So-net無料ブログ作成
検索選択

不倫・略奪愛の末に成功した五嶋節さん [恋愛・婚活・中絶・不倫]

記事「子育て・過保護で何が悪い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-07にて
五嶋節さんのことを、ちらっと紹介したが・・・

まずは「五嶋節って誰?」というそこのあなた、説明しよう。
※出典http://kishida.biz/column/2006/20060808.html『岸田コラム』より

五嶋節さんは、世界的ヴァイオリニストの五嶋みどり、そして今現在「題名のない音楽会」で司会者を務める五嶋龍(こちらもヴァイオリニスト、大学はハーバード大・物理学卒)を育てた母じゃ。

みどりさんは11歳で米国デビュー、龍さんのほうは7歳で北海道でデビュー。
二人とも神童・天才の名を欲しいままにした。

ちなみに、みどりさんと龍さんは「17歳差」だ。
クラシック音楽界の中では・・・ヴァイオリニストとしては、龍さんよりもみどりさんのほうがずっと上という評価らしい。

母親の節さんも、ヴァイオリンの腕前は相当なもの。
音高音大に進学し、ヴァイオリンの腕を磨くが・・・

親に内緒でドイツ留学の試験に合格するが反対され、東京のオーケストラのオーディションに受かっても祖父に反対され、挙句の果てバイオリンを取り上げられてしまい、親が勧めるお見合い結婚をすることになる。

そして、長女みどりさんが生まれる。
が、節さんは、みどりさんに音楽の才能があると見るや、夫や実家の家族の反対を押し切り、10歳のみどりさんを連れてニューヨークへ渡り、そこでみどりさんをスパルタ教育。

その間に夫と離婚し、全てを捨てて、みどりさんの才能を伸ばすべく、みどりさんをジュリアード音楽院の高名な音楽教授ドロシー・レイのもとで勉強(レッスン)させる。

で、そこで運命の人と出会う。
みどりさんと同じくジュリアード音楽院、ドロシー・レイに師事していた金城摩承(かねしろまこと)氏だ。
後に、五嶋龍さんの父になる人である。

金城さんも桐朋でヴァイオリンを専攻、プロの演奏家になるべく、ジュリアードに留学していたのだ。

が、金城さんは、そこで同じくジュリアードに留学していた日本人女性と結婚することになった。
金城さんと、その日本人女性の結婚式に、節さんも出席したという。

しかし・・・ああ、何ということでしょう。
金城さんと節さんは恋仲になってしまったようで、金城さんは奥さんに離婚をせまる。

納得できない奥さんは、離婚したいなら「音楽を捨てること」を条件にした。

すると金城さんは音楽の世界から身を引いてしまった。ヴァイオリンを捨てたのだ。

うむ・・・そこまでして節さんと一緒になりたかったのだな。
そして奥さんと正式に離婚し、節さんと事実婚の関係となり、そこで龍さんが生まれるのだ。

ヴァイオリンをやめた金城さんはエール大学でMBAを取得しソニーに就職、その後、セガの現地法人に転職、副社長にまで行くが、企業の買収やら株取得による経営権争いなどいろいろあり、45歳で取締役を退く・・・というようなビジネスマンになった。

ヴァイオリニストを目指していた母と父を持つ龍さん。見事に両親の夢を継ぎ、ヴァイオリニストになったのじゃ。

不倫の上に結ばれた金城さんと節さんは、双方の両親から結婚を反対されていたので、同棲していたものの結婚はしなかった。

が、後にみどりさんに勧められて、結婚し、金城さんは「五嶋姓」になったという。

   ・・・

うむ、めでたし、めでたし・・・と言いたいところだが、ワシはやはり金城さんに離婚をせまられ、捨てられたといっていいだろう元奥さんに心を寄せてしまう。

音楽を捨てることを離婚の条件した奥さん。まさか、ほんとうに捨てるとは思ってなかっただろう。
つまり奥さんとしては別れたくなかったのだろう。

そこまでして自分と離婚したいのか、そこまでして節さんがいいのか・・・と、ワシが奥さんの立場なら、かなり落ち込む。自分のすべてを否定された気がする。

しかも自分たちの結婚式に出席していた知人に、夫を奪われてしまったのだ・・・。

小説のような、いや、それ以上にドラマチックな話じゃ。
そう、内村航平選手のわき毛にドラマを感じている場合ではなかったのだ。(なんのこっちゃ、という方はこちらへhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-22

が、もしも、こうした話を物語として紡ぐなら、ワシは「捨てられた方の視点」に立ってしまうだろうな。
節さんのほうが断然、キャラが立っており、エネルギッシュだし、主人公に最適だけど。

あまりに違う世界の人=遠い存在の人間に共感することはない。
圧倒的努力をし成功を手に入れた強者(もちろん筆舌に尽くしがたい苦労があって、ようやく手にしたのだろう・・・)には尊敬とあこがれの念を持つけれど。


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします

・・・・・・・・・・
余談。

五嶋みどりさん、実に質素な人。演奏会用のドレスにもあまりお金をかけず、けっこう同じ衣装を使いまわしているんだとか。
本当に「音のみ」で勝負しているんだな。カッコイイ。

反対に若い美女らを集め、演奏中、いろいろな動きを加え、華やかな演出とパフォーマンスで聴衆を視覚的にも楽しませようというコンサートをしているのが高嶋ちさ子さんだ。

高嶋さん率いるあの集団は、ある程度のヴァイオリンの腕も必要だが、まずは容姿を見られ、スラリとした若い美女であることが求められている。視覚的な面も重視し、エンタメに徹している。じゃなきゃ売れないから。

・・・つまり、「音だけ」(芸術)で勝負するのがいかに難しいかということだ。

みどりさんはそれをやってのけているのである。

そこまでのヴァイオリンの能力を伸ばせたのは、もちろん自身の才能と努力もあるだろうが、母の節さんの導きがあってこそ、その才能が開花したのだろう。

五嶋節さんも幼いみどりさんを連れてニューヨークへ渡った当時、極貧生活だったという。ここまでくるのに並々ならぬ苦労があったようだ。

・・・・・・・・・・
短編小説「縁」番外編のお知らせ。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。


ところで・・・
「五嶋節」さんの人生について語ったけど・・・やはり捨てられた奥さんのことを思ってしまう。それは自分もどちらかというと「捨てられる側の人間」だからかも。奪いにいく自信、気力、魅力なし^^; 逆に奪われそうになったら、戦わず白旗挙げる人間じゃ^^; 

そう、自分のメンタリティは「縁」番外編で書いた『蝉―僕のランク』に出てくる「僕」に近い人間かもなあ。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします

コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:恋愛・結婚

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 5