So-net無料ブログ作成
検索選択

中国人にたかられる日本の社会保障制度 [ゲス事件・ゲス話題]

「来日中国人、日本の医療制度ただ乗りツアー好調」
http://jpsoku.blog.jp/archives/1062603476.html

一部編集転載。

【留学ビザや経営・管理ビザ、就労ビザなどで日本に3か月以上合法的に在留するすべての外国人は、国民健康保険(会社員なら社会保険)への加入が義務付けられている。同時に、日本人加入者と同様の恩恵を受けることができる。

ハーボニーは肝炎医療費助成制度の対象となっており、国保もしくは社保の加入者は、所得によって自己負担限度額が月額1万円もしくは月額2万円までに制限される。

つまり薬価ベースでは465万円かかる投与が、最低3万円で受けられるのだ。
さらにハーボニーの薬代以外の診察料や各種検査費用なども、国保なので「3割負担」で済む。

薬価と患者の負担額の差額は、保険料と税金によって賄われていることは言うまでもない。

(中国人の)Wさんは「保険料はきっちり払っている」と強調するが、前年に日本で所得のない彼女の保険料は、最低額の月4000円程度だ。

多くの日本人は、健康状態にかかわらず国保や社保の保険料を一生支払い続けなければいけない。

(外国人が)治療目的で来日して国保に加入し、支払った保険料を大きく超えるような医療サービスを受けるというのは、公正とはいえない。】

転載終わり。

「外国人が3か月滞在で保険に加入でき、その恩恵を受けられる制度」って、民主党政権時に定められたんだっけ? それまでは1年以上の滞在がないと加入できないと聞いたけど・・・。
http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235622参照。

治療目的で来日した外国人が、たいして保険料を払わずに、実費にすると高額な日本の医療を、保険のおかげで安く受けられる・・・これからますますこういったことが流行るだろうな。

一般日本人の負担がますます増え、いずれ医療保険制度は破たんするだろう。

「日本死ね」――現実になりつつあるのかも・・・。
まあ、「日本死ね」が流行語大賞にノミネートされるくらいだからな

女を食い物にする男には厳しいリべサヨだが、なぜか男を食い物にする女と、日本人を食い物にする外国人には優しい。スルーする。

とにかく、今の日本ではいかに「弱者」を装うか、だな。
(いや、今時、女性や外国人が「弱者」というのはおかしいのだけど、リべサヨは未だにそう思い込んでいる気がする)

短編小説集「これも何かの縁」本編より7編目「セクハラ恵方巻き」では、主人公・四条静也は「自分は弱い立場の人間」だとして、フェミニスト・福田みすずに勝負を挑んだ。
勝者となるには「弱者の権利」を得ることかもしれない。

ご興味持たれた方はここをどうぞ↓
「セクハラ恵方巻き」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-24-5

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

IMG_20150123_0001.jpg

・・・・・・・・・・
短編小説「縁」より番外編のお知らせ。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


タグ:日本
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: