So-net無料ブログ作成
検索選択

己を守りたいなら自尊心・あえて恋愛工学を擁護してみる [自殺・イジメ・差別・生き方]

短編小説「これも何かの縁」より34編目アップ。
「風のない日の鯉のぼり」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-02-02

やっとオタク漫画家・沢田文雄が登場。

番外編「蝉」に出てくる一人称・僕のイメージと重なりますね^^;
でも、沢田は「僕」じゃありません。
ただ、長山春香とは深く関わっていくキャラです。

長山春香は、これより36編目で登場。
長山春香視点の彼女を語った話は37編目から。

縁がどんどんつながっていきます。

※番外編「蝉―僕のランク」はこちら。
http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。


さて、当ブログでよく話題にしてしまう「恋愛工学」だが、ついに早稲田大学の教授・森岡正博氏が言及し、恋愛工学批判をしたことで、この界隈が盛り上がっている。

森岡氏のツイートより、批判記事がリンクされている。
https://twitter.com/Sukuitohananika/status/827089554771365888

「恋愛工学はなぜ危険なのか・女性蔑視と愛の砂漠」
http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20170202/1486027602

これに対するみんなのコメント集
http://b.hatena.ne.jp/entry/ta-nishi.hatenablog.com/entry/2017/02/03/164734#tw?u=kennoshin

ちなみに藤沢数希氏は今のところ、ノーコメント。他の人のコメントをRTしているだけ。

んで、こんな記事も出てきた。
「森岡先生の『正しい』言葉が、恋愛工学生に届かない理由」
http://ta-nishi.hatenablog.com/entry/2017/02/03/164734?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

「中年男性が恋愛工学のメルマガを読んで思った賛成と違和感と疑問」
http://takmon-pv.hateblo.jp/entry/%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%8C%E6%81%8B%E6%84%9B%E5%B7%A5%E5%AD%A6

ついでに、これも紹介しておこう。
「セックス中毒とうつで苦しんでいた、あの頃の僕・伝説的ナンパの神様が懺悔の告白」
https://courrier.jp/translation/43966/

・・・と前置きはこれくらいにして・・・

森岡氏が言われている通り、恋愛工学(藤沢数希氏のメルマガの内容・相談者に対する答え)は、ま、確かに女性蔑視だろう。

なのにハヤシよ、まだ恋愛工学を擁護するのか~?

そうじゃ、ワシは今をときめく恋愛工学のブランド力にあやかりたく、遠くから応援する最下層のキモオタなのじゃ♪

(そんなハヤシに応援されるなんて、恋愛工学生たちにははた迷惑かもしれんの)

擁護というか、なぜ恋愛工学のような教えが男性の間に広まり、盛り上がってしまったのか・・・

そこには社会の童貞や非モテ男性に対する嘲笑、侮蔑、そして「恋愛しないといけない、エッチしないといけない」という呪いがあるからではないか、とワシは思うのじゃ。

その呪いに男性もかかってしまい、中には劣等感をこじらせてしまった人もいるのでは、と。

「女性蔑視」だけ世間は騒ぐが・・・
男性だって恋愛偏差値が低い者(オタク、コミュ障害、ブサメンなど)は蔑視されているだろう・・・。

そう、ワシのキャラ「沢田文雄」のように。

森岡先生のツイートにもリプしたが・・・
おそらく恋愛工学生は、今まで女性に無視されたり、ATM扱いされ搾取されたりして、被害者意識も強いのではないだろうか。

バブル時代あたりまでは、男性が女性に被害者意識を持つなどあまりなかった・・・それは「男らしくあれ」という社会の圧力があったからだろう。
で、実際にまだ男性上位の社会でもあった。

女子は短大に行くのが普通であり、男性の補助的な仕事をし、寿退社をし、専業主婦になる生き方をするのが大半で、経済力がない女性は弱者として扱われることが多く、その分、若い女の子は多少の我儘は許されていた気がする。
バブル時代、男女機会均等法が設立されても、そういう空気がまだ残っていた。

大の男が、女の子に被害者意識を持つなど恥ずかしい、カッコ悪い、奢るのは当たり前であり、奢ってその見返りがなかったとしても我慢するのが当然だと、男性自身も思わさせられていた。

けど、今はそれがなくなってきている。
本当の意味で男女平等になってきたのだ。

だから男性だって、女性に搾取されるのは嫌だし、女性から散々搾取されたあげく無視されたり振られたりすれば、バカにされたとして劣等感を刺激されるだろう。

そのため、明け透けな女性蔑視にまみれた恋愛工学が一部男性に受けているのかもしれない。

はまっている男性は、たぶん女性不信に陥っているのだと思う。
信頼関係など築けるはずもなく、女性と関わるなら利用されないようにこちらから利用してやるくらいの気持ちでいるだろう。

女性嫌悪・不信感があるなら、女性と関わるなと言いたいだろうが・・・
社会が「恋愛しろ、エッチしろ、それができない者は惨め、童貞は恥ずかしい」と圧力をかけ、「モテ男を目指せ」「非モテ・モテない奴は負け」という空気を作る。

エッチしたいという男性ならではの欲望もあるだろうが、世間の「エッチしないなんておかしい」「中年童貞なんて恥ずかしい」との圧力も後押ししているだろう。

これはもう仕方ないことなのだ。
恋愛工学生にひっかかりたくなければ、女性が自衛するしかない。
彼らは別に違法行為を犯しているわけではないのだから。

というか、ナンパされ、知らない男についていくのだから、女性だってやり捨てられるのは覚悟の上だろう。
そこから恋愛に発展するのかは、本人次第。

「ヤリ捨てられた、酷いわ~」と女性が言っても、「いやいや、それ覚悟の上だよね?」と誰もが思う。

昔は、男性もエッチした女性には責任を感じ、エッチ=「正式につきあっている・結婚も視野に入れている」という覚悟もあった。

けど、女性の方が性の解放を望み、「エッチしたくらいでオレの女扱いしないでよ」「女が複数の男とエッチを楽しんで何が悪い」と言うようになり、むしろ、そういう女はカッコイイという空気も生まれ始め、自由奔放な性を謳歌するようになった。

が、それは男からやり捨てられて被害者面する資格を失った、ということでもあるのだ。

性犯罪を行うとしてもごくごく一部だろう。
性犯罪を行う者は、恋愛工学がなくても行う。

キモオタのワシは、宮崎勤事件を思う。
宮崎勤がオタク趣味だったと言って「オタクは気持ち悪い、オタクはけしからん」という風潮になり、オタクが毛嫌いされ、上野千鶴子氏が「オタクは滅んでいってほしい」とナチス的発言を許すほどに有害視され、今もなおその空気は残っている。

が、宮崎勤は、アニメやマンガがなくても幼女に対する犯罪を行っていただろう。
B7JTiDhCEAAPDt3.jpg

世間を騒がせた大学生たちの集団暴行事件も・・・今だけの問題ではなく、おそらく昔からあったのでは?
今は明るみになり、報道されるようになっただけのこと。

女性蔑視は、あきらかに昔の方が酷かった。
昔は、女の方に隙があった、女も悪かった、とよく言われていたし、女性の方も被害届を出しづらい状況にあっただろう。

自尊心を護るために、他者を蔑視する、よくあることだし、女もやっていることだ。
恋愛工学生に限らない。

メルマガの内容含め恋愛工学は、一般の人から見て、あまりに明け透けで眉をひそめる内容なのは確かだが・・・

一般の人が眉をひそめることなく哂うことができてしまう『非モテやオタク、ブサメンをバカにするような恋愛指南記事、漫画や小説作品』のほうがタチが悪いと、個人的に思う。

漫画「タラレバ娘」でも、主人公が恋愛戦闘力を計り、ブサメンとイケメンの数値の差を「哂い」にしている。

今の時代なら・・・男女逆にして、ブスと美人の数値の差を哂いにすることも、さほど罪悪感なくできてしまう。

椰月美智子氏の小説「恋愛小説」では、美人主人公が、オタクデブス女子をあからさまに嫌悪し、ばい菌扱いするが、読み手はその主人公の行為に眉をひそめることはない。そういう描き方がされている。
デブスオタク女子はばい菌扱いされても仕方ない、そういう空気を作ってしまう、とても自然に・・・。

恋愛工学が、罪悪感なく女性蔑視できるような内容になっているとして批判するなら・・・

オタク、非モテ・童貞、ブサメン、ブス、デブなどなどいわゆる「恋愛偏差値が低くなってしまう要素を持った者たち」を罪悪感なく蔑視できてしまう空気、彼らをバカにし嘲笑しイジメを誘発する空気を作りだしている社会のほうがずっと問題のように思うのだが。

ま、いずれにせよ、この世から蔑視はなくならない。
女性蔑視に限らず、いろんな蔑視がある。

なので、女も男も自尊心を持つために、まずは世間の呪いから解放されようぜ。

蔑視したい奴にはさせておけ。

大多数が蔑視してくるなら、それはもうそういうものだとしてあきらめるしかない。
他者を蔑視して優越感を持ちたいのが人間じゃ。

どうしても辛ければ、えげつない社会から早くおさらばできることを願おう。
なので自殺も仕方ない。安楽死が自由化するといいよね。
偽善者たちは反対するかもしれないが、偽善者たちも二枚舌を使い、自覚なく差別をする生き物である。

モテなくても恋愛しなくても結婚しなくても別にいいじゃん。

同様に、愛なしのエッチ目的のみで生きてもいいじゃん。

ナンパは何の問題もない。嫌がる女性を無理やりに拉致し、犯すわけじゃないんだから。やり捨ては違法行為ではない。性の解放は女性も望んだことだ。

愛のない単なるエッチゲーム・・・どの程度の容姿のレベルの女とどれくらいエッチできたか、その成果を競うのが楽しいんだとしたら、それはそれでいいと思う。

そういう価値観もありだ。
傷つくと思うなら、身を守りたきゃ、関わらなきゃいいだけの話。

本当の意味での価値観の多様化により、恋愛や結婚にこだわらない人がもっと増えれば、女性も男性も劣等感を刺激されなくなり、呪いが解けていくのでは、と思う。

呪いが解ければ、劣等感をこじらせる人も減り、よって蔑視することもされることも少なくなり、不幸になる人も減っていくのではと。

そこでこの記事を紹介しておこう。

「君たちにとって真の脅威は恋愛工学徒などではない」
http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2015/09/23/151054より一部転載。

【軽んじられる女に共通するのは、なぜか異常に自己評価が低いということだ。
「私なんてブスだから・・・」なんて言葉を吐く女がいたら、その瞬間男は「あ、こいつチョロいな」と感じる。
チョロいだけでなく、軽んじるようになる】

【恋に恋してる女は軽んじられる傾向がある。「男がいないとダメ」みたいな自立心のない奴は、なんとなくチョロい印象を与えてしまうだろう】

転載終わり。

男も女も自尊心を高く持ったほうが、不幸を回避し、己の身を守ることにもつながるのだろうな。

男も女も、他者から蔑にされたら、軽んじられたら、逃げよう。
他者の見下しは不幸の入り口じゃ。その人物から離れよう。

相手に「ちょろい」と思われた時点で、その関係は切ったほうがいい。

気持ちはそう簡単に割り切れない、と反論する人もいるだろうけど・・・
そこを切り替え、感情支配から何とか抜け出すのが理性の力じゃ。不幸回避の道じゃ。

理性の力を得たいなら、DJあおいさんのサイトが一番参考になるかもしれん。
http://djaoi.blog.jp/archives/cat_116456.html


反対に、ちょろいと思う人間とも、つき合わないほうがいい、己が見下している人間からも離れたほうがいい。

支配欲は満たされるかもしれないが、「こいつには何をしてもいい」と相手を傷つけ、最悪、触法行為にまで発展するかも。
あるいは相手から恨まれ、復讐されるかも。

見下した相手を利用して関わるなら、合わせ鏡となり、己に返ってくるだろう。


なので短編小説「これも何かの縁」に出てきた「郷田浩」も、「福田みすず」から離れて正解なのだ。
彼は福田みすずを軽んじ、見下していた。結婚したとしても上手くいかなかっただろう。

ま、みすずはちょろい女ではないし、蔑にされれば怒り、闘える女だけど。

「沢田文雄」も「福田みすず」も恋愛からは離れたキャラだが、自分なりの道を見つけ、幸せになることじゃろう。

相手を思いやった恋愛し結婚し家庭を持った四条静也・理沙や小林和彦・真理子が、彼らより上位、幸せである、という話にはしたくない。
よって、沢田文雄や福田みすずに、彼らを理解し合いしてくれる異性が現れ、恋愛し結婚する、という話は考えてない。

世間一般の大多数の人は、「家庭と持つこと」を最高の幸せとし、「だから結婚しよう」と導くが、それは「違う生き方をしている者は下位」という価値観ができてしまい、それができない者への蔑視へとつながる気がする。

※ちなみに「お見合い編・福田みすずVS郷田浩」の話はこちら。全4編。
「苦い縁談」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
「ドライなお見合い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-10
「出しっぱなしの雛人形」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-18
「桜の葉」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-25


・・・ということで、相変わらず長くて、つまらん文章だな^^; 

おまけに自分の小説を宣伝しようとしているところが実にあざといが・・・人権を重んじ差別を許さないと言う上野千鶴子総統からでさえ「滅んでほしい」と言われている最下層のかわいそうなオタクの一人ということでお許しを。

ただ、愛すべき女性を見つけ結婚したい恋愛工学生もいるようで、そこは「?」である。
女性蔑視しているのに、女性を愛することなどさすがにできないだろう。単に支配できる女性を見つけたいのだろうな。

いや、恋愛工学生は独身を貫いてエッチ道にまい進してほしいと個人的には思うぞ。

教祖の藤沢数希氏も結婚の怖さを説いているようではないか。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/827778954945667073

目指せ、伝説のスーパーナンパ師、亀仙人・エロ爺さん♪

ところで、もしも数多くの一般の人が恋愛工学を支持したら、ワシは反旗を翻し、恋愛工学批判へ走るじゃろう^^; だって昔のような女性蔑視社会になるとワシも困るもの。
批判や擁護の理由などこんなもんである。

数多くの人が恋愛工学に批判的だからこそ、ワシは安心して擁護できるのだ。

あと、前にも書いたけど、これも言っておこう。

恋愛工学がダメなら、同じことを言っている水野敬也の「LOVE理論」もダメだよな。
けれど「夢をかなえるゾウ」で有名な水野氏は批判されてない。今でもご活躍。

そんな水野氏は容姿にコンプレックスをもっているようで、男なのに一重瞼の目が気に入らないようじゃ・・・いやあ、今の時代、ほんと容姿が重要みたいね。

ま、日本人離れした容姿の人間が増えるといいよね。白人系・アラブ系の移民受け入れれば、容姿がマシになるかも^^; 容姿が劣ると見られている人は淘汰され、容姿に優れた人のみが子孫を残せばいいと思うよ。容姿がいかに重要かを知っている女子も、相手の男性の容姿は無視しないだろう^^;

いずれにせよ、誠実で健全な正しい恋愛ができている人ってどれくらいいるんだろう???

※関連記事
「女子力も呪い化?婚活女のステータス」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-28-1
「差別大好き」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17
「見下しエッチゲーム?恋愛工学について」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
「キモい攻撃・どうなる恋愛工学・モテるって大変」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-31-1
「厄介な男の友情と恋愛工学とフェミ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-04
「えげつないのは?LOVE理論VS恋愛工学」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-07

「オタクは滅びてほしい・上野千鶴子のナチス思想」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-24
「エッチしない若者を揶揄する毎日新聞系マンガ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16-1
「オタク女子を悪しざまに描いた作品について物申す」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20-3

・・・・・・・・・・
短編小説集「縁」番外編のお知らせ。

生きづらい世の中、どう折り合いをつけて生きていけばいいのか、劣等感をどう飼いならせばいいのか、これが物語の共通テーマです。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型のこと、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: