So-net無料ブログ作成
検索選択

自殺願望・若年層女性に多い [自殺・イジメ・差別・生き方]

2017年1月31日追記。

興味深いデータ。
https://twitter.com/mobany_com/status/825869698956812289

↑男女それぞれ魅力的だと感じる異性の年齢表が載っている。

女性は自身の年齢が上がっていけば、魅力的だと思う男性の年齢も上がるが・・・
男性はどんなに自身の年齢が上がろうが、魅力的だと思う女性の年齢は20代前半まで。

ネット界では30代以上の女性はBBAと呼ばれる所以が分かった気がする^^;
男性だけではなく、女性(若い子)までもが気に入らない年上の女性をBBAと呼んでいる。当然、そこには嘲笑・蔑視の色が混ざっている^^;

(また、ワシのように自身のことをババアと呼んだりする場合もある。いわゆる相手からの攻撃を回避するため、自分から先に「私はババア・ブス・キモオタ・バカ・頭が悪い・最下層・ゴキブリ・細菌・有害です」と卑下しておくのだ。で「生きていてごめんなさい。早く死ねるといいんだけど」と謝りながら、毒舌を振るうのである^^;)

昔、よく言われていた女はクリスマスケーキ=25過ぎたらどんどん価値が下がり、30になったら価値はゼロという価値観が復活してきたの~。

石原都知事がお示しになったババアの定義=出産可能年齢が過ぎた女性よりも厳しいかも?

女性に将来の希望はなし。価値はどんどん落ちていくのだから。
とはいっても、それは男性に気に入られる価値=恋愛・結婚。

なので恋愛や結婚に重きを置かなければ、そう絶望するほどのことでもないのだが、世間の呪いは強固だからな。呪われている女性はたくさんいるだろう。自殺したくなるのも仕方ない。

で、男性は自身の年齢が上がっても、とにかく若い女がいい・・・ということは、女性に対し若さと美以外の価値は見い出せないということでもある。

普通、年齢が10も20も違ったら、話合わない。世代が違うと考え方もかい離するし。
男性にとって女性はトロフィーであるということか。

そんな男性と真剣につきあい、果てに生活を共にすることになっても、女性はあまり幸せになれない気もする^^;
いや、男性はATMだと割り切れれば、それはそれでいいのかもしれないけれど。

と、そんなことを思ってしまった。
まあ、こんな呪いで、将来に希望尾が持てなくなり、自殺願望を抱くのはもったいない気もするが・・・きっとBBAの僻みと言われてしまうのだろう^^;

・・・・・・・・・・
2016年9月8日本文。

産経新聞にこんな記事が出ていた。
「4人に一人が本気で自殺したい」

・・・全国20歳以上の男女の意識調査の結果だという。また全体の6・8%が過去に自殺未遂をしたことがあると回答。過去1年以内に自殺未遂をした人は推計53万5000人いるとした。

本気で自殺したいと考えたことがあると回答した人、内訳。
女性28・4% 男性22・6%

20代 34・9%
30代 34・2%

若年層が高い数字を示した。
ほぼ3人に1人。

自信をもち、物おじせずにチャレンジを重ね、成功をものにし、ランクが上がっていく強者にとっては、この変化の激しい競争社会・ランク付け社会は刺激的でおもしろく、ワクワクしながら、強くたくましくパワフルに生きていけるんだろうな。

一方で、それができない者もいる。そういった社会にどうしてもなじめない。
自分も「生きていてごめんなさい」タイプだ。

ところで・・・自殺願望者は女性のほうが多いのか。
年齢が上がっていくと価値が落ちていく、若ければ若いほどいい、という世間の『本音の価値観』も関係しているのではないか。

そう、将来は価値がゼロになるのだ。
そんな価値観の社会で暮らすのだから、未来に希望・夢などもてるはずがない。
ババア、負け組、負け犬、非モテ、デブス、ブサメン、非リア充、童貞、処女、オタク、ニート、引きこもり、非正規、無職、未婚、貧困、キモい、気持ち悪い、ばい菌、残念・・・そんな言葉が躍る世の中。

人を品定めし、ランク付けをし、馬鹿にしたり、脅したり、叩いたり、哂い、見下すことが大好きな底意地悪い社会とは戦わずに、いかに自分を守っていくか・・・

それが、自分が書く物語の一番のテーマでもある。
できるだけご都合主義を排し、ちょっとした救いを見つけてみたい。

ということでアップした短編小説を紹介します。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


タグ:自殺
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(8) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 8

この記事のトラックバックURL: