So-net無料ブログ作成

「聲の形」VS「君の名は。」の評価 [創作・表現・作品感想]

12月28日追記。

愛人騒動に端を発し、自分以外の人間を犬、虫だと発言したオタキング岡田斗司夫氏は、「君の名は」および新海監督についてこう発言していた。

http://yaraon-blog.com/archives/91169より一部転載。

【岡田斗司夫の君の名は。の評価は映画として70点 ベタ映画として120点 アニメとして80点らしい
シン・ゴジラは映画として65点なので君の名は。の方がちょっとだけ良いとのこと】

【 岡田斗司夫と竹内義和の対談(http://www.nicovideo.jp/watch/1378004106)

岡田「新海誠は、その、ナントカの場所って映画あるじゃないですか」
竹内「ありますね。『雲のむこう、約束の場所』」
岡田「あれをその、テレビで見て。「あ、もう二度とこいつの映画見んとこ」って決意しました」
竹内「あー」
岡田「こいつのデビュー作あるじゃないですか、なんか、トップをねらえみたいなやつ」
竹内「ほしのこえ?」
岡田「そう、『ほしのこえ』は少し良いと思ったけど、そこから先もう延々思わせぶりな、思わせムービー(造語?)ばっか撮るじゃないですか」
竹内「ああ、うん」
岡田「俺ね、ああいう思わせムービー撮る映画監督ってね。世界で一番嫌いなんですよ」
竹内「ハハハハハハ、いやいや」
岡田「死ねって思う。本当に」
竹内「いや、あの」
岡田「死んでしまえ新海誠、って」
竹内「(岡田の話を遮って)その、そのね、40分なんですよ、新海君の『言の葉の庭』」
岡田「はい」
   
<ここから竹内、『言の葉の庭』のストーリーを解説するが長いので省略>

竹内「・・・まあ、それがこの映画のクライマックスで」
岡田「アニメ使って何してんねんそいつ(新海誠)!もうそれ聞いたら本当、「新海誠なんでアニメやってんの?」って思います」】


http://originalnews.nico/462より転載。

【「新海誠はメジャーになるために作家性をあきらめた」「この作品は新海誠の集大成。だが、作中ではその説明を全くしていない」と語る岡田氏。さて、その真意はいかに…

■メジャーになるために”作家性をあきらめた”新海誠

今回、新海誠が挑戦したのは“作家性のあきらめ”なんですよ。
今までの新海誠は『ほしのこえ』とかでやってたような、男と女が何光年も離れて、男の方は女の子のことをずっと想っているはずが勝手に結婚しやがって、女の子の方は銀河の果てで宇宙人と戦いながら「いつかあの人に会える日が来るんだろうか」なんて考えているような、救いようのない切ない話を連続して書いて、“そこそこの評価”はあった。

でも、「このままではお前はジブリにはなれない。庵野(秀明)や細田(守)にはなれない」……と言われたかは分からないけど、そこで一念発起して、「よっしゃ、わかった! 俺は中学生・高校生、言い方悪いけど“バカ”でもわかる映画を撮るぜ! オラァ、作った! ほら、バカが泣いてる!」っていうのが『君の名は。』なんじゃないかと(笑)。

作家性をあきらめて、誰にでも分かるように徹底的にベタな方向にした。だから、この作品は大ヒットしているんじゃないかと思います。

<中略>

新海誠としては、これまで作り続けてきた宇宙モノの集大成としてやっていると思うんですが、この辺りの説明を全部あきらめて、ベタなドラマに集中したのが「すげぇよ、新海! よく割り切ったな!」と思います】

転載終わり。

いやあ~、岡田斗司夫氏も、下記で話題にした松本人志氏も、劣等感の塊・・・新海監督への嫉妬心がすごいようですね^^;

「君の名は。」の大ヒットの理由を、岡田氏は「馬鹿でも分かる」とし、松本氏は「ブスを巻き込んだから」と、観客を見下し、ディするという恥ずかしい発言をされた。

まあ、ちょっと気の毒。
劣等感は人をこじらせるよなあ。(いや、どっちもそこそこ社会的成功者なのに。ただ岡田氏はもう落ち目のようだ)

※関連記事
「女は犬―オタキング・岡田斗司夫の愛人騒動」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-28

・・・・・・・・・・
10月30日追記。

ダウンタウンの松本人志氏はこんな発言をしていたらしい。

「松本人志、『君の名は。』を鑑賞  『悪くなかった』」
http://www.oricon.co.jp/news/2080723/full/より一部転載。

【自身も映画監督として作品を発表している松本から「100億円を越えようと思ったら、ブスなOLを巻き込まないとな」といった発言が飛び出し、スタジオは不穏な空気に】

【非難の眼差しを向けられた松本は「ブスはおるやろ、くさるほど」と火に油を注いでしまう】

転載終わり。

なんかカッコ悪い。松本さん。
「悪くなかった」って、いかにも負け惜しみに聞こえる^^; 

「日本全国にたくさんいるブスを魅了したからヒットした」と観客をバカにするような発言に至っては・・・いやはや何とも・・・。

自身の映画がヒットせず、その嫉妬の矛先を「君の名は。」の観客にぶつけている感じ。
くやしいの~、くやしいの~www

器が小さいというか、こういうのを「みっともない」って思ってしまう。電車の中で化粧をする女性よりもね。

そしてやっぱり新海監督に失礼。
監督の映画を見た観客をこういった形で揶揄するなんて・・・。

松本さんの人間性を見た感じ。
こういった醜い嫉妬心こそ本当に恥ずかしい。これこそ負け犬の遠吠え。

ちなみに松本さんの映画、テレビに落ちてきた時、ちょっと見たけど、意味不明でつまらなくて、すぐに消した^^;(すると「ブスやバカには理解できない」とでも言うのかな)

お笑いタレントとしても、私は松本人志氏は好きではない。どこか後輩への「いじめ」の空気=底意地悪さが漂っていて・・・浜ちゃんはそんなことないのだけど。

何かすごい劣等感でも抱えているのかしら? お笑いタレントとしては成功したのにね。

毒舌に、底意地悪さや見下しがあると、笑えないよな。
なので松本人志を面白いと思ったことはない。

まあ、松本さんをここまで醜く嫉妬させた新海監督がすごいのかもしれないが。

・・・・・・・・・・
9月24日本文。

映画動員ランキング
1位「君の名は」 2位に「聲の形」のようじゃな。

※「君の名は」関連の記事はこちら↓
「君の名は。と切ない系の物語」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-01

「君の名は」は高評価ばかりが目立つ。
で、ジブリ以外で初の興行収入100億円、突破したらしい。

が、一方で「聲の形」は・・・高評価も多いが、低評価の声も割と聞く。

そこでもう一度、そのことについて話題にしてみる。

記事「聲の形がいじめっこ向け感動ポルノ?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22補足として・・・まずは『聲の形』の感想、批評について興味深いサイトを紹介しよう。

高評価(かなり詳しいネタバレ有)
http://blog.imalive7799.com/entry/Koe-No-Katachi-20160917

「君の名は」は単純に楽しめそうだけど、「聲の形」はいろいろ考えさせられるテーマの話のようだ。

そして「君の名は」は何だか「一人映画」しづらいような雰囲気。恋人や友だちと行く映画で、いかにも「リア充」映画って感じ?

対して「聲の形」は「一人映画」でも楽しめる映画のようで、イジメ・コミュ障がテーマなだけに非リアにも突き刺さる内容のようだ。

だが、「聲の形」には低評価の声も目立つ。

低評価(有名評論家のツイート発言をまとめている)
http://nijigenme.com/anime/2016/09/24/14214/

つまり「いじめ」をテーマに描くというのは、それだけ難しいということなのかもな。
それを物語という形にし、しかも客を楽しませるため、エンタメ要素を入れていく・・・ある程度のカタルシス、感動を客に提供しないといけないのだから。

低評価サイトのコメントにあった『美少女にしちゃうから、感動ポルノに成っちゃうんだよ』に納得。

もし、いじめられている障碍者が、不美人、ブスだったら・・・つまり世間でいうところの下位ランクの者だったら・・・まず映像エンタメ作品になりえない。
主人公はイケメン、美人、カワイイ子。これが現実だ。

映像エンタメにおいて「容姿が劣る主人公の物語」など、誰も見てくれない。

「野ブタをプロデュース」の「野ブタ」も、原作の小説では「容姿が劣る冴えない小太りの男子生徒」だが、テレビドラマでは野ブタ役は、超美少女といっていい堀北真希さんだった。

「聲の形」に登場するメインキャラも皆、容姿はランク上位者だ。

(ちなみに「君の名は。」も主人公らはイケメン・かわいい子だよあ。ブサメンはともかく、ブスの恋愛ものって観たことがない。・・・一方、ブサメンの恋愛ものは、少ないがたまにある^^;)

なので、自分は画がない小説のほうへ興味がいってしまったのかもしれない。


ということで自作の小説紹介^^;

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

瑠璃色

同感です!

私も松本さんのことずっと不快に感じていました。
理由も同じです。
以前木村拓哉さんのことも書かれていましたよね。
あの時も同感!と感じていたのです。

人を平気で見下して虐めることに疑問を持たないような思い上がった感覚の人はどうしても理解出来ません。

今まで意見が合った人に会ったことが無かったので嬉かっです。
by 瑠璃色 (2016-12-28 13:29) 

ハヤシ

おお、瑠璃色さんも、でしたか。

松本さんが売れているワケがどうしてもわかりませんでした。
同様に木村拓哉さんも・・・

どうしても見下し言動が鼻につく・・・皆は感じないのかしら、と。

スマップでは、なんか木村さんが一人だけ孤立している印象。
やはり仲間内でも、木村さんはさほど好かれていなかったのかしら・・・

と、いろいろ勘繰ってしましました^^;

by ハヤシ (2016-12-28 13:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1