So-net無料ブログ作成
検索選択

合唱する中学生の容姿をバカにした某社会学者の不快な発言 [ゲス事件・ゲス話題]

記事『心洗われる「ともしびを高くかかげて」「COSMOS」』を書きながら、合唱曲に心を洗われたかのように思えたが、やはり心の底に巣くうゲス魂はそう簡単に消えはしなかったようじゃ。

合唱と言えば・・・胸くそ悪かったことを思い出したので、毒舌満載で書く。

「古市憲寿・中学生の合唱コンクール見てたらブサイクすぎて整形が一般的になればいいと思った」
http://netgeek.biz/archives/23420より一部引用。

以前、社会学者の古市憲寿氏が以下のようにツイートした。(今現在は削除)

【テレビで中学生くらいの子たちが合唱してるんだけど、顔の造形がありありとわかって辛いから、子どもたちももっとみんなメイクしたり、髪型や髪の色をばらばらにしたほうがよいと思う】

・・・こんなところでもやはり顔の美醜が問われるのか、とゲンナリした。
合唱の美しさよりも、歌っている中学生らの顔の美醜が問われ、大人が茶々を入れるのかと。

こうして容姿が厳しく問われる社会の空気に感化され、女の子たちが過激なダイエットをしたり、美醜でランクが決まり、カーストができあがったりするのだろう。

子どもの頃から自身の外見を気にしながら・・・世間が定める美の基準から外れた者は、劣等感を抱えて生きていかなくてはならないのは疲れるだろうな。
思春期はかなり辛いはずだ。

古市氏はさらにこう発言。

【努力で顔の雰囲気を変えられるメイクや自由な髪型が許されず、ありのままの姿を強要される学校空間っておかしいなあと常々思ってます】

裏を返せば、中学生から「ありのままは許されず、化粧をして、醜い顔を少しでもマシにしろ」と言っているようにも聞こえる。

「ありのままを強要するな」は、やがて、ありのままは許されず、化粧を強要する空気へとつながるだろう。

で、冴えない子、おしゃれじゃない子、ダサい子、世間でいうところの美の基準から外れた者は最下層に置かれ、ますます馬鹿にされ、最悪、虐められるんだろう。

そして女性は化粧をしないと「失礼だ」と思われ、ありのままは醜い、素顔は公には見せてはいけないもの、となる。(だからマスクは便利だね^^;)

う~ん、やはり日本は外国人(美人が多いという白人系、中東系)を入れてハーフを増やすしかないんじゃね?

世間の美の基準から見れば、白人の少女は何もしなくてもキレイな子が多い。キレイな子だらけ。
「それに比べて日本の少女は醜い子が多い」と思っているから、古市氏のような発言が出てくるわけだ。

ま、少子化で「顔の造詣がありありとわかって辛い=醜い日本人」は減っていくだろうから、あまり意地の悪いことを発言しないでほしい。

ということで、歌の実力よりも、まずは容姿・外見が第一と考える社会学者の残念なツイートを思い出し、これが現実か、とゲスな気分に舞い戻るハヤシであった^^;

合唱で心が洗われたはずなのに・・・残念じゃ。
現実はやっぱり厳しい。

せめて醜い遺伝子を残さぬよう、世間様に哂われ、見下され、イジメられるような遺伝子を残さぬよう・・・ワシも喜んで淘汰されようぞ。

うん、美しい人は賞賛されればいいと思うよ。
ただ醜い人(世間が決める美の基準から外れた人)を見下してバカにし、ランク下位に位置づけ、いじめる空気を作り上げるのはやめてほしい。

でも、そういう空気、すでに作っちゃったんだよね。これからも劣等感で苦しむ子が増えるのかもな。過度なダイエットにも励まないといけないし。大変そう。

もちろん、古市氏を非難する者が多かったが、心の底では古市氏と同じ感覚を持つ者=中学生にまで美醜を問い、ありのままの容姿を醜いとし、メイクをしてマシにしろ、努力しろ、女は美しくなければいけない、まずは外見重視、という考えの人、けっこういる気がする。
だから古市氏もああいったツイートしてしまったのだろう。

そーいや、AKBの「「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞も、「女の子は可愛くなきゃ意味がない」「頭空っぽでいい。まずは外見」というような意味だったっけ。

【女の子は恋が仕事よ ママになるまで子供でいい それよりも大事なことは そう スベスベのお肌を保つことでしょう?】

【人は見た目が肝心 だってだって 内面は見えない 可愛いは正義よ】

これも一部のフェミに批判されたが、やはり世間の本音なのだろうな。
内面よりもまず外見。醜いのは罪。

こういった世間からのメッセージが子どもたちに届く時代だ。

なぜ、スクールカースト(教室内における上下関係)なるものが誕生したのか・・・

昔は、大人は子どもの前では「外見より中身」と説き、指導してきた。「まずは外見を磨け」などと本音を公にして言う大人は皆無だった気がする。

世間は、美少女を賞賛しても、そうでない女の子たちを公に見下すことはしなかった。(影ではやっていたかもしれないが)

しかし、今は本音の時代となり、古市氏のような大人が、中学生に向かって公に「まずは外見。見ていて辛いから」と言うようになり、歌の能力=中身よりも、外見を重視するようになってきた。

「見ていて辛い」という言葉は、美に恵まれなかった女子たちにしてみれば、ショックな言葉だ。
「醜い者は、ありのままの姿だと不愉快な存在」と言われているようなものだ。

※男子中学生だったら、こんなこと言われないんだろうな。大人から、顔の造作を問題にされ、「(見ていて)辛い」なんて。

現在は、大人も容赦せずに、子どもの美醜を問うようになり、ダサい者、センスのない者、醜い者(世間が良しとする美の基準から外れた者)を哂う空気を作り出す。

子どもの世界でもダサい子やセンスのない子は下位に置かれ、哂われるようになった背景に、こうしたことも関係しているのではないか、と。

ありのままが認められない、息苦しい社会。自信が持てない。消えたい人は多いだろう。
実際に日本は若年層の自殺率が高い。
img_7855d781f2284c76fc77462e7b47f24045328.jpg

もち、自殺したい理由は様々だろう。
けど、こうした底意地悪い社会の空気も影響しているのではと邪推する。

ま、この社会学者に「自殺するな」と無責任なきれいごとは言ってほしくない。
「醜い者は、中学生でもありのままの姿で表舞台に出てくるな」――これが本音なのだから。

※オタクに限っては、社会全体が哂い者にし、「不愉快で気持ち悪いオタクはバカにされて当然」という空気を作っていった。
B7JTiDhCEAAPDt3.jpg

哂われたくなければ、趣味を変えろ、努力しろ、センスを磨け、性格変えろ・・・というのは「虐められる方が悪い」の論理。
せめて、思春期の子どもや若い子の容姿を問題視し、大人が哂うのはやめようよ。ゲス過ぎる。

※関連記事
「自殺願望者・女性若年層に多い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-1
「ミスワールド日本代表はハーフ/世界基準では日本人はブス?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-1

・・・・・・・・・・・・
余談。

古市氏はさらにこうツイートし、整形をお勧めしていたようじゃ。

【属人性から解放されたはずの近代社会で、見た目に関しては生まれたままの姿を変えるべきでないという規範がなぜ強いのかは昔から疑問に思ってること。韓国など一部の地域を除き、なぜ整形が一般的にならないのか】

けど体の成長過程にある中学生には整形は早すぎるようだ。これは美容整形外科医も言っていること。
韓国のように整形することが当たり前という社会になっても、失敗のリスクもあるし、醜いから整形しろという社会も生きづらそう。

※高須クリニックの高須医院長のツイートを紹介。
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/777953238704201728
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/778057729965305857

蒙古襞と二重の切開手術かあ。
医者の腕にもよるだろうけど、リスクも高そうだ。

※関連記事
「化粧と整形(キムヨナが整形?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-21
「韓国の整形産業・不美人は患者」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-28
「ブスの恋愛」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12-1
「ランク付け・恋愛ゲーム」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20
「出産前の体VS出産後の体」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-15

・・・・・・・・・・・・
ということでスクールカースト、イジメをテーマの短編小説・物語を紹介。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。(5250字)

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。(6200字)

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。(4450字)


そして、こちらは独身アラフォー女子のお話。
「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか・・・。前の3作品と違い、これはほどほどに明るく、お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読めるお話です。


さらに、若夫婦のほのぼのハートフルなお話はこちら。
「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
血液型のこと、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。こちらも明るくで軽く読めるお話です。


なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(7) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 7