So-net無料ブログ作成

見下しエッチゲーム? 恋愛工学について [恋愛・婚活・中絶・不倫]

11月7日追記。

恋愛工学生を彷彿とさせるような記事を見つけたので紹介。

「ナンパの快楽と憂鬱〜コミュニケーションにマスターキーはあるか?」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45138?page=2

【やっぱり年頃の男の子にとっては、女性経験が少ないということが気になるんです。綺麗な女性を連れている男性は偉いというか。拙い発想ではありますが、社会の中にはそういう価値観があると思います。割と年配の人にも、「いい女を連れているのが良い」という価値観がありますよね。社会の中で順当に進んでいった人たちが持ちやすい価値観。
そのゲームにどうしても勝ちたいというのがあったんです】

【振り向かせたいというのはあっても、それ自体で達成されるわけではなく、振り向かせた瞬間に、よし次の人だという感じなんですよ】

転載終わり。

刹那的じゃの・・・人生のゴール、最終目標ってよく分からないものかもしれない。
世間の価値観に惑わされていると、特にね。
たぶん「若くてきれいな女の子とたくさんエッチすること=男として勝ち」てな感じで気分はいいんだろうな。

ナンパが修行・・・だとすると、最終目標は何なのだろう?


※ほか参照記事。

「恋愛工学の藤沢数希氏のインタビュー記事」
http://www.mag2.com/magspe/interview149/#top

「恋愛工学の10年にも及ぶセクシズムを晒す」
http://bonbon-dancin.hatenablog.com/entry/2016/12/20/%E6%81%8B%E6%84%9B%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E3%81%AE10%E5%B9%B4%E3%81%AB%E3%82%82%E5%8F%8A%E3%81%B6%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%92%E6%99%92%E3%81%99

ま、女性を見下しているのは確かなようだ^^;

恋愛工学って意外と男性の本音が正直に書かれている気もする^^; こういう考えの男性はけっこう多いかも・・・となると、男性と女性が人間的につながるのは不可能だな、とふと思ってしまった。

・・・・・・・・・・
10月31日追記。

女性に人気があるらしい西麻布子氏のツイート。
https://twitter.com/nisiazabukochan/status/792955396054880256より転載。

【人生とは自分を納得させるための旅みたいなもの。男は女にとって乗り物。楽しい旅には良い乗り物が必要。乗り物の方も腕の良いドライバーが欲しい。腕の良いドライバーは乗り物を用途に応じ大量保有してるよね。要するに女の子はウッカリしてるようにみせて、チャッカリしてる方が幸せになれるよ】

なるほど~・・・
と思ったそこのあなた。(ワシもつい思ってしまったぞ)

ならば、乗り物とドライバーが男女逆でも文句は言えない。それが男女平等というもの。
つまり、この男女逆バージョンが恋愛工学じゃ。

いや、相手を利用しようというのは、本当の恋愛じゃないんだろうけどさ。

たださ、女が「男は女にとって乗り物」と言うのは許せて、男が「女は男にとって乗り物」と言うのは許せないとなると、それは不公平だよね。

・・・と、うちの四条静也ならば言うだろう。

※四条静也って誰? と思ったそこのあなた、↓この物語の主人公じゃ。
短編物語「縁」より「聖夜」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-16
あらすじ→日本文化と風習を織り交ぜた若夫婦のほのぼの物語。四条静也と理沙の聖夜。

劇中、静也と理沙が「女性差別問題」「人権問題」について議論するが・・・。ま、聖夜が性夜になるのはお約束。

・・・・・・・・・・
10月27日追記。

「恋愛工学生」について補足。
いちおう、こういうことも嘘か本当かは置いておいて、情報として流しておきます。

「藤沢数希・恋愛工学問題特設ブログ」より
http://tsunamiwaste2016.hatenablog.com/entry/2016/10/26/151531

既婚者も「恋愛工学生」として、複数の女性とエッチを楽しんでいるらしい。
藤沢氏のメルマガに「既婚ですが婚活パーティでうまくいきました」と報告。

ま、要するに・・・女性に独身だと騙してつきあい、楽しんだけど、ばれたらマズイので別れようと思い、わざと嫌われるようにふるまい別れることに成功。既婚者であることは最後まで隠し通すことできたとのこと。

いやあ、まさに相手をバカにした見下しゲームじゃの^^;
単なる性欲処理であれば風俗を利用すればいいのに、それではつまらないようだ。

やはり自分の男としての魅力で女性を釣り、狩りというゲームがなくては満足できないのだろう。
既婚者あれば、なおのことスリリングなゲームとなる。

こういう人もいるので、真面目な交際を求めている女性は注意。

婚活パーティも、相手は既婚者かもしれないので、独身者であることを証明する書類審査があるところでされるのがいいかと思う。身元確認は最優先事項じゃの。もち、遊びだと割り切っているのであれば、それはそれでよし。

そこまでのリスクをとってまでおつきあいしたいのかどうか・・・
恋愛する相手を見つけるって大変じゃのお。

あと、これも紹介しておこう。

恋愛工学生側の言い分。
http://www.singapore931.com/entry/1032913283

「高慢チキな女に値踏みされ、高いメシを食い逃げされて、捨てられてきたあの日々・・・そんな女を使い倒してマネタイズする方法」が、恋愛工学だという・・・。

このブログ主、35歳以上の未婚女性を「産業廃棄物=産廃」と呼んでいるようだ^^;
元石原都知事も子どもが産めなくなった更年期以上の女性は有害だとする「ババア有害論」を唱えていたが、そういう考えの男性はけっこう多いかもしれない。


「恋愛工学者がハロウィンに女性をナンパしてテキーラを飲ませる『ヤシオリ作戦』の参加者をnoteで募集」
http://togetter.com/li/1036782

恋愛工学生、危なっかしい人もけっこういるようだ。大学生たちの強姦事件を思い出す。

というわけで「恋愛工学生であるかどうか見破るためにも、女の子たちも藤沢氏の小説・マンガ「ぼくは愛を証明しようと思う」やメルマガ(有料)を読もう、などという声もあったりして・・・

藤沢氏ますます儲かるの~、上手いなあ、と思ってしまった^^;

ちなみに最上位の女は、モデル、アイドルなど美の強者と定義づけているナンパ男および恋愛工学生らであり、目標をそこに設定している人もいるようだが・・・

そういった「最上位の女」は、ナンパ男になどひっかからないように思う。
だって、彼女らはいつでも身元がしっかりしている最上位の男らが催すパーティなどにお呼ばれされ、そういった人脈を持っている。
身元が分からない危険な男についていくとは思えないのじゃが。

※関連記事
「ヤリサー(エッチ目的大学サークル)」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-21
「ゲス東大生」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20
「ミスコン運営サークル慶大性(生)集団強姦事件」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12
「性暴力・見下している相手とエッチしてはいかん」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-22

・・・・・・・・・・
10月24日本文。

当ブログでは藤沢数希氏の「恋愛工学」について幾度か話題にし、どちらかというとおおむね肯定の意味で取り上げてしまったが・・・

「恋愛に幻想を抱いていると痛い目に遭うかも」ということでも話題にした。
つまり、辛い思いをしてまで恋愛活動をしたところでリターンはさほどないかも、幸せになれるとは限らないかも、恋愛はそこまでしてやるほどの価値はないかも・・・と。

そして藤沢氏が一夫一婦制の結婚制度を否定していることにも注目した。
(恋愛工学では、一人にフルコミットすること=一人に執着することを避けることを基本としており、一人の配偶者しか得られない結婚制度に合わない)

そういった世間の価値観をひっくり返そうとしている点で興味を持った。

「恋愛工学」の中身については・・・
『女性の顔でランク付けをし、いかに高いランクの女性とたくさんエッチできるかというゲームであること』
『恋愛工学生は一人の女性にフルコミットすることはなく=執着することなく=1対1で付き合うということはない。よって一夫一婦制の結婚にはつながらない』
『他のランクの高い女性と付き合うための練習台にされている可能性もある』
・・・ということは伝えていたつもりだ。

その前から恋愛工学はネットで話題になり、「ぼくは愛を証明しようと思う」というタイトルで小説にもなり、アフタヌーンで漫画化もされ・・・私もそれで知って、小説を読んでみたり、藤沢氏の発言をチェックするようになった。


↓ちなみに「恋愛工学」とはどんなものであるか、詳しくはこのサイトが一番分かりやすい。

「小手先だけで必ずモテる恋愛工学」
http://matome.naver.jp/odai/2137056861119999201


次に、「恋愛工学」について、こういった批判意見もあることを紹介していこう。

http://tsunamiwaste2016.hatenablog.com/entry/2016/10/01/084201
↑藤沢数希氏を知っている女性が告発?めいたことをしている。藤沢氏自身、過去、女性とトラブルを起こしたことを公にしているので、この女性のことなのかもしれないが、定かではない。

ま、ネットだと何が事実なのかは分からんが、「恋愛工学」に警笛を鳴らしている人は多い。
http://www.nanpazuki.com/think/kougaku/
http://news.livedoor.com/article/detail/10027828/
http://mess-y.com/archives/19319
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0501/mes_150501_5420434738.html

一般の女子は、ナンパや出会い系で知らない男性についていくことは、ほとんどないだろうが・・・
トイアンナさんは「自己評価の低い女性が恋愛工学生にひっかかること」を危惧していた。


さて、恋愛について、師匠である藤沢氏は、恋愛工学生らの質問にこう答えていたようだ。
http://matome.naver.jp/odai/2137056861119999201より転載。

【Q:元カノとか自分に好意を持っている娘の気持ちは考えず、エッチだけしちゃえと見受けられるのですが、藤沢さんの考えだとそういうことですか? それでいけるなら自分もそうしたいんですけど、ドロドロの展開になったこともあったり、相手を傷つけてしまうので踏み出せないのですが】

【A:君が、女の人の心を傷つけることなんてできないよ。たとえ、傷つけようとしたってね】


これは藤沢氏の小説「ぼくは愛を証明しようと思う」(講談社・アフタヌーンでも漫画化)にも出てくるシーンだ。セリフもほぼ同じだ。
小説でも、「女性を傷つけてしまうのでは」と悩む主人公に、恋愛指南者が「君に女性を傷つけることなんてできない」と言う。

受け取り方を誤れば、「女性をどう扱おうとかまわない、罪悪感を持つことはない、女性は傷つかないのだから」「女性には何をしてもいい」ということになってしまう。

ただ、藤沢氏はこうも言っているようだ。

【恋愛工学に、一生愛し続けることができる恋人を見つけることができるかといえば、答えはノーなのだ。現在の恋愛工学では、大切な人をつなぎとめることさえできないのだから】

そう、ちゃんと正直に説明している。
恋愛工学はあくまでも女性とエッチするためのゲーム、遊びであると。

「愛なしでもいいからエッチしたい、できればいい女と、誰もが羨むような若くてキレイな女と」
と思っている男性はけっこう多いのだろう。

とにかく数をこなし、自信のない者はまずはランク低めの女性から狙い、慣れてきたらランクを上げていく。
(ここでいうランクとは容姿である)

もちろん、この点からも女性を人間扱いなどしてないことは分かるだろう。
(ただ女性のほうも、男性を高スペックか低スペックか、ランク付けをし、品定めしている人もいるのでお相子だと思う)

「男と女は対等ではない。女のほうが上位だ」と、一見、女性を持ち上げているように語られているが、「男は女の心を傷つけることはできない=だから女には何をしてもいい」と受け取る恋愛工学生もいるかも。

恋愛工学生は一人にフルコミットしない、複数の女性を相手にすることを良しとしているので、どうでもいい女の子は雑な扱いを受ける可能性はある。

そんなわけで「恋愛工学」に警笛を鳴らす人が多いのだろう。

※ただし、ここでも思うが、女性側だって、二股三股して男性をキープして、本命以外の男性を軽く扱う人もいるだろうから、心を傷つけるという点では、やはりお相子かもしれない。


さて、ここで視点を変えて、あえて「恋愛工学生」になったつもりで考えてみる。

ワシが非モテで女からバカにされまくりの男だったとして、そこでもし「恋愛工学」に出会ったら・・・
すでにナンパとエッチに励む男同士のコミュニティができており、とても楽しそうだ。

男同士で、成果を報告し、時には助け合い、アドバイスをもらったり・・・「友情」「仲間意識」を感じてしまうだろう。

恋愛工学生らがナンパを成功させ、女とエッチした様子を見聞きすると、自分にもできるかもしれないと勇気をもらえる気がする。
狩りだと思えば、断られても、そう傷つかない。
女はあくまでも標的である。今度はこちらが上位に立つ番だ。

で、もし狩りが成功したら、天にも昇る気持ちと昂揚感を味わえるだろう。性欲と支配欲を満足させられる。
これは病みつきになりそう。

数人、狩ること(エッチ成功)ができたら、すごい自信を得られるだろう。
そして、もっと高みを目指したい。ランク上位の女を狙いたい。

なるほど、恋愛工学が一部の男性にもてはやされているのは分かる気がする。
つまりコミュニティ=仲間がいて、その仲間たちとワイワイやるのが楽しいのだ。
ナンパも仲間がいればやりやすい。テンションも上がる。励みにもある。

「遊びでいいよ、その時さえ楽しけりゃ」という女性もいるし、行きずりの男でOKというリスクを覚悟した上での強者女子もいるだろう。

だって、オタクを嫌悪しているフェミの中には、「ナンパ男の方が女を楽しませようと努力している。男として魅力あるし、非モテオタクなんかよりずっと上だ」と評価している人もいるくらいだ。

そう、意外とナンパ男の評価は高いのだ。経験豊富なナンパ男のほうが、快楽・享楽を与えてくれると。経験の少ない男よりもずっといいと。

女性にもいろいろいる。
その時に楽しませてくれるならそれでいい、真剣につきあうかどうかは、その後の話だと・・・。振られたら、それはそれでいいと。いい男とできればそれでいいと。

エッチはきっかけであり、そこからちゃんとした恋愛が始まるかもしれない。

私個人はやめておいた方がいいと思うが、危険のリスクが分かっているなら、あえて冒険するのも、それも一つの生き方だ。

ただ・・・ここのサイト記事のこの一言にも、ひっかかってしまった。

http://mess-y.com/archives/19319/4より
【恋愛工学は女の人を人間として扱わないのと同時に、実は受講生をも人間として見ていない】

ちなみに藤沢氏は一般人の前では決して顔を表に出さない。この名前も本名じゃないだろう。インタビュー記事ではいつも後姿だ。


では最後に、恋愛工学について、いろいろ思うところを綴ったらしい、おそらく恋愛工学生だろう男性の記事を紹介しておこう。
http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2015/07/26/220801

以下、同感したところを編集転載。

【世の中には、一途に恋愛して、一途に付き合って、一途に結婚している人が山ほどいるということだ。
むしろ、そっちの方が多数派だろう。
「一人の女にコミットすると→惨めに振られる」という理論は正しそうに見えて、実は正しくない。
世の中の多数の人が反例として存在するからだ】

【女と付き合う上で最もいけないことは「ナメられる」ことだ。
「ナメられる」とは、「甘く見られる」とか「軽んじられる」と同意である。「敬意を持って接する」と真逆だ】

【女のスイッチは「搾取」→「キモい」の順に押される。
「男がなんでも言うことを聞く」→「こいつは、なんでも聞いてくれる男なんだな」と判断する→「搾取スイッチ」が入る→搾取されてヘラヘラしている主体性のない男を見て「キモいスイッチ」が入るという流れだ】

【残念なことに、「キモいスイッチ」が入ってしまった女に対しては、どんなに誠意を尽くしても全く意味がない。
女は、「キモい」相手のことは、ゴミクズのようにしか考えておらず、傷つけようが何しようが、何とも思わなくなるからだ。
泣こうとわめこうと、誠意を尽くそうと愛してると言おうと、全部「キモッ」となる】

【「強い自己を確立すること」が答えだと俺は思う。
夢中になれること(できれば仕事)を持つこと。
相手の人生を生きず、自分の人生を生きること。
自分の人生の優先順位の最上位に恋愛を置かないこと。
真摯に努力すること。その努力は彼女のためではなく、自分の夢のためであること】

以上、転載終わり。

これは男女逆に置き換えても当てはまると思う。

相手になめられた時点で終わりだ。恋愛に限らず友人関係でも。

まずは、相手になめられない人間になること。この恋愛工学生が言っている「自分の人生を生きること、最上位に恋愛を置かないこと」だ。
恋愛を最上位に置くと相手に依存するようになる。これはリスクが高い生き方だと、私も思う。

なめられないようにする=見下されないようにする。これは恋愛に限らず、人間関係を築く上での基本中の基本だ。

従って、見下す相手とは、さようならだ。
けど依存してしまえば、それができなくなる。

また反対に、自分が見下してしまうような相手ともつきあうべきではない。
(何かとランク付けがされる競争社会の中。人間、聖人ではないので、他者を軽く扱い、見下すことだってあるだろう)

なので、「自分の意にあまり沿わないレベル低め・ランクが低めだと思う相手」=「真剣につきあう気はない、新しい相手ができたら切る、キープ用と判断した相手」と、とりあえずつきあっておくというのも、あまり賛成はできない。
そう思っている時点で、相手を見下していることになるから。

見下したり見下されたりの人間関係とはできるだけ遠ざかったほうがいいと思う。
(仕事や教室内など、逃げられない場では仕方ないけど)

自分も相手も不幸になる。
特に「恋愛ごと」は、自尊心やプライドにも関わってくる。

友だちと恋愛相手・結婚相手は自分で選ぶことができるのだから、お互い尊重し合える相手を選んだ方がいい。

というわけで恋愛工学のすべてを否定するわけではないが・・・
複数の相手にコミットし、低いランクの女性は練習台として利用するというやり方には、私も賛同できない。そこには「見下し」があるから。一晩限りの遊びだとしても、やらないほうがいい。

なので「恋愛工学」に警笛を鳴らす者は「女性を人間扱いしていない」と見るのだろう。

藤沢氏の「女性は傷つかない」というのは、新しい女が手に入った時、切り捨てるための方便だ。
本気で「女性は傷つかない」と思っているなら、それは相手を人間扱いしていないということである。

※だけど、女性だって新しくいい男ができたら、そっちを選びたくなったら、前の男はどうでもいいような扱いをし、捨てる人がいるだろう。やはりお相子なのだ。

ワシは、「恋愛工学」よりも、非モテや恋愛できない者や童貞・処女を見下す世間の方が歪でえげつないと思っておる。

女性の人権にはうるさい一部フェミ達の、非モテオタクを嫌悪し、侮蔑する様を見て、ますますそう感じた。

そうやって、いろんな人たちが、非モテや恋愛できない者、童貞や処女に劣等感を植えつけ、肥大させるよう煽る。
「恋愛工学」よりも、こういった見下し行為を世間が行っているほうが問題だ。

恋愛とは1対1でお互いが深く愛し合うもの、と定義するのであれば、まずそんなものは簡単に手に入るはずがなく、誰でもできるようなものではないだろう。
「恋愛相手を見つけろ」「恋愛できないヤツは負け」というほうが無理難題を押し付けている。

「恋愛とはエッチするためのゲームである」とするなら多くの人は拒否反応を示すだろう。おそらく一般の人はそれを恋愛とは呼ばないだろう。

恋愛は縁があってできればいいけど、縁がなけりゃ、それはそれで仕方ないもの。
ま、世間の見下しに対し、いかに劣等感を肥大させずに済ませるか・・・だよな。

※関連記事
「差別大好き」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17
「不倫と非モテと結婚制度」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-05
「恋愛工学と婚活戦争」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-09
「恋愛指南者の正体」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-3
「性暴力・見下している相手とエッチをしてはいかん」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-22
「厳しい恋愛・恋愛離れも仕方なし・だからこそ『いつまちゃん』と恋愛工学」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-04-1

「えげつない恋愛・婚活市場」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23-2
「ランク付け・恋愛ゲーム」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12-2
「恋愛の後始末・異常な堕胎数」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-21-1
「婚活戦争・早稲田大学で恋愛学講座」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-17

・・・・・・・・・・
改めて、小説「縁」より、番外編読み切り短編のお知らせ。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4