましいようだ。20歳過ぎでは遅いみたい?

わ・・・気持ち悪い。社会はついに初体験年齢も気にするようになり、19歳か20歳でエッチしてほしいようなのだ。
20歳過ぎても童貞・処女だと、鳥越氏のように「病気」「おかしい」「治さねばならない」と言いたげだった。

そこで、ちらっと想像してしまった。
もしも鳥越氏のような人が権力を握ったら・・・

近未来の日本では「20歳過ぎて、エッチをしたことがない人は病気」として扱われ、若者たちが何とかして初エッチを乗り越える・・・というお話を妄想してしまった。

たかが初エッチ、されど初エッチ・・・異常者扱いされるよりは、とにかく誰でもいいから済ませようと割り切れる人もいれば、やはりこだわりを持つ人もいるだろう。

こだわりを持つ人は、エッチをし損ね、社会から病気扱いされ、「早くしろ」と迫られ、それでもしないと「非国民」と白い目で見られる。
二次元を愛するオタクはもちろん迫害される。

「初エッチの相手、受け賜りますっ」という商売も盛んになることだろう。売春買春も許され、規制もゆるくなるかもしれん。初エッチ者の相手をする場合、1度限りの不倫もOKとなるかも。鳥越っちもウハウハじゃな。

選挙は18歳から、初エッチも18歳から。
選挙には必ず行こう。初エッチも必ず行おう。

そして恋愛=エッチをたくさん行い、20歳半ばくらいでできちゃった結婚しよう、その後もがんばってどんどん産もう、っていうのが社会が求める理想となるのかも???

ちょっち昔は処女を求められていたが、今は病気扱い、恥ずかしい人扱い。
時代は変わったものよのお。

そういえば小説・平安寿子の「恋愛嫌い」で彼氏とエッチするのに処女だと恥ずかしいから、ほかの男に頼んでエッチしてもらって処女を脱するといったお話もあったっけ。

「恋愛嫌い」は・・・
【女の世界は恋の話題で溢れている。でも、なじめない人間だっている。恋愛願望がなく、感情に溺れられない、恋愛は苦手------ そんな女性たちの本音をリアルに軽やかに描き、明日へのエールをおくる小説集】じゃ。おもしろかったぞ。お薦めじゃ。

ところでこのサイトのチェック・・・けっこう当てはまる人、いるのでは。http://renzaburo.jp/shinkan_list/temaemiso/081024_book01.html

・・・・・・・・・
余談。

18歳で初エッチを。20歳過ぎてもまだな奥手はダメダメよ。とにかく恋愛(エッチ)しよう、と言いたげな世間様。
いつまでもエッチをしないヤツは恥ずかしいぞ。と若者を追い込む。
が「やってはいけません」となると人間、燃えるが、「やれ」と強制されるとやりたくなくなるのも人間かもしれない。世間様は悩むことだろう。

が、心配無用じゃ。
昔は皆が皆、結婚し、多くが子どもを持ったが、これからは違う。
恋愛結婚できた者、もしくは厳しい婚活市場に打ち勝った者が、子孫を残すことになるのじゃ。(日本のシステムじゃ婚外子が増えることはないだろう)

いわゆる恋愛に積極的、かつ婚活に励み、どうしても結婚したい人たちのカップルから生まれた子どもたちは、その親の性質・性格を受け継ぐだろうから、自然と「恋愛に積極的、かつ、どうしても結婚したいと考える人間」となるだろう。

もちろん、肉食系と草食系の組み合わせで、草食系の性質を受け継ぐ場合もありうる。
が、肉食系から求められるモテ草食系は、それなりのスペックを持っているだろうから、そのモテ要素も子が受け継ぐ可能性があり、次もまた肉食系から求められ、めでたく結婚できるだろう。

モテ要素に恵まれず、恋愛に消極的、そこまでして結婚したくない、そこまでの情熱はないという人は子孫を残さないので、淘汰されていく。

世間様が「ぜひとも早くエッチを、恋愛をしてくれ」と声高に叫ばなくても、いずれ、そういう性質をもった人間・モテ要素を持った人間だけになっていく。安心されよ。再び、恋愛や結婚する人たちだらけの社会になっていくだろう。

突然変異でたまに恋愛に興味なし、結婚したくないという人間が現れるかもしれないが、おそらく少数じゃ。で、できればそういう人を嘲笑したり見下したりせず、あたたかく見守ってくだされ。

日本の近未来はきっと、モテ草食系と情熱的な肉食系の人間たちで埋め尽くされることだろう。若者は恋愛=エッチに勤しみ、日本を盛り立ててくれることだろう。もしかしたら世間や鳥越氏が望むようなエッチ大国になっているかもしれん。

うむ、めでたし、めでたし。
IMG_20160824_0002.jpg

※関連記事
「エッチしない若者を揶揄する毎日新聞系マンガ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16-1

・・・・・・・・・・
短編小説「縁」より番外編のお知らせ。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


タグ:恋愛 結婚 婚活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11