So-net無料ブログ作成

不幸回避! 対不倫・最後に理性が勝つ [恋愛・婚活・中絶・不倫]

短編小説「これも何かの縁」より・・・ひとまず福田みすずのお見合い編は区切りがついた形となった。

※フェミニスト・福田みすずのお見合い編の話はこの4編です。

「苦い縁談」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
「ドライなお見合い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-10
「出しっぱなしの雛人形」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-18
「桜の葉」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-25

・・・ということで、みすずは世間の呪いから解き放たれたけど、現実はなかなか難しそうだ。

恋愛や結婚も「縁」であり、誰でもできるものではない、ごくごく運のいい人がたどり着くもの、と考えれば、相当にラクになれる気がするが、世間はたぶん許してくれない。恋愛や結婚はして当たり前、ほとんどの人はできている、できないお前は恥ずかしい、ということになっている。

ま、そうでないと少子化が進んで社会として困るのは分かるけど・・・これだけ成熟した社会の中ではもう個人個人、それぞれの性質や能力に応じた生き方をしていいのでは、と思う。

※ワシの思考・思想はリべサヨに近い。・・・当ブログ記事ではリべサヨやフェミを批判しているように見えるだろうが、「真のリべサヨ・フェミ」は応援したいのだ。批判しているのは「似非リべサヨ・似非フェミ」に対してじゃ。

おっと、話を元に戻そう。

世間も表向きは「生き方の多様性を認めよう」と言うけれど、巧妙に同調圧力をかけてくる。
恋愛できない者・結婚できない者は、惨め、かわいそう、不幸といったネガティブなイメージを作り上げ、問題視し、恋愛させるよう結婚させるように導き、努力させようとする。

結婚していない人が「幸せだ」と言うと、「無理しちゃって」「負け犬の遠吠え」と思われ、
反対に結婚し子どもがいる人が「不幸だ」などと言ったら、「子どもがいるのに」と冷血人間・親失格とばかりに責められ、幸せでなければいけない許されない雰囲気だ。

家庭を持つこと=幸せ、家庭を持てない人=不幸という空気が出来上がる。

それでも匿名で本音が言えるネットがでてきて、徐々に空気は変わりつつある感はある。

それに恋愛、婚活、恋活関連の界隈はえげつないし、ちょっとげんなり・・・結婚生活も上手くいくとは限らないし、そんなにがんばる必要はないと考える人は増えている気がする。

とはいえ、その一方で、まだまだ世間の呪いは強固で、コンプレックスを抱えながら苦しんでいる人もたくさんいるのではないだろうか。

だからこそ物語のテーマとなりうるのだけど^^;

そこで、もうちょい恋愛や結婚について話題にする。
やっぱり、これが多くの人にとって、高い関心ごとに変わりないだろう。

まずは・・・DJあおいさんの記事を紹介♪

DJあおいさんの理性を上位とする考えに感服。お見事。

http://djaoi.blog.jp/archives/68985275.htmlより一部転載。
【やりたいだけの男と恋がしたいだけの女は同族】

http://djaoi.blog.jp/archives/52165063.htmlより一部転載。
【感情は自分のために働くもの。理性は相手のために働くもの。感情は欲求であり、理性が愛情である。理性の働かない不倫なんて利己的なものでしかない】


やりたいだけの男・・・というフレーズに思わず、ナンパ師・恋愛工学生を思い浮かべてしまった^^;

当ブログでは、恋愛工学を話題に、どちらかというと擁護のスタンスで取り上げているが・・・

人生を共に歩むパートナーを選ぶなら、即エッチを求めるような男性・複数の女性と遊んでいる男性はNGじゃ。

「浮気するのは男の本能、仕方ないことだ」という言い訳はDJあおいさんには通じないようじゃ^^

相手の事を考えずに欲望のままに突き進むパートナーと人生を歩むのは厳しい。

あおいさんがおっしゃるように、そこにはもはや相手への思いやり=理性=愛はないからだ。

(もちろん、婚外恋愛=浮気・不倫が、夫婦お互いの了解の上で成り立っているのであれば問題ないと思うが。話し合いのもとルールを決めて了解する=これは理性によるからだ。)

種をばらまくのがオスの本能だというけれど・・・

短編小説「これも何かの縁」番外編・小林和江の話「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1でも触れたが・・・

種をばらまくのは下等動物の行為なのだ^^;

人間の子どもは、ほかの動物と違い、自立も遅く、母親ともども保護をし、助けないと、簡単に死んでしまう。
種をばらまくだけで、妊娠させたはいいけど、ほかのメスのところに行くようなオスでは、人間の場合、自分の子孫を残せないのだ。

子どもがある程度成長するまで奥さんとその子どもにフルコミットすることが、たぶん高等動物=人間として、その本能として組み込まれていると思う。

奥さんが妊娠中に、あるいは子どもがまだ小さく自立するには程遠いのに、ほかの女性に目移りしてしまうのは男の本能ではなく、単にその人の性質だろう。本来なら厳しい自然界の中では淘汰されて当然の性質だ。

恋愛工学生的男性はモテることこそ最上としているので、結婚後も婚外恋愛(エッチ)をする人が多いだろう。
実際、恋愛工学にはまっている既婚者も女遊びを楽しんでいるようだ。

恋愛工学は「複数の女性とつきあうことを良し」としているため、不倫することに罪悪感は持たないのだろう。

もちろん、奥さんもそのことを了承し、奥さんも他の男と婚外恋愛=不倫していいよ、というのであればいいけれど、奥さんをだまし、嘘をつきながら、しかし奥さんの婚外恋愛は許さず、奥さんを見下している人もけっこういるような気がする。

また、奥さん以外の女性とつきあうとき、その女性に対し、自分は既婚者であることを伝えているのかどうか・・・おそらく、そっちもごまかし、騙しているのでは。

となると、浮気相手の女性も見下している、のかもしれない。
バレなきゃいい、と自分本位。相手の事は何一つ思いやってはいないのである。

もし既婚者であることを明らかにしている場合だと、浮気相手の女性は、奥さんから慰謝料を請求される場合がある。
つまり浮気相手の女性に多大なリスクを背負わせることになるのだ。

婚外恋愛をする男性は、浮気相手の女性のことも、実は全く思いやってはいない、単に自分の欲望のはけ口にしているということだ。

このことについて、短編小説「~縁」23編目「厄落としの忘年会」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09-6では、結婚した元彼に誘われたアラフォー独身女子・小林和江にこう言わせている。

「奥さんがいること分かっていてそういう関係になると、こっちは奥さんから慰謝料請求されるリスクがあるの。妻の権利って強いのよ。それ知っていて誘っている? そんなリスクを私に背負われる気? 私のことを本気で想ってくれるなら離婚してから誘ってね」と。

で、その後、元彼は二度と和江に連絡してくることはなく、完全に縁が切れた・・・という話になっている^^;

不誠実な態度をとる相手には、こちらへの愛情なんて全くない・・・これが現実かも。

配偶者が了承していない婚外恋愛(不倫)は、あおいさんが言うように、そこに理性的な抑制・我慢=相手への思いやり=相手が嫌がることはしないという気持ちはまるでない。

己の欲望・感情のままに生き、本能だから仕方ない、気持ちは抑えきれないと正当化してしまいがち。
正直、相手の事などどうでもいい。自分が大事。

「家族を愛している」「だからこそ家族となった奥さんはもう女として見れない」「けど性欲を処理したい。だから浮気したい」「婚外恋愛は単なる遊びだ」と言うのであれば、奥さんにも婚外恋愛を認めないとフェアではない。

で、奥さんの了承のもとで、大いに婚外恋愛を楽しめばいいのである。
ま、奥さんが了承するかは知らないが。

なので結婚する時にちゃんと話し合いをしてルールを決めておけばいいと思う。
婚外恋愛=浮気はするけどよろしくね、と。

もちろん、その条件を呑んでくれる、かつ若くて美しい女性がいるかどうかは分からないが、ゼロではないだろう。1000人に一人くらいはいるかもしれない。

そう、たまにいるではないか、「浮気は、私に分からないようにやってくれればいい」「夫に浮気される妻の私が悪いんです」「外で遊んでも最後に家庭に帰ってきてくれればいいです」という女性。

それに案外、お金だけ運んでくれればあとは何をしても自由だよ、という覚めた若くて美しい女性もいるかもしれない。こちらは100人に一人くらいはいるかも?

で、何年か経ち、亭主元気で留守がいい、ある程度のお金さえ運んできてくれれば外で何をしても自由っ、という気持ちになっていく女性なら、わりといるかも?

婚外恋愛をしたい恋愛工学生的男性も、その点、希望が持てるのである。
お互いに覚めた結婚生活を続けていく、ということなら、それはそれでありだと思う。

一夫一婦制が正しいのかどうかは置いておいて・・・
相手と信頼関係を築けるかどうか、だよな。
が、騙している時点でそれはもうない。

ダンナに浮気をしてほしくない、亭主元気で留守がいいとまで割り切れない、夫を単なるATMとして見ることができない、愛のある家庭を築きたいという女子は恋愛工学生的男性には要注意じゃ。

え? 恋愛工学生的男性の見分け方?

恋愛工学生のほうも恋愛工学が知れ渡るに従って、女子を落とす方法をいろいろと考えているようだ。女性を狩る場所はナンパに限らないかもしれない。

が、これだけは変わらないだろう。恋愛工学生的男性は時間をかけた交際は好まず、即エッチを求める。
即エッチできなければ、彼らのほうから離れてくれる。

つまり、即エッチを求め、時間をかけて交際をしたがらない男性は恋愛工学生的性質を持った男性と判断していいだろう。

即エッチを求めるか否か、簡単で確実な見分け方だと思う^^;
すぐに体を許さず、時間をかけた交際を望めばいいのである。
そこで恋愛工学生的男性を排除できるだろう。

早くエッチさせろ、もったいぶっていたら、誰にも相手にされないそ、と男性陣は脅してくるだろうが、その時点で「誰からも相手にされない」と見下しているのだから、人生を共にする大切なパートナーにはなりえないのだ。

どうしても恋愛・結婚したくて、無理して『見下しパートナー』と一緒になっても、たぶん不幸になる気がする
相手の男性から「こいつには何をしてもかまわない」と思われるようになり、雑に扱われ、悪けりゃモラハラ、DVに発展する。

女子よ、要注意じゃ。
恋愛工学生はじめ、けっこう女性見下し男性・ミソジニ―男性は多いようじゃ。

もちろん、男性を見下している女性も同様に存在する。
まあ、お互い見下し合いながらの結婚生活も、ギスギスしていて常に戦闘状態で、刺激があって、それはそれで面白いのかもしれないが^^;

おっと誤解なきよう、恋愛工学生的男性を否定しているわけではないのだ。

恋愛工学生的男性はそのまま欲望と感情の赴くままにエッチ道に励み、突き進んでほしい。

そう、一夫一婦制の結婚にこだわらず自由にエッチを楽しむ生き方もありだ。
結婚制度を破壊する蟻の一穴となるかも。世間の強固な価値観をひっくり返す先駆者となるかも。この世の未婚者の希望の星・未婚者を救う救世主となるかも。

現行の結婚制度のもとでは、婚外恋愛を認めてくれる若くて美しい奥さんは、まあ滅多にいないだろうから、独身を貫き、50代60代になってもエッチ活動をがんばってほしい。

結婚しても、今までの習性から絶対にほかの女性に手を出してしまうだろう。
家庭はギスギス、奥さんを悲しませるし、離婚も大変だ。

離婚となれば慰謝料のほか結婚してから築いた資産の半分を奥さんに渡すことにもなるし、そんな損はしたくないだろう。
結婚は、一人の女性にフルコミットすることになる。たくさんの女性と恋愛・エッチしたい男性にとっては大きなリスクだ。恋愛工学生は独身でいたほうが幸せなのでは、と思う。

50代60代になった時、彼らがターゲットとする20代の美しい女性はもちろん、彼らがBBAと呼んで蔑んでいる30代から上の女性らも、そうそうは相手にしてくれないかもしれないが、そこはガマンじゃ。
大いなるATMになれば、だれかは相手になってくれるはずじゃ。

そして70代80代になれば、伝説のスーパーサイヤ人、いや、スーパーナンパ爺さんとして名が残るじゃろう。

めざせ、スーパーエロ爺さん。
そういうことでは遠くから恋愛工学生的男性を応援しておるぞ。

・・・・・・・・・・
余談。

ちなみに年配の女性をBBAって言って哂っている若い女性もけっこういるんだな。
ツイッターでは皆、言いたい放題。本音が爆発。

女自身も呪いをかけまくっている・・・。
(ま、バブル時代もお局様って言って女性同士の見下しはあったけどね)

あとブスやデブにも厳しい。
許せないとか、不愉快とか・・・正直、何様? と思うくらいに引いた。

まあ、劣等感の裏返しで攻撃的な言葉を吐いてしまうのかもしれないが。
あと悪乗りでつい、ということもあるだろう。

モテに狂う男も女もえげつないね^^;

ブスに対する底意地悪さに、改めて「長山春香」がイジメられる話を思う。
あとでまた登場する予定の「郷田浩」の「みすず」に対するモノローグも。

※「郷田浩」はまだ登場しますよ^^; これで終わるはずないじゃないですか。なかなかおいしいキャラだもん。

ただ、本当に頭のいい理性的で品性のある人はそんなしょーもないことで見下したり哂ったりはしないだろうな。
で、そういったことで見下したり哂う人のほうを品性がないとして本当に軽蔑する。

やっぱ、あおいさんの言うとおり、理性が大事かもな。
で、相手にも理性を求めよう。というか理性的でない人とは関わらないほうがいいかも。

で、お互い理性的であれば、少なくとも不幸にならずにすむと思う。

短編小説「~縁」に登場する四条夫妻が、まさにそれじゃ。
ほどほどに理性を大切にするカップルを描いているつもりだ。

※短編小説「縁」の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

・・・・・・・・
余談その2。

「頭が悪い人・馬鹿は嫌い」と言ったら、すげー叩かれる気がする。

けれど「ブスは嫌い」「ブサメンは嫌い」「デブは嫌い」「ババアは嫌い」「非モテは嫌い」「オタクは嫌い」はさほど叩かれない気が・・・つうか「分かる分かる」と賛同されそう・・・。

それほどまでに、ブス・ブサメン、デブ、ババア、非モテ、オタクは嫌悪されているということなのだろうか・・・。

そう、この嫌悪されている要素って皆、『恋愛弱者的な恋愛偏差値を下げる要素』だ。

「頭が悪い・バカ」は「可愛い」に変換され、恋愛偏差値をさほど下げない気がする。特に女性は。
だって「おバカでもいい、カワイイが正義」ってアイドルが歌っていたじゃん^^;

それに東大女子は、東大以外の男性からは敬遠されがちだというし。

さて、そこで・・・こんなカーストを発見した。

恋愛市場では、上から、神、貴族、一般市民、犬・家畜、虫・菌・・・というランク付けがあるようだ。

犬・家畜・虫・菌扱いされてまで(人からそうジャッジされてまで)、そこにいることはないよな、と改めて思う。

いやあ、恋愛市場がこれほどまでに嘲笑と侮蔑にまみれたランク付け世界になっているとは・・・。

スクールカーストと同じ。他者を見下し、人間扱いしない人たちが集う場所。
こういった場にいると自尊心をとことん傷つけられ、性格も歪んでしまう。

自尊心を傷つけられてまで恋愛市場で戦う必要はない。
人間、そう強くはない。

性格・心が歪む・・・それは不幸への入り口だ。
「そんな恐ろしいところからはお逃げなさい」と逃げ恥のユリコさんもおっしゃることじゃろう。

ここまでくると、恋愛市場が魑魅魍魎が跋扈する世界に思えてくるの~^^;

最後にこのツイートを紹介。

https://twitter.com/ginkamen/status/693771940473901056より転載。

【集団の偏差値が上がるほど足を引っ張る人が減ることを、人生で経験した。僕の高校は灘や開成のような男子校で、そういう高校は少ない上位の医学部の椅子を取り合うけど、足を引っ張る人やいじめは極端に少なかった。それが合理的だと皆が知っていた】

【しかし、一番偏差値が高まった大学では、また少し民度が下がった。女が混じると、男はかっこつけようとして他の男を馬鹿にしたり、攻撃的になったりするのだった。男子校が受験に圧倒的に有利なのは、授業内容というよりも、恋愛や無意味なマウンティングがないからだと思う】

転載終わり。

頭がいい人たち=合理的な考えができる人たちがいる理性的な場、そして恋愛競争が発生しない場=感情が支配しない場が、一番平和で、皆が心穏やかに、心を歪ませずに暮らせそう^^;

※関連記事
「女子力も呪い化? 婚活女のステータス」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-28-1
「見下しエッチゲーム? 恋愛工学について」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
「こんな男に注意?厄介な男の友情と恋愛工学とフェミ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-04
「クリスマス恋愛・えげつないのは・・・LOVE理論VS恋愛工学」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-07

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

☆「女子力」も呪い化? 婚活女のステータス [恋愛・婚活・中絶・不倫]

短編小説「これも何かの縁」より33編目
「桜の葉」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-25にて。

結局、福田みすずは、郷田浩にATMにされかかっていたわけだが・・・
郷田の方の条件ががらりと変わり、みすずは用済みとなり、破談となり・・・ま、大変、厳しい話となった。

※ちなみに、それまでの福田みすずお見合い編の話。
「苦い縁談」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
「ドライなお見合い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-10
「出しっぱなしの雛人形」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-18


ということで、今回はそのことに関連付けて語ってみよう。
まずはNHK「ねほりんhぱほりん」にて、こういったテーマが放送されたようじゃ。

「ハイスペ婚の女、東大以外人間じゃないと東大卒会計士との結婚をかなえるまでの努力がスゴイ」
https://togetter.com/li/1044035?page=4

東大以外、人間ではない・・・いや、最後には東大以外も人間だと気付いたらしいが。

ふと思った。オタクは未だに世間様にとっては人間じゃないかもなあ。

まあ、上野千鶴子総統も「オタクと恋愛弱者は滅びていってほしい」と言っていることだし、安楽死の自由化が認められるといいよなあ。

今時の右翼もこうはっきりとは言わないだろう・・・「社会に害悪となりそうな人間は滅びてほしい、再生産しないでほしい」という上野千鶴子氏・・・でも、人々の本音ってそんなもんかもしれない。

そう、上野静子総統は正直なだけなのじゃ。

で、このハイスぺ女子も正直なだけじゃ。お金、高いステータスを男性に求めているだけ。

男性の方も、若くて美人を求めているのだし。

と、人間以下の最下層オタクなハヤシさんは思うのでした。
もし本人の希望による安楽死が認められたら、上野千鶴子総統の希みに沿って、ワシも滅びようぞ♪ オタク遺伝子を消そう♪ 上野千鶴子総統、万歳♪

さてさて、この「ねほりん」に登場した女性はめでたく東大ハイスぺ男子と結婚したわけだが、2日後から寝室は別。
ダンナさんは、お金以外に魅力がない・・・もちろん愛情もない、という。
そう思われているダンナさんも気の毒であるが。

って、きっとみすずが郷田浩と結婚したら・・・
郷田からそう思われ、寝室も早々に(いや最初から)別々になったことじゃろう。

そう、みすずは郷田にATMにされかかったけど、男女逆ならば、よくある話。

ま、やっぱ婚活で条件のみの結婚ってあまり幸せになれそうもないような・・・。

みすずのステータスを気に入った郷田家だが、そのステータスがいらなくなり、破談となった。

今の美の価値基準から外れてしまっているいわゆるブスなみすずは、男と深く関わること(恋愛・結婚)からは離れることにしたのだけど・・・

こんな記事もあったりする。

「もはや結婚は『金と顔の交換』ではない」
https://note.mu/keisakusato/n/n03547854d815

この記事によると、男も女も稼げる奴が結婚できるんだそうだ。
若くて美人では恋愛強者になれても、お金持ち男性との結婚まではなかなかたどり着けないと・・・。


そして、こんなツイートも・・・。
https://twitter.com/a_n_tokyo/status/824901103527424000より転載。

【婚活絡みで、女に美しくて稼ぐ能力、商売、料理能力、そういうのがあれば市場での価値が上がるという文章を読んで笑ってしまった。
そういう女性は婚活市場に出ないでしょうに。女性の半径5mの男性が押さえに行く。超優良物件はレインズには載らない。男も同じだけど。不動産投資によく似ている】

https://twitter.com/a_n_tokyo/status/824552109500555264より転載。

【「女というだけで、学歴も職歴もなくても、それを身につけるために努力してきた女性と同列に扱われると思っているのは厚かまし過ぎる」と私のパートナーは言っている】

https://twitter.com/a_n_tokyo/status/824626673492463617より転載。

【「学歴職歴揃っている美人と結婚することが承認欲求(笑)。人生の負け組は黙ってろよ」と男達に失笑されてるぞ。私も貴方は負け惜しみが酷いと思う。そして、貴方は学歴職歴揃う育ちの女性とは釣り合わないとも思う。
生活レベルも、資産も、人脈も違う。承認欲求と言っているのは流石に恥ずかしい】

ほか・・・
https://twitter.com/a_n_tokyo/status/824583359078621185
https://twitter.com/a_n_tokyo/status/824631029755293696


そして、これを受けてだろう、男性側からはこんなコメントも。(上記女性からコテンパに言われた人が他の人の発言をRT)
https://twitter.com/Md_851181964392/status/824646308082307072

【高学歴日本人ブスに限って欧米基準で能書き垂れますよね…笑】


おお、男性って、女性にやり込められると、「ブス」って言葉が出ちゃうらしい。これも郷田浩と同じ。

そう、郷田浩って物語上では酷い男のように感じられるけど、わりとこういう男性は多いかもしれない。

まあ、それはともかく・・・
女性ももはや美しいだけではなく、ステータス(収入、学歴、職歴)も見られるようになっているということか。

ただ美しさの上に、それらを求められるのか、美しさよりもそれらが優先されるのか・・・

同じツイートしているこの女性は、このような発言もされている。

https://twitter.com/a_n_tokyo/status/812211701449826304より転載。

【パートナー選びを失敗して、結婚して不幸になった人は山ほどいる。男性でも、女性でも。
価値観や人格・性格、それを支える育ち(躾)に比べたら、生まれつきの造形としての容姿など本当に小さなことなのに。多くの人はそれに気付かない】

ということで、この方は容姿よりも中身(=ステータス・学歴・職歴・収入は、価値観、人格・性格、育ちと密接な関係があるという考え方をしている)優先しているようだ。

また、こんな発言も・・・。

https://twitter.com/a_n_tokyo/status/825620850271326208より転載。

【医者になった私の友人達の多くが医者と結婚しています。普通に大学や職場で出会ったようですが、病院経営は大変だけど夫婦がともに医者だと強いという話も聞きました。
男性にとっても、どのような女性と結婚するかは資産、人脈、キャリア、子供の教育などの面で影響が大きく、大切だと思います】

↓RTに入っている他の方の発言。

【最近は若くて優秀な女医さんや医学生が増えていますが、大抵が有名なお医者さんの娘さんです。医者の世界でもパワーカップルは着実に増えていくでしょうね。男にとっても女性のキャリアや学歴、家柄はますます大事になっていくと思います】

・・・これが現実なのだろうな。

藤沢数希氏は結婚できずにいる女医は多いとも言っているし、世間も「ステータスの高い女性は結婚しづらい、そのため東大に行く女性は少ない」と分析しているけど、こういった風潮も変わっていくだろう。

東大に行けば、東大男子と出会うわけだ。
ステータスの高い出会いの場を得られるのだ。

またステータスの高い女性は美人であることが多く、それは家庭が裕福であり、そういう家庭はたいてい美人なお母さんであるという。経済力のある男性は容姿に優れた女性を妻に選ぶからだと言われているよね。

もちろん、これからステータスの高い男性もイケメンが多くなるだろう。

で、婚活女性側も、結婚相手の男性の容姿をまるっきり無視はしないだろうな。
男性がブスを嫌うように、女性もブサメンを嫌っているかも。
容姿がどれほどモノをいうのか知っているだろうから、子どもへの遺伝を考える人はけっこういるかも。

上野千鶴子氏はオタクに限り、恋愛弱者は平和に滅びっていってほしい、と発言したが、滅びていくのはオタクに限らず、経済力がない人、容姿が劣っている人(=今現在の美の価値基準から外れた人)、コミュニケーション能力がない人も入るだろうな。もちろん、ハヤシも入りますぞ。つうか上野千鶴子氏も子どもいないから、この中に入っちゃいますよね^^;

いいんじゃないですか。弱者は淘汰されるのが自然の掟。
上野千鶴子総統も実はそう言いたかったのでは、と。

勝ち組はますます勝ち組に。
負け組はこの世から退散じゃ。ハヤシも喜んで退散しますぞ。世間から見れば負け組・最下層だけど、なかなかに面白い人生じゃった。
上野千鶴子氏もそうかもな。

若者の間で、非出生主義もちょっとずつ広がっているらしいし、選び選ばれた遺伝子=頭も良く、家柄も良く、育ちも良く、容姿に優れ、コミュニケーション能力が高い強者が残っていって、日本社会を盛り上げていけばいいと思う。

まあ、低賃金で使い捨てができる下層奴隷がほしい勝ち組企業は困るかもしれないけど^^;
そのうち、そういった仕事はロボットがやってくれるようになると思うよ。

ということで、紹介した上記諸々のツイートはキツイ言い方だけど、これが現実だと思う。

ただ、今のところはまだ多くの一般の日本男性はやはり女性に対しては容姿と若さを重視しているようで、さほどステータスは求めないらしい。

ごくごく一部の本物のハイスぺ男性は、容姿の他にステータスを求めているようだ。

いや、厳密に言うと・・・たとえば東大など世間で言う一流大学を出てそこそこの企業にお勤め、あるいは医師などのステータス高めの職に就いている男性は、高卒女性は選ばないだろう・・・やはり大卒を選ぶのでは。

男性も、結婚相手のステータスをまるっきり無視できる人は少ないように思う。ちょっとだけ格下を求めている気がする。

いずれにせよ、男性が女性に求めるのはまず容姿、ということのようで、みすずは婚活市場から撤退するのがいいと悟ったわけじゃ。(公務員というステータスはあるけれど、ステータス狙いの男性はみすず自身もう懲りただろう)

市場はそういうところ。情などというあいまいなものは介在しない。冷徹に品定めされる場所だ。
自分が商品として価値があると自信をもっている人が、市場で勝負すればいいし、商品として自信がない人はとっとと逃げよう。
がんばってがんばって勝負してもあまり幸せになれそうな感じはしない・・・。

もし商品に傷がついていた、不具合があった、となれば「返品したい」となるかも???

で、こんな言葉もあるんだな・・・「妥協婚」
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160919/Escala_20160919_6110790.html

まさに福田みすずと郷田浩が、これをしそうになったよな・・・。

で、さらにはこんな言葉まで?・・・「惨め婚」
https://twitter.com/ha_chu/status/822729196548083712

もはや、惨めな思いをしてまで・・・そこまでして結婚するのか? とびっくりじゃ。
まさに呪いじゃな。

けど「タラレバ娘」の影響で、若さ至上主義に侵された中で、妥協婚・惨め婚をする女子も増えるかも?

「逃げ恥が解いた「呪い」をタラレバ娘が全力でかけてくる」
https://matome.naver.jp/odai/2148471289898152301?page=2

「東京タラレバ娘」が再びかけた年齢の呪い 「逃げ恥」から一転
http://news.livedoor.com/article/detail/12564077/

呪いを解くのは大変そうじゃ。
みすずは解けたけど。

いや、男性も「妥協婚」「惨め婚」は避けた方がいいよな。

つうか、お互い、相手からそう思われている可能性も。
それこそ惨めじゃ。(みすずが郷田浩にそう思われていた^^;)

・・・「女子力」も呪い化しているかも。

「仕事も家庭も美しさも トランプの娘イヴァンカにモヤる私たちは「女子力」から逃れられない」
https://www.buzzfeed.com/akikokobayashi/ivanka-girls-power?utm_term=.hlZBpWzOz#.qlV37Gxyx

呪い殺されないようにしないと。
心身健康でいるために、もう気楽に生涯未婚でいいんじゃね?

http://toyokeizai.net/articles/-/155624?page=2
(↑この記事についたコメントのほうに頷かされた)

ところで30代で婚活していると「婚活BBA」って言われるのね^^;
バブル時代、お見合いって「恋愛できない者が頼る手段」として見下す空気があったけど、婚活も恥ずかしいという空気が生まれてきそうだね。


・・・・・・・・・・
余談。

上記紹介したツイート主のほかの発言を紹介しよう。
私もこのツイート主の考えに賛同している。(というと「ブス・ババアの負け犬の遠吠え」と言われてしまうだろうけれど)

https://twitter.com/a_n_tokyo/status/818742986519363584より転載。

【不幸な女性は多いけれど、女性の側にも問題があると思う。20代が人生の絶頂だという価値観で20代を過ごすとどうにもならない。女の価値は若さと美貌という男と結婚すると年取るごとに地獄になる。そして、価値観や不幸はルックスや人格・性格に出てくる。愛されたい一心で毒親になる人もとても多い】

【どうして愛してくれないのか、どうして感謝してくれないのか、そう子供に迫るのは母親本人が幸せではないから。彼女たちのどうしようもなさは、自分の幸せの定義を持つことができなかったこと。夫や子どもを含む他者からの賞賛や愛や感謝を幸せの定義にしてしまっていること】

【これは男性も同じで、女性の価値は若さと美貌という価値観を持つ男性は結婚して年取ってくると不幸になる。そう思っていて妻に一方的に大切にされるわけないから。男性の場合は苦境で離婚されて自殺というのも多い。高齢者になって不幸になる人はとても多い。愛は稀だし、幸せも稀だ】

転載終わり。

正論じゃの。

ただ、世間の価値観=呪いは刷り込まれているから、そう簡単に変えることはできないんだろうな、とは思っている。若さと容姿に一番の価値観を置く男性は非常に多いだろう。女性もそれに取り込まれてしまう。

なので、みすずは逃げることにしたのだけど。
男性とは性的対象としてではなく、友だち・仕事仲間としてならいい関係になれるかも。

男性も、性的対象としない女性に対しては、当然、若さも美貌も求めないだろう。性的関係を伴わない友だち関係でいたほうが案外、健全な関係を保てるかも。

ま、こういった価値観=呪いからできるだけ離れたほうが不幸にならずにすむ気がする。
今の時代、幸せを求めるよりも、不幸を回避する方法を探ったほうがいいと思った。

ネットでは30代から「BBA」の称号がつくようだね^^;
女は20代まで。絶頂は20代前半。後半から価値が落ち始め。あとはBBAで女の価値なし。この価値観は広まりつつあるかも。一昔のクリスマスケーキと同じ^^;

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

桜の葉 [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・33編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

福田みすずのお見合い編、ついに決着。

フェミニスト魂が炸裂する。
福田みすずVS郷田浩。この激烈な戦いをご覧あれ。
ついに世間の呪いが解ける。(10300字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


満開の桜に夢を見る [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・32編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

4月、桜の季節。
育児に思いを馳せながら、四条理沙は息子の涼也を連れて買い物を兼ねてお散歩。

同じ頃、小林和江の義妹の小林真理子は・・・
娘の恵美子のピアノの才能を伸ばすべく、こちらもいろいろと思いを馳せていた。

和江とはウマが合わない真理子だが、真理子には真理子の考えがあった。
子どものために生きる真理子。恵美子、そして真理子の夢は叶うのか。(7700字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


春のお彼岸・この世も悪くない [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・31編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

春のお彼岸の日。お墓参りする四条カップル。
そこでなんと、あのアラフォー独身女子・小林和江とすれ違う。

その和江は、母と弟夫婦と一緒に来ていた。
お正月にお金のことで険悪ムードのまま別れた弟夫婦とのいざこざはいったん収束するのだが・・・。
その和江の解決策とは。(7150字)

お彼岸の雑学満載。
そして新キャラ(和江の従弟)登場を匂わせる回となりました。

※オタク漫画家・沢田文雄――今後、短編小説「これも何かの縁」でのメインキャラとなっていきます。
もちろん、漫画つながりで、あの長山春香も絡んできます。
沢田文雄は5月編(34編目)から、長山春香は6月編(36編目)から登場します。

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


出しっぱなしの雛人形 [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・30編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

イケメン男性・郷田浩とお見合いしたみすずは、郷田家を訪ねることに。
そこで姑となる母と、妹・薫に会う。
当初、郷田の淡々とした事務的な振る舞いに、この縁談は断ろうと思ったみすずだが、郷田の家族とはいい感じに。
ここでまた気持ちが揺れまくるみすず。

それでも、心の片隅にくすぶる問い。
――ここまでして自分は結婚したいのか?(5700字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


「キモい攻撃」どうなる恋愛工学・モテるって大変 [恋愛・婚活・中絶・不倫]

1月20日追記。

恋愛工学について、というより藤沢数希氏について書かれた記事を紹介。
http://ch.nicovideo.jp/cayenne3030/blomaga/ar1105378

・・・・・・・・・・
1月16日本文。

「価値観をひっくり返せ」が当ブログおよび物語のテーマ。
なので世間様が眉をひそめるものや問題視するもの、バカにして見下すものが、ついつい気になってしまう。
それがオタクだったり、恋愛弱者・非モテ、ナンパ師・恋愛工学生だったり・・・。

NHK「ねほりんぱほりん」では、50歳の独身ナンパ師を取り上げたようで・・・
番組内では「50歳にもなって結婚もできず、女の子をひっかけているナンパ師なんて、誰にも愛されず、かわいそう、不幸、ああはなりたくないよね」という空気が漂っていたことだろう。

ナンパ師の心の闇を暴いた――そんな作りになっていたようだ。

んが、ワシは思うぞ。
そのままナンパ道を突っ走り、70代、80代になってもナンパじいさんとして活躍していたら・・・
「じいさん、かっけ~」となるかもしれん。

ナンパじいさん・・・おお、DBの亀仙人みたい・・・
ぜひぜひ恋愛工学生の中に「亀仙人」がでてきてほしいものじゃ。

もしも90代のナンパじいさんがいたら、それはもうカッコよすぎて、世間にモッテモテかもしれん。
NHKも取り上げるだろう。今度は「元気で幸せそうなエロじいさん」として。
100歳だったら、きんさんぎんさんを超えて、ちょっと表彰ものかもよ。

その元気の秘訣を教えてほしい、と注目され、「おしえて~おじいさん」と皆、ハイジのように訊くじゃろう。
そしてナンパじいさんに憧れ、尊敬する者もたくさん出てくるかもしれん。

独身ナンパ師、50歳だと「誰にも愛されない、惨め、かわいそう」が、70歳超えるあたりになるとおそらく「かっけ~」になる・・・かも。

ただし、かっけ~ナンパ師は、女性を見下したり、傷つけるようなことはしないだろうし、モテ続けるには、そういった人間性は大切かもな。
見下し人間は、さすがに誰にも見向きされなくなり、ただの嫌なセクハラジジイになるだけじゃろう^^;

世間は独身女性よりも独身男性により厳しい。
「かわいそう、不幸、孤独」「人間としておかしい、偏っている」と見なす。

ドラマ「逃げ恥」で話題になった「呪い」
何も女性だけが呪われているわけではないだろう。

ま、その中でもオタクは相当に呪われてきたような気がする。

「逃げ恥」にもあったけど、呪いから逃げようぜ。
それが不幸を回避する方法かもしれん。


あ、そうだ、あと、これを紹介しておこう。

「恋愛工学」に手を染める“キョロ充”の群れ。噂のナンパマニュアルは男たちを破滅へと導く麻薬!?
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0501/mes_150501_5420434738.html

一部転載。

【(キョロ充とは)元々は「リア充グループに必死に食らいつき、浮いたりハブられたりしないよう、空気を読み、まわりの様子をキョロキョロうかがっている連中」というような意味だと思うんだけど、誤解を恐れずに言えば、恋愛工学の受講生ってそういうマインドを持った男たちだと感じる。

セックスするためのマニュアル、アンチに対する理論武装、「本当の愛を見つける」という大義名分、「君はイケてるグループの一員」というプライドをそそる承認、課題の発見と成長のプログラム、「みんなもやってる」という一体感、自分を安全なポジションに置ける安心感……こういったものをまるっと提供してくれる恋愛工学って、つくづくキョロ充が飛びつきそうな商材だなあと感じる。

キョロ充ってさ、いわゆるスクールカースト的に言えば、それこそ「中の中」とか「中の下」ってポジションになると思う。イケてるグループではないけど、かといって最下層の非モテ層でもない。

非モテをこじらせた人ほどの強烈なコンプレックスはない。でも、モテるためにめっちゃ努力してきたわけでもない。“教室で浮かない程度のポジション”をキープしたまま大人になっちゃって、何とな〜く満たされないプライドと、放置したままの薄〜い劣等感が、徐々に徐々に腐敗臭を放ってきた】

転載終わり。

最初「キョロ充って何?」と思った^^; 
リア充、非リアは知っていたけど・・・そんな言葉も出てきているんだな。

どうやら「キョロ充」も見下される存在のようだ。

今の時代、人間をいろいろとカテゴライズして、ランクづけするんだな。
見下しが大好きな人間がそういった「呪い」を作り上げてしまうのかもな。

いやあ、非モテってそんなに見下されるべき人間なのか・・・???
呪いの元凶は「恋愛」・・・そんな気さえしてしまう。

で、そのコンプレックスを肥大させるよう、世間=周りの人間はさらに「呪い」を仕掛けてくる。

でも世間が良しとする価値観に合致した人間を目指したところで疲れそう^^;
幸せになれるとも限らないし。こじらせる場合もあって、かえって不幸になりそう。

というとマウンティグ大好き人間から「負け惜しみ」って哂われるかあ^^;

けど、恋愛工学生もナンパした獲物(女子)を容姿でランク付けしたり、一部コミュニティ内でネタにしたりして見下しているので(・・・ま、悪趣味だなとは思う。相手の女性を人間扱いしていないからこそ、そういったことができるのだろう・・・)、こうやってバカにされたり、気持ち悪がられたりするのは仕方ないかもしれない。

やっていることは相当にえげつないので、フェミでなくても眉をひそめるのは当然だろう。

ただ、ナンパされてついていく女性もいるらしいので、有効でもあるのだろうが。

もちろん、恋愛工学生もいろいろいるようで、全員が同じことをするわけではない。
かっけ~亀仙人工学生が出てくることを期待しておる。

けれど最近、わりと「恋愛工学=気持ち悪い」というコメントをよく目にするようになり、「オタク=気持ち悪い」と同じになってしまったの~、とオタク擁護派のワシは同情もしておる。

「気持ち悪がられないように、フルコミットしないようにしよう。数多くの女をモノにし、一人の女に執着しないようにしよう」というのが恋愛工学だったはず。

そう、女の子たちに気持ち悪いと思われるようなことはしないようにしよう、ということで始まった恋愛工学だが、皮肉なことに「恋愛工学そのものが気持ち悪い」という空気が生まれてしまったようじゃ。

気持ち悪いと思われたら最後じゃ。
果たして、この「恋愛工学は気持ち悪い」という空気を止めることができるのか。

ちょっと厳しい戦いになりそうじゃの。

フェミはオタクに対するのと同様、恋愛工学生およびナンパ師に対しても「あいつらは気持ち悪い攻撃」を仕掛けてくるじゃろう。単に非難するよりも、罵倒するよりも、有効な攻撃方法じゃ。
さすがはフェミ。この手の戦い方を心得ておる。

ワシは遠くから、この戦いの行方を見守っておるぞ。

ま、なにはともあれ、モテるって大変なことじゃの。
つうか、モテなくて当然、かもしれない。

非モテが当然。
そういう認識が世間に広がれば、劣等感募らせずに済むし、気楽に生きていける。

世間の呪いをどうかわすか、人生の課題じゃの。

※関連記事
「見下しエッチゲーム? 恋愛工学について」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
「こんな男に注意? 厄介な男の友情と恋愛工学とフェミ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-04

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

こんな男に注意? 厄介な男の友情と恋愛工学とフェミ [恋愛・婚活・中絶・不倫]

短編小説「~縁」より、フェミニスト・福田みすずの縁談編が始まったわけですが・・・彼女の男性不信はこれからもスパークしまくります^^;
はてさてお見合いの結果はどうなることやら。彼女は結婚するのかしないのか。

ご興味持たれた方はこちらをどうぞ。
「苦い縁談」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
「ドライなお見合い」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2017-01-10

まあ、福田みすずのように警戒心がありすぎもあれですが、ある程度の警戒心は持ったほうがいいかも?
と言うことで、今回はこのテーマ。

女子よ、こういう男に気をつけようということで・・・
↓ぱぷりこさんのこの記事に笑った。

「女を不幸にする“妖怪男”よ去れ!メンヘラほいほい男、コンサル男」
https://joshi-spa.jp/608995

以下、一部転載。


・コンサル男: 血の通った人間らしさを感じないロジカル至上主義の鬼畜にしか見えない男。世の中ではハイスペックな勝ち組。

・恋心の搾取地主: 女性からの好かれることで自信のなさを埋めて自分のプライドを回復しようとする男。

・メンヘラほいほい男: 依存傾向の強い女子と付き合うことで、「女子に頼られる俺」という自己像を補強する男。

・プライド山男: 自分より女性を下に見ることで安心する男。

・君は見どころがあるね男: 能力や名声で女子を引き付けて、ファンを食ってしまう男。


転載終わり。

おお、オタキング岡田氏や恋愛工学生らを彷彿とさせるの~^^;

愛よりも、数多くの女たちとのエッチにこだわる彼らであるが・・・

人生の保障のために(老後のために)、ブスやBBAでも仕方ないと妥協して結婚する男よりは、恋愛工学生のほうにワシは軍配を上げるぞ。

そう、恋愛工学生らは最上の女を手に入れるべく、己をレベルアップさせようと努力し、最上の女を持つにふさわしい男になろうとしているのだ。

その最上の女とやらは、容姿はもちろんトップレベル、賢く優しく世話好きで、料理はもちろん家事も完璧にこなし、家族に尽くす、頭がいいのでいざという場合は稼いでもくれる、モテまくりだけど他の男に決してなびくことはない・・・たとえは古いけど漫画「タッチ」の「南ちゃん」・・・のような女性なのだろう。

おそらく1000人に1人くらいはいるんじゃないだろうか。
可能性はゼロではないのだ。

で、漫画の中で、南ちゃんは上杉達也とくっつくのだが・・・
実は上杉達也も、やれば勉強もスポーツもできる天才、その上、容姿は兄の和也とうり二つ=イケメンということになっている。
そう、達也は最上の女をモノにするにふさわしい男だったのだ。

理想が高いという恋愛工学生も、己を磨き、高収入を目指し仕事もがんばり・・・
そして彼らが言うところの「レベル(=容姿)が高い女たち」とのエッチに励み、修行を積んでいるという。

なかなかのパワーじゃ。
仕事で疲れたからナンパ=エッチ活動は休む、とはならないのだ。
仕事もエッチ活動もがんばるのである。そこはすごいなと素直に思う。漫画のような生き方じゃ。

まさにスーパーサイヤ人並のパワー。
サイヤ人が戦いが大好きなように、彼らはエッチが大好きなのだ。戦闘民族ならぬエッチ民族。
性欲と自己承認欲が、そのパワーの源なのかもしれん。

ただ、『最上の女=南ちゃんみたいな女』は、ナンパで捕まえられるような女じゃないかも^^;
『南ちゃん』がナンパ男になびくとも思えないし^^;

それでもがんばる恋愛工学生にワシは密かにエールを送っておる。
可能性がおそろしく低くてもあきらめずにがんばる。まさに少年漫画の王道じゃ。ぜひ勝利を手にしてほしいものである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ドライなお見合い [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・29編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

正月の縁談話から約1カ月後、福田みすずは相手のイケメン男性・郷田浩とお見合いしたが・・・
郷田の淡々とした事務的な振る舞いに、みすずのフェミズム魂が揺れる。

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


鬼は外・心の中に棲む鬼 [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・28編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

1月の「男女別年賀状事件」で職場の女性陣から「女性蔑視」だと責め立てられ、彼女たちから距離を置いた四条静也のその後。

節分の日。厄を落とそうと、節分の日に豆をまく。「鬼は外」
静也にとって、職場の女性たちは「鬼」だけど・・・本当は自分の中にも鬼が棲んでいた。

節分の豆まきについて由来や歴史など雑学満載でお送りします。(4400字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


「逃げ恥」に学ぶ人間関係・情と対価(損得勘定) [家族・夫婦・子育て・子なし]

「逃げ恥」・・・ワシはドラマ最終回しか見てないのだけど、なかなかに考えさせられた。
各著名人も「逃げ恥」について、いろいろ言及しているようだ。

まずは上野千鶴子氏のツイート紹介。
https://twitter.com/ueno_wan/status/811879074675077120

【「逃げ恥」の契約にセックスが含まれないのは不自然。結婚とはセックス契約なのに。一回当たりのセックスコストを誰が誰に支払うのか?家事と同じくセックスも「愛の労働」、しかも「無償労働」だ。こういう議論はほぼ「不払い労働論」で尽くされている。おぞましい議論だが、現実がおぞましいのだ】

ん? 夫婦間のセックスにもコストが発生し、対価を払えというのか。

この文章だと、夫が妻に何かしらの対価を払えと受け取れる。
けど、妻が誘ってきた場合は妻が対価を支払うべきだろう。それが男女平等というものだ。

子づくりの場合も、子どもが欲しい方が対価を支払えということじゃな。

上野さんの理想の夫婦は、なかなかにエグイの。

愛の労働かあ・・・。
まあ、上野さんが心配せずともセックスレス夫婦は多いので、夫に『体』を搾取されている妻は少ないと思うぞ。

乙武君が言うように、妻が母となった時、もう女として見られなくなるという男性は多いらしいから。

それはともかく、上野さんの考えは「セックスをお願いするほうは対価を支払え」「支払わないのは、搾取していることになる」ということなんだよな?

ならば、前記事で話題にしたオタキング・岡田斗司夫氏の愛人問題は、上野さん的にはOK、むしろ推奨したいくらいの行いだよな。
だって、岡田氏はセックスするのにちゃんと交渉し、女性がOKすれば対価を支払っているのだから。

(ただ岡田氏は「若い子は騙して抱いて終わったら捨てろというのが僕の中の法則」と発言しているようで、対価を支払わず、騙すこともあるのかも?)

※関連記事
「女は犬・オタキング岡田斗司夫の愛人騒動」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-12-28


いやあ、それにしても・・・エッチコストを支払えって、売春買春みたいだね^^;
愛も金次第ってか。


そこで、砂鉄氏のツイートを紹介しよう。
https://twitter.com/satetu4401/status/801210635878969345

【金と言う物は才能や健康を失っても手元に残り続けるものである。つまり「金だけの付き合い」というものは、意外な事に才能や健康を失った後でも続くし、精神を痛めて優しさを失った後でさえ続くのである。正直、愛だとか友情だとかフワフワした得体の知れない関係より遙かに頑丈で信頼できる】


そういえば、平安寿子の小説「グッドラックららばい」でもメインキャラ=立子もこう言い放っていたっけ。

【わたしは幸せになりたいなんて思ったことは一度もない。金持ちになりたいということだけだ。幸せなんてワケの分からないものは要らない】

立子の結婚相手の条件は「金持ちであること」、この一点だけ^^;
あとはどうでもいいのだ。(・・・いや、でも面白かったよ、この小説)

で、たしかに、お金が一番信用できるのかも?

愛はいつの間にか消えるが、お金は・・・まあ、その国の信用がなくなれば紙屑になることはあるけれど、愛よりは、まだ確かなもの・・・かもしれない。

うん、情とか幸せとかって、気の持ちよう。
つまり、とっても不安定なものだ。

えげつない世の中、人間不信の世の中、愛よりもお金と考える人が増えるのは当然かもしれない。

上野さんもそういう考えなのだろうか。

いやね、健常児のいる家庭に較べて、障碍児を持った家庭の離婚率は6倍とか、そういった話を聞くとね・・・
一番の味方であるはずの家族も信用できないケースがあるのだなと。

けど、お金さえあれば、そういった「不幸」も何とかなる?

お金のあるなしは結局、「余裕」が持てるかどうか、であり、お金があれば人もそう簡単に離れないのかもしれない。

うん、ドラマ「逃げ恥」の「好きの搾取」についても考えさせられてしまったよなあ。

これでますますオタキング岡田氏のやったことはそう悪いことではないと思ってしまった。

少なくとも、↓下の記事に書いてあるような・・・結婚を保障と捉え、相手からの搾取しか考えていない男よりは・・・。
(ま、女性も同じく、結婚を人生の保障と捉え、相手からの搾取を考える人もいるだろうからお互い様だけど)

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6609_2.phpより一部転載。

【「ブスは3日で慣れる」を信じるか、「どんな女性もどうせ歳を取って劣化する」と割り切るか、「歳を取れば穏やかな性格になるだろう」と楽観視するか、「家事は自分が頑張ればいい」と引き受けるか。どれならできそうなのか、本気で考えてみてほしい。

1つ言っておきたいのは、「そういう女性しかいないなら結婚なんてしなくていい」なんて突っぱねると後悔する、ということ。あなたがこの先の人生で、仕事、人間関係、趣味とお金、健康のいずれかでつまずいたとき、必ずや「結婚しておけばよかった」と思うときが来るからだ】

転載終わり。

・・・ということで、女に若さと容姿に価値を置く男も、そこは何とか妥協し、人生(仕事、人間関係、お金と趣味、健康)でつまずいた時の保険に結婚したほうがいい、とこの筆者は言うのだが・・・

今ではもう結婚は何の保障にもならないかもよ。

だって・・・↓奥さんからこんなふうに思われたりすることもあるようだから。

「ダンナ・デスノート―今すぐ死んでほしい」
http://danna-shine.com/

(もち、奥さん側も・・・こんなことを思いながら続ける結婚生活って・・・不幸に思えてしまうのだが)

ま、人生の保障目的で結婚した男性は、結婚生活で何か大きな問題(子どもが障害を抱えたとか、奥さんが重篤な病に陥ったとか)が起きたら逃げちゃうかも。

うむ、やはり愛(情)なしで人間関係は持続できない気もする。

そこで、この記事を紹介。

「逃げ恥は市場競争的な世界からの逃避のすすめである」
http://globis.jp/article/4946より一部転載。

【結婚と契約結婚の最大の違いは、2人の関係に、市場で取引され得ない「代替不可能な要素」が介在するかどうかの違いということが強調される。それは、相手がどれだけ「利用価値があるか」という要素が取り除かれた、純愛である。

市場競争では、「利用価値」でその人が判断される。だから、恋活や婚活が市場競争にようになってしまうと、相手のことを自分の「手段」として見てしまいがちになる。

例えば、女性が結婚相手の男性を選ぶ際に、相手の収入(自分を養えるか)、学歴や勤務先(将来性や安定性はどうか)、容姿(友達に紹介して恥ずかしくないか)などの項目だけで選ぶとしたら、それは相手をもっぱら自分の生活の手段としてみなしていることになる。

相手を自分の手段としてのみ使おうとしたり、その逆に自分が誰かの手段として使われることのみを受け入れてしまえば、自分の人間性を傷つけることになる。

「逃げ恥」の主人公は、人間が「利用価値」で評価されるような市場競争から身を引いた。しかし、それにはメリットもあった。

逃げたからこそ、市場取引的な恋愛や結婚によって、人間性を喪失せずに済んだ。さらに、心から大切にしたいと思えるパートナーと出会うこともできた】

転載終わり。

なるほど・・・情がない結婚は、人間性を破壊するかもな。

上野千鶴子氏は「逃げ恥」について「結婚による搾取」「コスト(損得勘定)」「契約」に言及したが、この記事は「情=代替不可能なもの」について言及した。

少なくとも「利用してやろう」という人間関係は幸せをもたらさない気がする。

よく言われるのが・・・
「相手にしてもらおうというよりも、自分が相手に何をしてあげられるか」だと。

ま、自分が何かしてあげたいというような相手に巡り会えるかどうかじゃの。

でも、それも難しかったりするよね^^;

金と情、どっちも必要だな。

お金がなくて余裕がなくなれば、情も減るだろうし。
最初から情のない人間関係は、代替可能なので、これまた長続きしない・・・。

本当に難しいのお。

続きを読む


タグ:結婚 フェミ
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

苦い縁談 [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・27編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

今回はフェミニスト・福田みすずのお話。
お正月、みすずに縁談が持ち込まれた。そのお相手は・・・(10750字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


お金が縁を左右する [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・26編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

今回はアラフォー独身女子・小林和江主任のお話。
弟夫婦との確執が始まる小林家の正月。(7700字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む


面倒な年賀状 [本編「~縁2」(短編連作小説集)]

短編小説「縁」本編・25編目。
※目次ページはこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28

第2部スタート。

若夫婦・四条静也と理沙の子ども・涼也の初正月。
今年の年賀状はもちろん涼也の写真付き。

でも、赤ちゃんの写真付きは女性には微妙な問題をはらむということで、男性のみにしておき、男女別年賀状にした静也と理沙。
そうやって女性には気を使ったつもりが、かえってアダとなり・・・初仕事の日に「男女差別だ」と女性陣に責められる・・・ああ、面倒くさい人間関係。

赤ちゃんの初正月、門松・松湯についてプチ雑学あり。(9800字)

では、以下本文。

   ・・・

続きを読む