So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤンチャVSオタク [恋愛・婚活・中絶・不倫]

短編小説「これも何かの縁」、本編ではとりあえず最終章に入ってます。
その50編目、51編目についての、あとがき的なエッセイ。

50編目「それぞれの道4・郷田浩」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-03-24-1
51編目「それぞれの道5・沢田文雄」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25

高校時代、郷田浩はヤンチャないじめっ子、沢田文雄はオタクないじめられっ子だったわけだけど・・・

こんなツイートを見つけた。
https://twitter.com/yami_miru_otoko/status/845253196993912833より

たしかに・・・
世間って、昔、ワル=ヤンチャしていて、今はそこそこ真面目にやっている人は評価されるけど、そのヤンチャにいじめられ、心を傷つけられ、未だ立ち直れず引きこもっていたりする被害者には冷たかったりする。ややもすれば、いじめられた方にも原因があるのでは、と思われたり。

世間の本音のところでの評価はこうだ。
いじめっ子なヤンチャ>いじめられっ子なオタク

なので人権にうるさいはずのリベサヨ朝日新聞が持ちあげる上野千鶴子氏は堂々と「オタクは滅びっていってほしい」と発言できるのじゃ。

それだけオタクは嫌われているし、いじめられても仕方ない、いじめられたくなきゃオタクをやめろ、オタクを治せ、と世間は思っている。

そう、これは、高校時代に郷田が沢田にやっていたことだ。

※この話についてはこちらをどうぞ。
「風のない日の鯉のぼり」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-02-02

※大人になってからの沢田VS郷田の話はこちらでどうぞ。
「同窓会」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-03-01


話を元に戻そう。

ネットではオタクは元気だが、やっぱりマイノリティなのだ。

なので、物語の世界くらいは、これをひっくり返してみたかった。逆転させたかった。

けど、まあ、沢田の成功は稀なケース。
現実は厳しいよな。

沢田文雄あるいは長山春香のように、何か夢中になれるものが見つかればいいのだけど。そうすりゃ、周りの人たち=世間の目などあまり気にならなくなる。

ということで、郷田浩・・・いやあ、酷い男ですが、作り手のワシにとってはおいしいキャラでもある。
彼に男の嫌な部分を表してもらいました^^;;;

郷田浩の言動は『世間の本音』だ。

この郷田浩の本音部分に共感する殿方も少なくなかったりして。
そう考えながら、郷田を描いた。

そんなところへ、こんな記事を見つけた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00518588-shincho-ent

うん、郷田浩はここに出てくる「吉田沙保里選手を見下したプロデューサ・福田氏」と同じ価値観を持っているかもな。女性はまず容姿。能力や才能、性格は二の次、三の次。そして容姿が世間で言うところの美の基準から外れていると馬鹿にし、女性としての価値はゼロだとし、上から目線で哂う。

もちろん、男全員がそうだとは言わない。(福田氏に反発した男性もいるわけだから)
でもけっこう、よく聞く話。

実力・才能があっても、女性の場合だと容姿が問題にされ、陰で馬鹿にする輩・・・わりと耳にする。

そういえば、今の時期、テレビのニュース番組などではアシスタントの女の子が替わるのお。
かなり歳だろう男性キャスターはそのまんまで、アシスタントの女性が新しい子に替わる。歳食って美の価値が落ちていく女は降ろされるのだ^^; 

今、ニュース番組を担当する女性キャスターっているっけ?(ワイドショーの司会者ならいるけれど)
女子アナはBBAになったら降ろされる。男性はずっとご活躍だけれども。

そう、結局は女の価値は美。BBAになると美が落ちるので、若さも重要視される。

女性の役割は「お花」。
BBAになって枯れていくお花には価値がなくなる。
(なので、福田みすずは花のような生き方はしないと決めた・・・)

美と若さ。
世間が本音の部分で求めている女の価値だ。

なので悪辣ながら男性の本音を正直に表す郷田浩は貴重なキャラなのだ。

郷田は、『ランク・価値の低い者』を見下す。
正直なのだ。

見下している人間と分かり合うこともない。気持ちが通じ合うこともない。
よってハッピーエンドもないし、救いもなく、郷田の章は終わった。

架空の物語世界くらいは救いのある気持ちのいいハッピーエンドであってほしい人も多いだろうけれど、「現実は違うよな」と白けることもあり・・・郷田には現実を背負ってもらうことに^^;

みすずと沢田は、郷田を「どうでもいい人」として忘れるけど、郷田の方は忘れるどころか憎悪に駆られた^^;

ま、郷田にどう思われようが、みすずにはもう関係のないことで、郷田自身の問題じゃ。

それに「女は容姿だ。美人でないと価値はない、ブスは論外」と思ってしまう男性がいるのは仕方ないこと。
これはもう好き嫌いの感覚なのだ。その人の価値観。

女性が「オタクは嫌い、オタクは論外」というのと一緒。

上野千鶴子氏が「オタクは滅びっていってほしい」と思い、それを公に発言するのも自由。

なので男性が「ブスは滅びっていってほしい」と言うのも仕方ない。

女性も、自身が『気持ち悪い』と感じる男には近寄ってきてほしくない。
ならば男性も、自身が『ブス』と感じる女には近寄ってきてほしくない。

郷田浩が福田みすずをどう思おうと自由。

彼の罪は「みすずを利用しようとしたこと」、それ一点だ。でも利用するに至らず、離れることになった。それが郷田浩と福田みすずにとって不幸回避となった。

実際、世間の価値観から逃れるのは難しい。
福田みすず、沢田文雄、長山春香はレアケースだろう。そこは物語の中の「こうであるといいな」という夢の部分・理想部分である。けど、不可能ではない。

で、世間の価値観と共にする郷田のような男性には、ぜひ美人をモノにしてほしい。
とくに結婚には、妥協してほしくないものよの~。

周りはきっと「妥協しろ、じゃないと彼女はできないぞ、結婚できないぞ」と言うだろうけれど。

でも、妥協すれば、きっと心の中は・・・「俺はこの程度の女としかつきあえないのか、俺はこの程度なのか」と、自分の価値まで落ちた気分になるだろう。

相手を見下し、自分をも見下すことになる。
不幸への入り口じゃ。

まあ、ワシ個人的には・・・才能ある女性を容姿で見下す男性って、相当にカッコ悪いと思うが。
で、見下し行為をジョークや哂い話でやっちゃうので、自分のカッコ悪さを自覚できないんだよなあ・・・つうか、自覚したくないんだろう^^; 

どこか劣等感があるんだろうな。郷田浩のように。

プライドだけは高いけど、劣等感も凄まじい。

ま、こういった男性からは退散退散、できるだけ関わらないことだ。
見下し行為で自分の劣等感を癒そうという人間と関わると、碌なことにはならない気がする。

で、美人さんでも歳食ったら、こういう男には雑に扱われそう。
何せ「女の価値は美」なので、こういった男性は若い女に走るだろう。

というわけで、日本では相変わらず不美人・ブス・BBAは生きにくそう。

郷田浩の言う「調子に乗ったブスは気に食わない」「ブスはおとなしくしていろ」って思っている人、わりといるのでは。(ツイートでもよく見かける)

これは男性に限らず、女性もそう思う事があるようだ。世間の価値観に毒されすぎじゃの^^;

※関連記事
「ブス弄りする底意地悪い人」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-02-21  
「えげつない本音・美容整形の果てにあるもの」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-28
「差別やむなし」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-03-11
「オタクは滅びてほしい・上野千鶴子のナチス思想」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-24

・・・・・・・・・・
余談。

ただ・・・容姿を問われるのって、仕事の種類によっては影響することあるだろうけど、ほぼ恋愛・結婚絡みなんだよね。

なので劣等感を膨らませながら、恋愛や結婚を目指さなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。
人間、そう強くはないし、劣等感に押しつぶされ、心が歪むこともあるから、逃げるのも一つの手じゃ。

美しい者が執着心を持つと、それは「愛」であるが、醜い者が持つと「気持ち悪くひたすら嫌悪の対象」になってしまう・・・らしい。
これは男女限らず、ね。

この頃は男性も容姿を見られるようになり、ブサメンは劣等感を持っているようじゃ。

当ブログでも度々話題にしている『厳しく過酷な、えげつない恋愛・婚活市場』。

自分の価値・条件を提示し、相手の価値・条件と照らし合わせ、ある部分は譲ったり譲られたりしながら、取引し、売り買いを成立させることができるかどうか・・・。

もちろん、そこに『愛』はない^^; 
『愛』は取引を成立させてから育まれる・・・ということになる。

けど愛を育むのは難しいかも?
途中、『条件のいい人・ランクが高い人・理想により近い人』が現れれば、そっちに乗り換える人も多いだろう。

※結婚という契約を結んでしまうと、乗り換えは難しくなる。うむ、乗り換えを難しくさせるために「結婚制度」があるのじゃろうな。乗り換えばかりしていると、安定的な家庭が築けないから。

もち、市場価値ゼロと言う場合も、当然ありうる。
女性の場合は特に年齢と共に市場価値はどんどん下がっていき、安値となるらしい。

この市場においては、容姿が劣るとされている福田みすずと長山春香、そして美人だけどアラフォーの小林和江はほぼゼロということになるようじゃ。いやはや恐ろしい市場じゃの^^;

世間は「自分の価値を知れ。価値の低いお前に選択権はない」と言って、売る先を自由に選ぶことを良しとしない。

でも安く売って、その先、幸せになれるだろうか。
売る先くらいは自分の好きにしたいだろう。(これは男性も女性も、だ)

ところで、「売り買い」などという言葉に眉をひそめる方もいるかもしれないが・・・
「市場」という言葉を使うなら、人間はモノであり、売り買いという言葉で説明される。
で、「市場」という言葉は世間様から出てきたし、人間に対し、ゲットする、もらう、という言葉も以前から使われている。
いやあ、これって『友だち』には決して使われることがない人間をモノ扱いする言葉だよね^^;


『市場=戦場』は厳しい。

『価値=武器』がないまま、わざわざ負け戦をすることはない。

『価値=武器』は最初から与えられている人と、そうでない人がいる。で、その価値は女性の場合、早い時期から落ちていく。

何とか『価値=武器』を手に入れないと、勝てない。
が『価値=武器』を入手するのも、また難しかったりするだろう。

武器を入手すること、あるいは武器を使いこなすことが楽しければいいけれど、楽しくなければ、たぶん、心が疲弊し、上手く行かないと嫉妬心や憎悪、劣等感が肥大していく気がする。恋愛および婚活市場では特に。

さて、そんな中、結婚したい郷田浩は『愛』を得ることができるのだろうか・・・ふと、そんなことを思ってしまう^^;

福田みすずは、恋愛や結婚という形での愛はたぶん得ようとは思っていない。(市場には参戦しない。自然にお任せ。縁がなければないでいい、小林和江と同じ考え)

けど、郷田浩は得ようと思っているようだ。
どうなることやら。

ただ、郷田浩も日本人としてはイケメンというだけで、世界の美の基準から見れば所詮、黄色人種の東洋人・・・美しい・カッコイイとされている白人さまから見たら、平べったい顔のちんちくりんな黄色い猿。

彫りが深いといっても、それは日本人の中では、ということ。白人さまと較べたら、全然平べったい。
背は高く筋肉質と言っても、白人さまと並べば、顔は大きいし、ちんちくりんに見えるだろう。

ああ、白人さまの美・カッコ良さにはとてもとてもかなわない。
ブスやブサメンを哂ったところで、同じ日本人同士。目くそが鼻くそを哂っているだけ。

郷田浩がこだわっている美の価値観・美の基準とはそんなものだ。

それに郷田は、他人の目が意外と気になっている様子。
他者=周りから見て、自分はどう映るのか。もちろん、世間からのジャッジも気になる。

そう、郷田は承認欲求が強い人間なのかも。劣等感が強いと、承認欲求が強いのかもしれぬの。

他人の目、他人のジャッジ・ランク付け、他人の価値観に翻弄されがち。

福田みすずは「世間が良しとする価値観=呪い」から脱したが、郷田浩は呪われたまま・・・幸せになれればいいけど、不幸の入り口に足を突っ込んでいる状態かも。

※みすずと郷田浩の前話はこちら。
「苦い縁談」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
「ドライなお見合い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-10
「出しっぱなしの雛人形」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-18
「桜の葉」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-25

・・・・・・・・・・
余談その2。

こういう漫画があったのだな。
「最終フェイス」小林よしのり

古い漫画なのでアマゾンでは中古で出ているのみ。


批評・論評
http://www.aynrand2001japan.com/akira/akira20020206.html
http://www.aynrand2001japan.com/akira/akira20020214.html

この漫画は未読だが、ブスを単に哂いものにするギャグ漫画ではなさそうだ。
調子に乗ったブスなオタク女を哂いものにするだけだった椰月美智子の「恋愛小説」とは違うみたい。

まあ、国際的な美の基準でいけば、日本人の大半はブスとブサメン。
日本人男性など、海外の女性から見たら貧弱で、男としての魅力はなさそう^^;

ブスを哂う日本人男性、まさに目くそ鼻くそだよなあ^^;

「調子に乗ったブスが嫌いだ」というそこのあなた、あなた含め目くそ鼻くそは調子に乗ったりせずに、ひっそりと生きましょうぞ。もちろん、ワシもひっそりと生きますぞ。(ネット上だけは許してね、文章だけだから)

※関連記事
オタク女子を悪しざまに描いた作品について物申す」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20-3
「ミスワールド日本代表はハーフ/世界基準では日本人はブス?」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-1

・・・・・・・・・・
余談その3。

藤沢数希氏の著書「損する結婚 儲かる離婚」が広まれば、男性の結婚観が変わる?

↓無収入・低収入者との結婚のリスクについて考えさせられる著書。


うむ、男性陣も、結婚相手の女性にある程度の稼ぎを求めるようになるかもなあ。
それはいいのだけど、ひとつ懸念することが。

それは・・・美人が大好きで「女の価値は美と若さにある」と思っているのに、妥協して、収入のある不美人・ブス女性を結婚相手に選び、早々にセックスレスに持ち込み、婚外恋愛・不倫を目論む男性も出てくるかも、と^^;

いやあ、ブスの顔に枕を載せて、顔を見ないようにすれば、エッチできないこともない、と・・・そんな話が聞こえてきたので。
いや、枕を押し付けて、窒息死させて、殺さないようにね。つうか、電灯消せばいいじゃん。

って・・・これってまさに郷田浩が福田みすずとの妥協婚で考えていたことではないか~。

ま、結婚は相当にリスクがあるので、妥協せず、結婚できなきゃできないでいいとしたほうが、妥協婚するよりは不幸にならずに済む気がする。

何しろ仕方なく妥協した相手だ。雑に扱ってしまうだろうし、相手も雑には雑でお返し。すぐに家庭は冷え込む。妥協婚ほどリスクの高い結婚はないかも。

※ただし離婚率は、条件をすり合わせたお見合い結婚よりも、情で結ばれた恋愛結婚のほうが高いというデータもある。何にせよ、愛を育み、持続させるのは難しい。

女性陣よ、郷田浩のような男性、けっこういるかもよ。要注意じゃの。

まあ、女性の方も男性をATMとして見て、妥協婚することもあるから、お互い様かもしれないが。

※関連記事
「婚活戦争・早稲田大学で恋愛学講座」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-17
「女子力も呪い化? 婚活女のステータス」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-28-1
「えげつない恋愛・婚活市場」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23-2


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: