So-net無料ブログ作成
検索選択
番外編「~縁」(短編小説集) ブログトップ

血液型診断―栗の節句 [番外編「~縁」(短編小説集)]

短編小説集「縁」番外編・5作目アップ。

今回のお話は・・・やっとハートフルほのぼの幸せ系です。
若夫婦のお話で、彼らは本編「縁」の主人公・主要人物でもあります。とりあえず今回は番外編で先取り。

血液型について、そして重陽の節句についての情報も入ったネタ的なお話。3000字なのでサクっと軽く読めます。

ちなみに物語中に出てくる重陽の節句(別名、栗の節句)は旧暦9月9日は・・・今年の新暦では10月9日になります。

それはさておき・・・

今までの4作品は『生きづらい世の中、どう折り合いをつけて生きていけばいいのか、劣等感をどう飼いならせばいいのか』という少々重いテーマでしたが・・・この夫婦も実は周囲となじめないところがあり、それはいずれ本編で明かされます。

そんなわけで、過去4作品もよろしく。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。(5250字)

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。(6200字)

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。(4450字)

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。(4000字)

では5作目「血液型診断―栗の節句」、以下本文。

   ・・・

 高く晴れ渡った空が心地よい中秋の休日。
 四条静也・理沙の若夫婦はまったりと自宅マンションで過ごす。

 二人は中学時代からの同級生で、今は高卒公務員として○○市役所にお勤めしている。
 結婚して一年。
 しかもまだ21歳だ。
 ――若すぎる二人の結婚に周囲は驚いたが、それはまた別の話。

 昼食を済ませ、居間でゴロゴロしていた静也に、理沙は何となしに語りかけてきた。

「ねえ、静也って血液型はたしかAだったよね」
「ん、そうだけど」

 体を起こした静也は理沙を見やる。

 理沙は図書館から借りてきた『これが真実! 新・血液型診断』という本に目をやりながら、「なるほどね」と一人で納得していた。

 やれやれ、女はああいったの好きだよな。
 ちょっと辟易気分を抱え、静也は心の中でつぶやく。

 そもそも4種しかない血液型で人間の性質を分けるなんてナンセンス。
 けど、さすがにそんなことを口にする愚は犯さない。正直さは時に諍いのもとになる。
 夫婦円満こそ幸せなる家庭の基本。

 それに、理沙が世の中に4種類の人間しかいないと信じたところで、静也には痛くもかゆくもない。
 はっきり言ってどうでもいいことである。
 下らないことで理沙の機嫌を損ねることのほうがずっとマイナスだ。
 ここは黙って理沙に同調しておくに限る。

 ――と損得勘定ではじき出し、適当に理沙のおしゃべりを聞き流していた静也であるが、だんだん興味が湧いてきた。
 この血液型診断、意外と科学的なアプローチもある話のようだ。

「A型って、もともとは農耕民族由来だったらしいわよ。Bは遊牧民族。農耕と遊牧じゃ生活スタイルが違うから、相性が合わないって」

「そういえば、黒野先輩はBだよな」

「ああ、いかにも遊牧民族系よね」

 黒野先輩というのは、同じ職場に勤める静也の同僚で、静也と同じく広報課に所属しており、男性ホルモンが過剰に分泌されているのではないかと思うほどのマッチョな肉体を持つ暑苦しい男だ。

 そんな先輩は、お酒も合コンも大好きな肉食系。
 少々ウザイところもあるが、明るくて自由奔放。
 確かに行動的で遊牧民的な気質を持っている。

「とするとAB型は? 農耕と遊牧の掛け合わせってことか」
「みたいね。進化の過程で、新しく生まれてきた血液型なんですって」

「合わないもの同士の掛け合わせか」
「だから性格が複雑なのかも」
「なるほどな」

 慎重派で冒険はあまり好まず、安定を求める農耕型の草食系・静也的な性格と――
 計画性があまりなく自由奔放でドラマティックを求める遊牧型の肉食系・黒野先輩的な性格が同居していると考えれば、そのややこしさはなかなかのものであろう。

「ええっと、理沙はO型だったっけ」

 当然、静也は理沙の血液型のことも気になった。

「うん。O型は一番、古くからある血液型のようよ。病に打ち勝ちながら長い歴史の中、生き残ってきたということで免疫力が強いんですって」

 理沙はニカっと笑い胸を張る。

続きを読む


お彼岸―アラフォー女子の幸せ [番外編「~縁」(短編小説集)]

短編小説「縁」番外編4作め
「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」

今までの3作とは違い、今度は自信家の独身アラフォー女子・小林和江が主人公。(本編「縁」にも主要キャラとして登場します)
知っておいて損はない情報もちょっとだけ入れてます。(お彼岸知識など)

こちらの3作もよろしく。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。


10月10日追加。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型のこと、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。(3000字)

では、以下本文。

   ・・・

 お彼岸に入り、秋が深まりつつある今日この頃。

 ○○市役所に勤めるアラフォー独身の小林和江は、学生時代からつきあっている気のおける友人たちと女子会を開き、憂さを晴らしていた。

 メンバーの中の一人が彼氏に浮気されたらしく、別れを決意すべく背中を押してほしいとのことで、和江たちは快くその話に乗ったのだった。

 この歳になっての彼氏との別れは厳しいものもあるが、
 浮気をされたということは、それだけ軽く見られているということでもあり、自分を雑に扱うような相手とつきあっても、この先いいことなどない。
 さっさと見切りをつけ別れたほうがいいと、和江をはじめ友人らは背中を押して押して押しまくった。

 浮気は男の甲斐性? バカ言っちゃいけない。
「男が浮気するのは、自分の種をばらまくため」という説もどうやらこじつけらしい。

 精子をばらまくのは魚類などの下等生物がやることだ。
 もちろん子の面倒など見ない。
 ばらまいて終わり。放置だ。

 一方で子をきちんと育て、そのために伴侶と協力をするのが高等動物だ。

 高等になればなるほど、集団を形成し、群れや家族を作る。そうした社会性というものが進化の過程で培われていった。

 要するに浮気をする男は下等動物なのだ。

「下等動物だと分かってよかったじゃない。あなたに魚男なんて似合わない。魚とつきあいを続けても仕方ないじゃない」

 和江はそう発破をかけ、箸でつまんだ刺身をその友人の目の前でプラプラさせてから、口へ運び、頬張った。

 今日の集まりはシックな和食のお店で行われ、白ワインと新鮮な刺身の盛り合わせが絶品だ。

「そうよねっ」
「和江、いいこと言う~」

 和江の魚発言は、大いに場を盛り上げた。

続きを読む


豚草―腐女子の誇り [番外編「~縁」(短編小説集)]

小説「縁」より、番外編読み切り短編
「蝉―僕のランク」
http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
(学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ)

「あだ名―中秋の名月」
http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
(テーマはイジメ)

・・・に続き、第3弾「豚草―腐女子の誇り」
中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

前二作よりは、ちょっと軽妙・・・かも^^;
では以下本文。

   ・・・・・・・・・・

 ブタクサの花粉が飛散する季節。
 大きなマスクをした八島麗華は足早に帰宅する。

 マスクは正直うっとうしい。
 けど、マスク姿であれば化粧をしなくていいし、何しろ人様に顔を見せなくていい。

 ずっとマスクして暮らしたいくらいだ、と麗華は思う。
 何なら厳格なイスラム教徒にでもなって、頭から布を被り、一切、外に顔を晒さずに済ませたい。

 それに確かイスラム圏の保守的なところでは、自由恋愛は禁止されているんだっけ?
 今の日本のように「恋愛しろ」とうるさくないだけ、うらやましいとさえ思う。

 そう、麗華は自分の顔にコンプレックスを持っている。

 中学の頃は『モヤシ』と呼ばれていた。
 目も鼻も口も小さく地味で細長い顔。体つきもヒョロンとしていたことからつけられたあだ名だ。

 それでも大学生になり、いちおう世間がお勧めする恋愛をがんばってみようと思った。

 とりあえず化粧で盛ってみたところ、実際、男の子に誘われたこともあった。
 が、化粧を落としたら「詐欺だ」と言われ、即ふられ、撃沈した。

 たしかに化粧で別人になるのは、殿方を騙すようで、気が引ける。

 だから麗華の恋愛はこれ1回きりだ。
 いや、恋愛とも呼べないだろう。 

 この1回の経験で現実の男とは合わない、と麗華は恋活から早々に撤退した。

 本当は化粧もうっとうしい。しなくてすむなら、したくない。
 服も締め付けるものはイヤだし、靴もスニーカーが一番ラクでいい。

 だいたい、動物の世界ではオスのほうが美しさを見られ、メスから選ばれるというのに、人間の世界では女の方が美しさを求められるのは、どうしたことか。

 そんな理不尽な思いも抱いてしまう。

 普通の女の子たちは着飾りおしゃれをすることが楽しいようだが、麗華はそこに楽しさを感じなかった。
 なので恋活から撤退すると共に、そういった自分をキレイに見せる努力も放棄した。
 
 自由気ままに送れる大学生活はそこそこ楽しい。

 いや、大学生活ではなく、漫画アニメの二次創作生活と言ったほうが正しいか。
 冬コミの当選結果はまだだけど、今、本にするための画稿描きに夢中だ。

 麗華は中学時代から漫画を描き始め、今ではそこそこの腕を持つと自負している。

 ――けど彼女……長山さんは当時から絵が上手かったなあ。今も描いているのかしら。

 中二の時、クラスに長山春香という同級生がいたのだが、その長山さんに感化されて、麗華も本格的に絵を描くようになったのだ。

 それまでの麗華は気に入ったキャラの顔だけしか描いたことがなかった。
 でも長山さんは違った。
 キャラの全身を、しかもいろんなポーズをデッサンの狂いもなく、しかも赤ちゃんから老若男女を描き分けた。
 キャラだけではなく、背景もパースに沿って詳細に表現した。

 長山さんの画力に麗華は刺激を受けた。
 今の自分の原点はあの時代にあった。

 麗華はあの頃に思いを馳せる。

 ――もう一人たしか……白井さんという子もいて、三人でマンガやアニメの話で盛り上がったっけ。楽しかったなあ。

 けれど……その幸せは長くは続かなかった。

 長山さんがクラスでイジメにあうようになり、長山さんは孤立していった。
 自分たちは助けるどころか、長山さんを見放した。

 ――いえ、違う。そうではなく……自分たちが長山さんを孤立させ、それからイジメが始まった……。

 ここで麗華は記憶をフリーズさせる。

 あまり思い出したくない。

続きを読む


あだ名―中秋の名月 [番外編「~縁」(短編小説集)]

小説「縁」より、番外編読み切り短編
「蝉―僕のランク」
http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
(学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ)

・・・に続き、今夜は「あだ名―中秋の名月」
テーマはイジメ。またもや『長山春香』が白井月子の回想シーンで登場。
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・

では以下本文。

   ・・・・・・・・・・

 今夜は十五夜。

 中秋の名月が煌々と夜空を照らし、周りの星々を霞ませている中、『ムーン』こと白井月子は重い体を引きずりながら浅いため息を吐き、帰途につく。

 今日の合コンも惨敗――今回もこれという男子は見つからなかった。
 いや、男子から相手にされなかったと言ったほうが正しい。

 もう大学二年生、来年からそろそろ就活の準備に入らないと……。

 恋愛はできなくても生活に困らないけど、就職はそんなわけにはいかない。
 勝算が低そうな恋活はあきらめて、これから本格的に就活に取り組もうか。

 恋愛がダメなら、せめて就職先くらいは友人らより上でいたい。
 そうすれば鬱々と心の底に巣くう劣等感も多少は和らぐ。

 そう、自分はありていに言えばデブだった。

「ムーン」という愛称がついているけれど、実は『月のようなまん丸い顔』のことを指しているのだと月子は穿った見方をしている。

 アフリカ辺りでは太った女性は好まれるようだが、ここは日本。
 女は痩せていなければならない。

 もちろん「蓼食う虫も好き好き」「デブ専」という言葉もあるけれど、大方の人はデブが嫌いなようだ。
 そしてデブは美しくないとして下に見る。

 だから本当は「ムーン」と呼ばれるのは好きではなかった。

 ――それでも中学時代よりはマシか……
 ふと空を見上げた月子は、そこに浮かぶ白くて丸い月に顔を歪める。

 中学の時のあだ名は「白ブ~」だった。

 コンプレックスに一番まみれていた中学時代。
 だから今まで中学の卒業アルバムだけは開いたことがない。

 高校の時も月子は「白ブ~」と呼ばれていた。中学時代からの同級生らの何人かが同じ高校に進学し、彼らが「白ブ~」と呼び続けたからだ。

 結局、その呼び名が皆に定着してしまった。
 中学時代とは違い、中には親しみを込めてそう呼んでいた子もいたようだけど……。

 いえ、親しみを込めているように装っていただけかもしれない? じゃないと「イジメ」になるから。
 
 けれど月子の入った高校は進学校であり――
 モテることやセンスよくおしゃれであること、美しくあることより、まずは勉強ができることに価値が置かれていた。

 そういう空気に月子は少し救われた。

 もちろん太っていることへのコンプレックスを抱え込んではいたが、トップに近い成績をとれば、いくらかその劣等感を紛らわすことができた。

『どんなに勉強ができても、あれじゃあね……』

 陰でそんな意地悪い嘲笑をぶつけ、月子を軽く見ようとする子はたいてい勉強ができない生徒だった。
 が、負け犬の遠吠えに聞こえないでもない。

 学校内においては、勉強ができる子の価値が高かった。
 成績優秀者同士くっついた。

 太い脚を見せたくなくて長めのスカートをはいていたけど、勉強のできる真面目な子たちもそんなにスカートを短くしておらず、ダサく見えていただろう月子の制服姿をガードしてくれた。

 クラスでの月子のランクは上位に位置していた。そのことで月子の自尊心は保たれた。
 だから高校生活はそこそこ楽しかった。

 ――でも中学時代は……

 いや、もうやめよう。
 振り返っても何もいいことはない。

 だけど、逃げようとすればするほど『中学時代』が追いかけてくる。
 封じ込めようとすればするほど、過去は月子を捉えようとする。

 ――あの時代は……劣等感というより罪悪感にまみれていた。

 頭の中に、ある少女の顔が浮かび上がる。

 ――ゾウさん……。

 そう、彼女のあだ名はゾウさん。
 ゾウに似た子だったから。
 もちろん、クラスの皆はあからさまな侮蔑を込めてそう呼んでいた。 

 あれは中学二年の初めの頃。

 ゾウさんと、後もう一人……モヤシと呼ばれていた子と、休み時間は三人で集まり、漫画やアニメの話をしたり、イラストを描いたりして盛り上がっていたっけ。

 月の光が妖しく輝く中、月子はとうとう『中学時代』に捕まってしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(24) 
共通テーマ:学校

蝉―僕のランク [番外編「~縁」(短編小説集)]

短編集「縁」の番外編、スタートしました。

って、本編がまだアップされてないのに、番外編ってどういうこっちゃ~、
と自分ツッコミしつつも、本編知らなくても分かる話だし、今の季節とリンクする物語なので、とりあえずアップしておいた。
そのうち本編「縁」も投稿します。

本編はコメディ調なんだけど・・・
今回の番外編は学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

タイトル「蝉―僕のランク」 
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。

以下本文。

   ・・・・・・・・・・

 夏休みが終わると死ぬヤツがいる。夏が終わると息絶える蝉のように。

 僕も中学生の頃は死への誘惑にかられた。死ぬのは怖くないけれど、痛かったり苦しんだりするのはイヤだ。

 そんなことを感じずに一瞬で死ねればいいけど、万が一、失敗したら、痛い思いをして生き長らえてしまったら、とそっちのほうが恐怖だった。
 僕の場合、そのリスクと引き換えにするほど現実が辛くなかったとも言えるのだけど。

 でも生きる意味も見出せない。死ぬことができないから生きているだけ。
 この世からおさらばできたヤツをうらやましく思う。

 そうだ、僕はまだかろうじて生きている季節外れの蝉だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(30) 
共通テーマ:学校
番外編「~縁」(短編小説集) ブログトップ