So-net無料ブログ作成

恋愛の後始末・異常な堕胎数 [恋愛・婚活・中絶・不倫]

いかん、ブログが暗黒空気に満ちている。
ほのぼのハートフルを目指すつもりが、これは一体どういうことか・・・。

まずはこの画像で癒しを。
CdHDB8pUMAAII7p.jpg
※「ぼく、シマエナガさん」のツイッター画像より

うむ、かわいいの~。
ほのぼのぼの。


・・・では、暗転。
再び暗黒モードに戻る。

やりちん、やりまん、やり逃げ、やり捨て、ヤリサー・・・^^;
恋愛市場も暗黒に満ちておるの~。

ランク下位者、恋愛偏差値が低い者は手を出さないほうが賢明か。
しかし世間の望みは「やれ」である^^;

けど、底意地悪い世間は、容姿がいまいちな下位ランク者やオタク女子とオタク男子のエッチを哂ったりして~。

オタク女子を侮蔑・ばい菌扱いし「醜いセックスシーン」を哂い、悪しざまに描いた椰月美智子の「恋愛小説」を思う。

内容はこんな感じ。

椰月美智子氏の「恋愛小説」にあった、ランクでいえば最下位・オタクデブス女子の気持ち悪くてみっともない醜いセックスシーンに・・・美人な主人公は、容姿が劣るオタク女子のセックスシーンを想像しては、吐き気を催す。
挙句の果て、そのオタク女子の顔を見るのも嫌になり、オタク女子を彷彿させるもの(マンガ同人誌など)を見ても、吐き気がするほどに、オタク女子をばい菌扱いし、嫌悪する。

ということで・・・
椰月さんのほかの短編作品を知っているが、そこに登場するオタク女子も性格的に難があり、とても共感できる人物ではなく、一つもいいところがなく、救いもなかった。
オタク女子キャラのみ、描かれ方が雑で、万人から嫌われるように描かれていた。
そして、そこでも「気持ち悪い」と言われていた。要するに椰月さんはオタク女子が嫌いであり、相当な嫌悪感を持っているのだろう。
それが作品に現れてしまったと邪推している。

※詳しくはこちら参照。

http://kiga2hon.hatenablog.com/entry/2017/09/26/%E8%85%90%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%92%E6%82%AA%E3%81%97%E3%81%96%E3%81%BE%E3%81%AB%E6%8F%8F%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%8E%E6%81%8B%E6%84%9B%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%80%8F%EF%BC%88%E6%A4%B0%E6%9C%88%E7%BE%8E


・・・けど、それが世間の本音ってやつかも。
恋愛しろと言いながら、実際、ランク下位者や醜い者(=世間が作り上げる美の基準から外れた者)がやると気持ち悪がり、哂うのかもな・・・。

というわけで、この世はゲスに満ちておるの~と、つくづく思った。
なので、そんな醜い世間=周囲がつけたランクなど気にすることないのかもしれない。

ハヤシも含め、皆、そこそこにゲスで黒くて意地悪いのじゃ^^;
上位も下位も50歩100歩。(負け犬の遠吠え~)

さて、では本題。
(前置き、長すぎるぞ・・・)

恋愛(エッチ)の後始末についてだ。

日本の年間中絶数、約18~20万件。(かつては約30万件もあったようだ)

年々、減少傾向にあるが、先進国の中では異常な数。(ちなみに2015年の出生数は100万8000人)

世間様は恋愛=エッチすることを推奨するが、堕胎の数も多い。

一方で、こうしたリスクがあるのだから恋愛=性行為に慎重な女性、男性がいても、不思議ではない。
コンドームは『避妊失敗』のリスクが意外と高い。

妊娠のリスクが心配だから性交渉に消極的という女性の声も聞く。

が、今の時代「結婚前提でないと性交渉しない」なんていうと化石扱い、ひどけりゃ「何をもったいぶっているのだ」「モテない言い訳」と冷笑されたり。

中絶件数が年々減少傾向にあるのは、若者の数が少なくなったことも影響しているだろうが、恋愛しなくなった=エッチしなくなった若者が増えたことも一因だろう。

それでも恋愛の後の始末=堕胎件数は世界で異常なほどに高い日本社会・・・う~ん。
(もちろん先進国に比べ、日本はピルの普及が遅れている理由もあるだろう)

世間は、若者が恋愛しないことやエッチに消極的なことを嘆くより、こういったことを問題視したほうがいいのでは。


・・・・・・・・・・
短編小説集「縁」番外編のお知らせ。

生きづらい世の中、どう折り合いをつけて生きていけばいいのか、劣等感をどう飼いならせばいいのか、これが物語の共通テーマです。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。(5250字)

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。(6200字)

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。(4450字)

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った物語です。(4000字)

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型のこと、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話なので軽く読めます。(3000字)

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。