So-net無料ブログ作成
検索選択

えげつない恋愛・婚活市場 [恋愛・婚活・中絶・不倫]

2017年7月21日追記。

「1年前の記事に追記かよ?」と思ったそこのあなた。
うむ、できるだけ記事数を抑えたいので、関連する記事に追記を重ねることになってしまうのじゃ。

さて、気になった最近のはあちゅうさんのツイート紹介しよう。
https://twitter.com/ha_chu/status/887596511667773440より転載。

【売れ残り独身って25歳頃からずっと言われてるけど本当に嫌な言葉だな。私はパートナーと対等に付き合って、背筋伸ばして生きてる。仕事もちゃんとしてる。売れ残りなんて言葉で見下される筋合いない。結婚してないから子供いないから、説得力ないなんて言ってくる人は全員人間として最低だよ】

それに対して、こんな記事を紹介するレス・コメントがついていたので、その記事を紹介しておこう。

「はあちゅうが語る女の本音/36歳以上で結婚していない男性は何かしらの問題が・・・?」
http://getnews.jp/archives/297759

んで、当ブログ・下記2016年8月24日余談部分で取り上げたはあちゅうさんの発言も再転載しておこう。

【Bランク女子は、他に遊ぶ相手もいないので、まだ若さが自分に残っているうちに、Aランク男子に果敢なアタックを続け、その執着によりAランク男子をめでたく獲得する。
反対にAランク女子は、遊ぶ相手がたくさんいて、より好みしていたり、適当にモテ気分を楽しんでいるうちに、気づけば「若さ」という武器を失って、残り物のCランク男子とくっつかざるを得ない】


・・・というわけで、Cランク男子を「残り物」と表現し、見下しているよなあ^^;

ま、見下し合いは人間のサガなのかも。
お互い、違う価値観・違う生き方を認め合うことは難しい。

そういえば、ちきりんさんも、こんなツイートをしてしまったよな。
https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/887285509336080384より転載。

【最近、かっこいい生き方をしてる人がほんとーに多いので、40才にもなって「一流企業で働いてます。仕事でも評価されてます。この前、家建てました」、みたいな人がほーんとみすぼらしく見える】

もち、このちきりんさんの発言は、世間の価値観で見れば勝ち組に入る「一流企業で評価され、家を建てる」生き方に対しての揶揄を込めてのことだろう。

けど、カッコいい生き方って何だろう?
安定を求め一流企業に務め、家族を養うに足る給料をもらい、家族のために家を建てることも、いい生き方だとは思うが。(もちろん、ローンを組んで家を建てることは今の時代、大変なリスクだろうけれど)

フリーになり、独立して、成功する人は少ない。
家族を養っていたら、そんなリスク冒せないと考える人は多いだろう。

ちきりんさんから「みすぼらしい」と言われた生き方をしている人たちは、「ちきりんさんは家庭もないし、自由で気楽だよね」と思うかも。

で、ちきりんさんから見下されたお返しにこう言いたいかも。
「家庭がないなんて、かわいそうだね」「負け犬の遠吠え」「本当は私たちがうらやましいんでしょ」と。

いや、先にそう言われてしまったから、ちきりんさんはお返しに「そっちの生き方のほうがみすぼらしい」と発言したのかもしれないが。

※ちなみに、ちきりんさんは結婚制度はもう古いとして、こういう記事を書いている。
「結婚はオワコン?」http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130514


ま、『安定』を望み冒険しない生き方をしているうちの四条カップルも、ちきりんさんから見たら「みすぼらしい生き方」をしているんだろうけど、そこそこ幸せである・・・ということにしている^^;

※四条カップルは短編連作小説「これも何かの縁」の主人公じゃ。
「~縁」目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


自分がする蔑視・差別はいいけど、他人がする蔑視・差別は許せないってヤツ。
よくある風景だね^^;

女性蔑視を許さず反差別を訴える上野千鶴子氏も「オタクは再生産されずに滅びてほしい」とオタクを見下していたしね・・・。

見下し合いが社会のデフォ。
だから「恋愛しない人・モテない人・結婚しない人・子どもがいない人」が見下されるのも仕方ないのかも。お互い様だね。

ま、「恋愛工学」がはびこるのも当然じゃの^^;

ワシは、価値観をひっくり返してくれそうな人を応援するぞ。
だって世間の価値観と闘うって損することも多いだろうし、とても大変なことだから。

※関連記事
「オタクは滅んでいってほしい・上野千鶴子のナチス思想」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-24


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・
2016年8月24日本文。

はあちゅうさんとホリエモン=堀江貴文氏の対談。
http://am-our.com/love/216/9920/

堀江氏、相変わらず覚めているなあ。
でも、確かにそうかも、とも思う。

また人間を商品価値と言ってしまうところに、嫌悪感を持つ人もいるかもしれないけど、世間の本音でもあるのだろう。
恋活も婚活も「相手を選ぶ」という行為は、自分と相手の商品価値(条件)を見るわけで・・・人間を品定めする結構えげつない世界だと思う。

で、堀江氏の言う「人間の心は常に変化し続けるわけじゃないですか」に、そりゃそうだというわけで、結婚=安定とは限らないのかも。

もちろん法律で縛る結婚は、恋愛よりは安定的な関係にはなるんだろうけれど。(安定した中でないと、子どもを産んで育てるというのは厳しいだろう)

堀江氏の覚めた視点に共感。
そして、他人が決める価値観に興味はなく、ひたすら我が道を行くところにも。

その一例が・・・「(知人である)ひろゆき氏の結婚についてどう思うか」と、はうちゅうさんが質問するけれど、「僕に何の関係あるの? 自分の関係ないことがどうして気になるの?」と返す点。

多くの人は、他人の目を気にし、他人の評価を気にする。
だから「ランク付け」したがり、ランクが低い人間を見下し、反対に高い人間に嫉妬心をおぼえたりするのだろう。

なので堀江氏のような生き方、考え方ができれば、人間、楽になるのではないかと思った。

もち、他者がするランク付けが努力する原動力になるという人は、他者から下される評価を上げることこそが快感、という人は他人の目を気にしながら生きていけばいいと思う。

でも基本、他人の生き方(就職、恋愛、結婚や出産、離婚など)は自分には関係ない。ホリエモンの言うとおりだ。

ただ、普通の人は、知人友人が自分よりも先に結婚したり、彼女彼氏を見つけたりすると、焦ったり、嫉妬心を抱いたりするのだろうな。
それが黒い感情だとすると、そっちのほうが不健全かも。

そんなことを思ってしまった。

次に、はあちゅうさんの記事より、いくつかの記事を紹介。

「恋愛におけるカースト制度」
http://am-our.com/love/100/6220/

一部転載。

【人間には確かに所属している階級があるのだ。そして自分にフィットする階級は年々変わるけれど、同じ階級の人といるのが一番心地よかったりする】

【条件から始まる恋は無い。でも、条件が合っていないと一生を共に出来ないことだってある。恋愛感情で結ばれた二人が「結婚」を意識して、関係に終止符をうつ】


・・・階級かあ。どんなところにもカースト制度があるのかも。
世間の価値観によって、自分がランク付けされるわけだけど、人間社会にいる限り、それは仕方ないことなのかも。

ランクを上げようと努力するか、世間の価値観に背を向けるか・・・私は自分が心地よくラクに生きたいので、世間に背を向けることにしている。どうしてもという場合だけ仕方なく合わせる。低位で別にかまわない。
世間はそれを「孤独、寂しい人、不幸、かわいそう、負け犬の遠吠え」というのかもしれないけど。

でも最近、私のような世間に背を向ける人が多くなっているかも。
だって疲れるもの。無駄に傷つくこともない。逃げられるなら逃げよう。
楽しくいこうぜ。


「女のBランクは、男のAランクを捕まえて、女のAランクは男のCランクを捕まえてしまう」
http://am-our.com/love/100/7600/

一部転載。

【Bランク女子は、他に遊ぶ相手もいないので、まだ若さが自分に残っているうちに、Aランク男子に果敢なアタックを続け、その執着によりAランク男子をめでたく獲得する。
反対にAランク女子は、遊ぶ相手がたくさんいて、より好みしていたり、適当にモテ気分を楽しんでいるうちに、気づけば「若さ」という武器を失って、残り物のCランク男子とくっつかざるを得ない】


・・・いや、単に「遊んでいる女は結婚相手としてはふさわしくない」と考える男が、遊んでいなさそうな女性を選ぶだけの話では?

まあ、人をAとかBとかCとか、残り物とか・・・ランク付け。寒々しい気分にもなるが、それが人間社会の現実なのかもしれない。

何を持ってABCとランク付けしているのか・・・

ま、おそらく女性はまず容姿と年齢、ちょっとだけ学歴・職業も見られるかも?
そして男性は収入や学歴、職業、外見といったところか。

友だちの結婚式の時も、あれはAランク、あれはBランクとランク付けし、「あの子のダンナ、Cランクだよね」「あいつの嫁、Cランクだな」と見下し陰で哂い、優越感を得るのか、あるいは「あの子のダンナはAランク」「あいつの嫁はAランク」とうらやましがるのかもしれない。
そして自分はAランクをモノにしてみせると、闘志を燃やすのだろうか。あるいは嫉妬心に燃えるのか。

ワシは最底辺でいいっす^^;
恋愛や結婚は運良くめぐり合う相手がおり、自然に任せてできればすればいいし、できなきゃそれでいい。

女性は若さを失えば、最底辺落ちのようじゃ。
恋愛や結婚を意識している限り、女性は年々価値が落ち、ランクが落ちていくのじゃ~。

そういった底意地悪い価値観からも自由になりたいものよのお。

もう恋愛とか結婚ではなく、友だちでいいんじゃないだろうか。
友だちなら選び選ばれる基準は、楽しいか楽しくないか、話が合うか合わないか、そして性格重視となる。外見はさほど気にしないだろう。

ただつきあうには、同程度の経済力、話が合う合わないかは、年齢や学歴や職業にも関係してくる?

あるいは友だちにもABCとかランク付けし、容姿や年齢、職業や学歴を気にする人、けっこういるのかしら?

気楽にランク付けしない人とつきあいたいものじゃが、きっと難しいのかもしれない。
この社会はランク付けが好きな人がたくさんいるのかも。

で、他者と闘うのが好きな人はランクの上を目指すのだろう。
ランク付けされることで「がんばろう」と思う人間もいるのだろう。

が、ワシは愉快にのんびり楽しくラクに過ごしたいので、そういったギスギス世界からできるだけ遠ざかりたい。ゆるゆるといきたいものじゃ。


「恋愛工学」の藤沢数希氏のインタビュー記事。
http://am-our.com/love/184/7958/

実はこの藤沢氏や堀江氏の覚めた考え方が割と好き。

所詮、恋愛や結婚は所詮そんなもん、かも。あまりロマンチックに幻想を抱かないほうがいいということで、藤沢氏や堀江氏のある種「不健全に見られがちな考え方」に興味を持っているのだ。ある種の人にとっては救いになるかも。

そう、彼らは辛辣だけど、一方で現実主義者、きれいごとも言わない。世間の常識、世間が良しとする価値観をぶち壊してくれそうだ。だから陰ながら応援しているのだ^^;

私が一番避けたい人間は、きれいごとを言いながらも、シビアなランク付けをし、底意地悪さを見せる人。信用できない。

堀江氏や藤沢氏は他者を見下しバカにする発言をすることはあるが、なぜか底意地悪さは感じない。おそらく、それは他者の目を気にせず(他者にさほど関心がなく)、我が道を行く人だからだろう。

・・・・・・・・・・
短編小説「縁」より、番外編のお知らせ。

「蝉――僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

まさに「ランク付け社会」の中で『僕』は劣等感を抱えながら生きている。


「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

白井月子は世間でいうところのCランクなのだろうか・・・。


「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

八島麗華はランク社会から脱し、自分なりの幸せを実感する。


「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

小林和江は美人だからAランク? でもアラフォー未婚だからCランク?


「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

四条理沙はBランクよりちょい上か。でも21歳で結婚だからAランク?


なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


タグ:恋愛 結婚 婚活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4