So-net無料ブログ作成

安楽死とオタクヘイト [自殺・イジメ・差別・生き方・人間関係]

まずは「なるほど~」と思った記事を紹介しよう。

「政治を5分で理解するための教義」
http://www.tsukasa-h.com/entry/2017/03/29/203351

リバタリアン(自由主義)ほか、リベラル(平等主義)、コミュタリアン(保守派・共同体を大切にする派=いわゆる普通の人)と、3つに分けて説明されている。

確かに。
「自由=リバタリアン」が多様な価値観を示す、社会の変革者になるかもしれぬの~。

※ちなみにこれは『恋愛工学生』の記事だ。藤沢数希氏を敬愛しているのだろう恋愛工学生は論理的思考に優れた人が多そう。世間でいう『ナンパ師』というイメージからはかけはなれている^^; うん、その論理的なところ=説得力を武器にすれば、本当に変革が可能になるんじゃないだろうか。

ワシの小説「これも何かの縁」では・・・
コミュタリアンは、小林和彦・真理子、小林敏子、郷田浩がここに入るかな。
リバタリアンは、小林和江、福田みすず、沢田文雄、長山春香だ。

四条夫妻は家族主義・家庭第一のコミュタリアンでもあるけれど、他者から距離を取り、ほかのコミュニティから距離をとり、自分たちの世界を築き、マイペースに生きているリバタリアンでもある。

明確に分けられるものではないが、このキャラはどっち寄りだろう? と考えると面白いかも。

※短編連作小説「これも何かの縁」の目次はこちらです。
http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


もちろん・・・リバタリアンだからといって、共同体=コミュニティを100%否定しているわけではないのだ。
ただ、そのコミュニティの風通しを良くしようよ、ということなのだと思う。

入るのも出ていくのも自由。
流動性のあるものにしよう、ということなのかも。

もちろん、無責任であっては困るので・・・責任をとる上での自由ってことね。

どの程度の責任を負わせるのかは、また別問題だけど。

固定した人間関係は、安定をもたらす一方で、上手く行かなかった場合、地獄を見ることもあるからなあ。


さてさて・・・前置きはこれくらいにして・・・

前記事でSAPIOに載った藤沢数希氏の一夫多妻制の話をネタにしたが・・・
実は、ワシが気になったのはSAPIO「安楽死サークル」の記事じゃった。

本当にラクに死なせてくれるなら、ワシも入りたいなあ。
そのためならがんばって金を貯めるぜ♪

けど、スイスは遠い。条件厳しそう。なかなか認められないんだろうな。現実問題、言葉の壁が大きいし。
「もう、ここいらでそろそろ」と思ったとき、快適に死なせてくれることが望みだよなあ。若者にも迷惑かけたくないしね。

別にガンなどの病気でなくても、いつでも本人の自由意思で安楽死が認められるようになると最高だよな。

まず世間様の「老後はどうするの~」という脅しが一切、効かなくなる。
なので老後を考えて委縮したり心配する必要もなくなる。
本当に自由に生きられる気がする。
いろいろと冒険もできそう。安定を考えなくていいのだから。

で、こうしたら、どうだろうか。

安楽死を望む者は100万円を国に納めないと、安楽死させてもらえないというルールをつけてみては、と。
そして、そのお金は自身のお金であることが条件だ。

要するに、ラクに死ぬために100万はかかるということだ。

そうすれば、リべサヨも安心だろ?
貧乏人・恵まれない人は安楽死したくてもできないのだ。

よって貧乏だから、恵まれないから安楽死に追い込まれるということはない。
誰かに安楽死を強制させられることもない。

それとも100万円じゃ足りない?
300万? 500万?

「ラクに死ねるなら、それくらいがんばって資金を作る」と言う人、けっこういるのでは。
ワシも作ろうぞ。

安楽死は恵まれた一部の人たちのものとすればいい。

けれど、たぶん「安楽死する権利を、金持ちだけじゃなく、私たち皆によこせ。貧乏人を差別するな」となるんじゃないだろうか。

が、上野千鶴子氏は安楽死に反対らしい。

「オタクは滅んでいってほしい」という上野千鶴子氏だが、こういったリべサヨの考えは本当にわからん。
自由、多様性を重んじるのではなかったのか~。

その上野千鶴子氏は「のりこえネット」という反差別団体にも名前を連ねている。
http://anonymous-post.com/archives/5069

いやあ、オタク蔑視はいいけれど、女性蔑視や在日・部落民蔑視、障碍者蔑視はダメよ・・・って。

一番上で紹介した記事にもあるように、リベラルが一番胡散臭い。きれいごとを言いながら、二重基準もなんのその。

・・・と、ツッコミをすると、↓こういう目に遭います♪
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1433028424/

って、これは昔の話だけどね・・・^^;
うむ、かつてはワシも熱かったの~。

2chで取り上げられてしまい、さぞかし人格攻撃されているんだろうな、と思いながら、見てみたら、多少はあるものの、思ったほどではなかった。

ま、それでも少数ながら、↓こういった意見の人もいたりする。(ババア、おばさんとは私ハヤシのことだ)

【このババアの気持ち悪いところは在日差別をやめろと言うならオタク差別もやめましょうという論調じゃなく
オタク差別してんだから在日の差別をダブスタで弾圧するな
「差別させる権利を奪うな」って心情なところだな、人として終わってるよコイツ 】

【このおばさん漫画家は何で在日をバカにしているの? 】

【全部読まずに批判するのも失礼かと思って本文呼んでみたけど
右派だとか左派だとかずーっと書いてて気持ち悪いことこの上ないから読むの無理だったわ
この手の人って糖質なんだろうなだから敵か見方かの二分論しかできなくて
ただの社会的に正しいことでも敵がやってることは攻撃に決まってるってことでファビョルんだろ
可哀想に頭の病気だよ 】


・・・今もよくわからん。
「オタク差別しているんなら、在日差別もしていい」「ほかにも差別があるんだから、在日差別していい」「差別する権利がある」「差別発言をしていい」と私が言っていると思っているようだ。

在日をバカにした言葉も吐いたおぼえはない。どこにそんな箇所があるんだろう? とは思った。

それに二分論ぶっておらん。
ま、分かりやすいように、便宜上、左派右派という言葉を使っては書いているけれど。

むしろリべサヨのほうが二分論しているよね^^;
善悪はそう簡単に分けられるものではない。だから二分論は嫌い。
何がヘイトで、何がヘイトでないか・・・どこで分けるのだ?

なので規制、取り締まりにも反対。

オタクヘイト・オタク蔑視はいいけど、在日外国人ヘイト・在日外国人蔑視は許されない、その理由が分からないのだ。

「キモオタ死ね」はいいけれど「在日死ね」はダメ。
「オタクは滅んでいってほしい」はいいけれど「在日は滅んでいってほしい」はダメ。

嫌われたくなければ、見下されたくなければ、オタクを直せって?
その気持ち悪い趣味をやめろって?
嫌われないよう努力しろって?

オタクを直せ=皆が気に入るようにしろと、同調圧力。
嫌われないようにしろ=虐められる奴が悪い。

そういうことですかね?

反差別界隈の、その善悪の基準が本当に今でも分からない。

つうわけで、このことについてハヤシの釈明はここをどうぞ。
http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2015-06-01

※昔はこっち関係(=反差別の名のもとに表現・言論の自由規制反対)のほうに興味があったので、こういった意見を別のブログで書いていたりした。が、今読んでみると、なんかやたら長いだけで、面白くないの~。おかしな文法・読みにくい文章もあり・・・けれど直すの面倒じゃ^^;

まあ、民進党・有田議員からも「低劣なる差別主義者」の称号をいただき、蓮舫議員からもブロックされているハヤシである。(ただし、この件とは別の件で)
79a77861.png

保守派・右派を支持しているわけではないが、リべサヨは正義ときれいごとを装っているから、ついついツッコミしたくなるのじゃ。
誰かを蔑視し、有害視し、悪に仕立て、正義面しながら、立派にナチスしているんだもの。

そう、きっとオタクが大っ嫌いな『正義の反差別を掲げるリべサヨ』から見たら、オタク擁護のワシは「キモオタ」「気持ち悪い有害ババア」「低劣なる差別主義者」「ナチス」「頭がおかしい産業廃棄物」なのだろう。

だからさ、安楽死自由化させようよ♪
そしたら、喜んで「キモオタ死ね」の通りにしてあげますよ~ん♪
100万円、いや、300万円払ってでも。

ところで、いつもいつも上野千鶴子の「オタクは滅びてほしい」発言を取り上げる、しつこいハヤシである。
そう、ばあさんはしつこいのだ。(byエヴァンゲリオン・碇ゲンドウ)

B7JTiDhCEAAPDt3.jpg

つまり、それだけ怒っているということだ。
で、それは小説「これも何かの縁」にも表れているのである↓

「風のない日の鯉のぼり」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-02-02
あらすじ→小林和江の従弟・オタク漫画家沢田文雄登場。自身に劣等感を抱く彼の過去とは。

「醜い世界」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18
あらすじ→壮絶なイジメを経験した漫画家の卵・長山春香の話。四条静也と理沙との接点も明らかになる。

「梅雨明け・孤独な幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-02-20
あらすじ→社会からの爪弾き者の沢田文雄と長山春香、それぞれの視点から。海の日の雑学あり。


※関連記事
「オタクは滅びてほしい・上野千鶴子のナチス思想」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-24

・・・・・・・・・・
余談。

リべサヨ民進党も相当に胡散臭い。
https://twitter.com/singleGGG/status/849980152733769729

自分たちが有害だと思う言論・表現は封じたい?
そして自分が有害だと思ったコミュニティ・団体をつぶしたい?

そのためには「自由」はとても都合が悪いので、規制したい。
リベラルにとって、実は「自由」は敵なのかも。

自由と権利、多様性を大事にしている真のリべサヨは日本にはあまりいないようじゃ。
つうか、最近まで勘違いしていた。リベラルは個人・自由を尊重すると。でも違ったようじゃ^^;

https://twitter.com/fukazawas/status/570092328695701504より転載。
【夫婦別姓の件にしろ,同性婚の件にしろ,日本人には「他人が自由にするのが許せない病」という病気が蔓延している気がする】

・・・・・・・・・・
余談その2。

http://karapaia.com/archives/52226875.htmlより転載。

【オランダの与党は安楽死法に新しい条項を加えようとしている。もし可決されれば、回復の見込みがない末期症状の患者だけでなく、単に”人生が終わった”と感じている人や、”人生に疲れ果てた”と思っている人の自殺幇助が合法化される。安楽死の条件が緩和されるのだ。ただし適用は高齢者のみとなる】


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1