So-net無料ブログ作成

ランク付け・恋愛ゲーム [恋愛・婚活・中絶・不倫]

こんなツイート投稿(朝日新聞の読者投稿を取り上げている)を見つけたので、それについて語る。

https://twitter.com/handbill_puzzle/status/728017413778735104
↑サークル勧誘のビラ配りする男子学生。新入生の女子学生の容姿を見極め、地味系にはビラをくばらない、という話。

そうか、やはり実際にこういうことがあるのか・・・やっぱり傷つくよな。
ま、世間で言われるところのオタク男子も同じような目(=無視される)にあっているかも。

けど、早稲田のスーパーフリー事件や、今回、東大生たちの女性への強制わいせつ事件を見るに・・・
容姿で差別しその女性を入会させるかどうかを判断するようなサークルには関わらないほうがいい。

で、こういう女の子にこそ、藤沢数希氏のメルマガ「恋愛工学」、もしくは小説(コミックも出ている)「ぼくは愛を証明しようと思う」をおすすめしたい。

恋愛を「ゲーム」とし、容姿で女性をS、A、B、Cとランク付けし、最上位=Sや上位=Aをものにするため、(ナンパする)テクニックを磨く話である。
数をこなし、まずは数撃て作戦。ランクが下の女は練習台だ。

え? 女性をランク付けする藤沢氏は失礼だって?

でも若い女性に人気の「はあちゅうさん」(女性)も、そういうランク付けしているよ。
(ただし、はあちゅうさんを支持するファンはAランク、もしくは自分はAランクだと思っている自信あふれる女子たちかもしれない。自分がBやCだと思っている女性はいないかも^^)

「恋愛は素晴らしい~」「恋愛すべし」と思っている人は、藤沢氏の「恋愛工学」を否定しているようだけど、
藤沢氏のきれいごとを排除した覚めた捉え方にも一理ある。

これを読めば、恋愛への幻想はぶち壊され、まあ、別に無理してするほどいいものではないかもと思うかもしれない。

※ちなみにワシは、ホリエモンやちきりんさん同様、藤沢氏の冷徹で覚めた考え方に注目しているのだ。

藤沢氏は恋愛をゲームと捉えているからこそ、その勝者(=Sランクの女をモノにすること)となるべく、そのテクニック・攻略法を『恋愛工学』と銘打ち、伝授しようとしているのだろう。
で、ゲームなんだから、上手くいかなくてもいちいち落ち込むなと。

藤沢氏、こんな発言をツイッター上でしている^^
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/776799348642357248

【さまざまな制限で面白いことができない子供がゲームにハマるのはいいけど、ビジネスや恋愛という無制限の超面白いゲームがやり放題の大人が ポケモンGO とかのゲームにハマるのは、はっきり言ってアホなんだよね】


人間、ランクが上の人と付き合いたい。
(ここでいう恋愛においてのランクは、どうやら容姿と年齢のみで決まるようだ)

通常、一人しか選べないことになっているので、そりゃハードルが上がり厳しくなるだろう。

さらに結婚となると本当に一人しか選べないし、簡単に別れることもできず、法が絡んでくるから、慎重になるのは当然だ。

それぞれお互いに性的価値の品定めをして、ランクをすり合わせ、妥協し、つきあってみて、ダメなら別れて、また誰かを見つけ、そういうのを繰り返し。

楽しければそれでよし、不愉快な思いをするだけで、こんなゲームにエネルギーかけても仕方ないな、楽しくないなと思えば、異性との交際なんてする必要もないだろう。

それより自分の能力磨いたり、勉強したり、趣味で楽しんだり、あるいは仕事するほうにエネルギーかけたほうが生産的かも。

機会があれば恋愛すればいいし、機会に恵まれなきゃそれはそれでいい。
藤沢氏のように面白いゲームだと思えばやればいいし、つまらなければプレイする必要もない。

騒ぐのは、少子化に困っている世間と、恋愛至上主義者と、恋愛ビジネスで食っている人、恋愛指南者くらいだ。恋愛しなくてもいい(=従って結婚できなければそれはそれで仕方ない)なんていうのがまかり通ると、こういう人たちが困るのだろう。

恋愛強者になるためには・・・といって、人を競争に煽り立て、「お客様」の優越感と劣等感をくすぐるのは、いい商売になる。

オタクが多いCランクは、すでに我が道を見つけていて、実はそういった商売にひっかかる人が少ないのかもしれない。Aは遠い世界であり、別世界、自分とは関係のない世界だ。

なので恋愛は「できたらいいよね」とは思うが、「多大なる努力をして。エネルギー(金と時間)をかけて」とは思わない。お金と時間は趣味へ費やす。

だからオタクはディスられ、世間から眉を顰められるのかもしれない。世間がお勧めする「正しい努力」には消極的で、世間が仕掛ける商売にも乗ってこないから。目障りでもあるのだろう。

この朝日新聞の投稿に出ていた女子学生、男が嫌いならそれでいいと思う。自分を傷つける者、軽く扱う者、見下す者、無視する者にこちらからわざわざ近づいていくことはない。

ビラ配りのその男子学生のような、そんな人間らとお近づきにならないほうが吉じゃ。
おそらく女性を対等の人間と見なさない、モノ扱いされ、性欲のはけ口にされるだけだろう。ランクが上の女が見つかれば即ポイ捨てじゃ。

ゲスな奴はけっこうたくさんいるかもしれない。それは男に限らず女も。

ただ、おそらくゲス自身もコンプレックスまみれだろう。だから誰かをバカにしたり、見下さずにいられないのかもしれない。

この世は非モテを見下し、ある種の人たちが「モテなきゃ負け、エッチしないなんておかしい、童貞や処女は恥ずかしいよ」と煽るので、どうしたって影響受けてしまうよな。

昔はオタクハラスメントをしていた世間様、これからもますます非モテ・恋愛しない者・童貞・処女ハラスメントを始めるかも。くわばらくわばら。
B7JTiDhCEAAPDt3.jpg

ただ・・・世間の「恋愛しようよ空気」に違和感を持つ人もわりといるようだ。
空気は変わりつつある?

https://twitter.com/hironobutnk/status/170299587461005312より以下転載。

【生活にクラシック音楽が全く必要ない人間の割合とか、絵画が必要ない人間の割合とか、歌舞伎が必要ない人間とかと同じ割合で、生活に恋愛が必要ない人間は多いのである。しかし現代はあたかも生活に恋愛がなければ不備があるかのように言われるので皆苦しむ】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。