So-net無料ブログ作成

不健全? 恋愛と人間関係 [恋愛・婚活・中絶・不倫]

短編小説「縁」5編目「年賀状―人間関係って難しい」にて・・・
四条静也・理沙のカップルが他者に対して意外と冷淡であることが垣間見えるシーンがあった。
実は彼らは自分たちの殻に閉じこもっているカップルなのだ。

[晴れ]ご興味持たれた方、ここをご覧あれ。
「年賀状―人間関係は難しい」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-11-09-1


そこで人間関係について考えてみる。

「恋愛工学」の藤沢数希氏がこんなツイートをしていた^^;
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/797301383611330560

【人間は人間とのかかわりが嫌い。大都市はとなりに誰が住んでるかまったく知らないまま快適な暮らしができるように進化した。経営者は人を雇いたくないからロボットやAIにどんどん置き換える。もっとも煩わしい人間関係である恋愛がリストラされるのは、自明なのかもしれない】

・・・なるほど、たしかに。

けど恋愛以上に、結婚=夫婦になるほうが煩わしい人間関係となるだろうな。
恋愛は同棲していなければ、離れていられるもの。で、いつでも別れることができる。
結婚は相手方の親族も関わってくるし、別れるのも簡単ではない。

恋愛が煩わしいという時点で、結婚なんてとんでもないだろうな。

これからは「濃い人間関係を結びたいぜ」と言う人や「恋愛や結婚はすばらしい、人間は深く結びついてこそ幸せ」と思える人が恋愛や結婚をし、子孫を残していくだろう。

で、その子孫はそういう親の考え、性格を引き継ぐだろうから、恋愛や結婚はそこそこ引き継がれていく気もする。

ただ「濃い人間関係は疲れる、懲りた」という人も増えているのも事実だろう。

人間関係・・・恋愛に限らず、人との距離の取り方って難しい。
近寄るとウザイ、キモい、重いと思われ、遠ざかると冷淡、さびしい人と思われる。
反対に、近寄ってきてほしい人は来てくれず、遠ざかってほしい人が寄ってきたり・・・
なかなか上手くいかないのが、デフォかもしれない。

人との距離感を上手くとらえることができる人が、バランスがいい人間=コミュニケーション能力が高い人間ということになるのだろうな。

世間ではそれを「健全な人間」と定義するのだろう。

で、おそらく、そういうコミュニケーション能力が高いバランスのいい人は、周囲からも程よい距離感でもって愛されて育った人間なのだろう。

健全な人は、たぶん健全な人とくっつき、バランスのよい愛情でもって子どもを育て、健全な人生を歩むのかもしれない。

ま、そういった健全な人が社会を回していってほしい。

ただ、そこからリタイヤする人間がいるのも仕方ないことである。


そこで、こんな記事を見つけたので紹介。

「恋愛工学の男はいかにして恋愛障害の女性をモノにするのか」
http://books.nekotool.com/entry/love-affair-disorder

上記の藤沢氏のツイート発言と照らし合わせれば、恋愛工学がどういったものか理解できるだろう。

恋愛工学は「恋愛を通して人間関係を構築する方法論」ではなく・・・恋愛の面倒なところを省いて「セックスにたどり着くプロセスを効率化したもの」ということ。

面倒な人間関係を築くことを省いていることで、長くつきあう関係には至らず、まあ、それを「恋愛」と言うのかどうかは置いておいて、エッチだけはできるので「非モテ」ではなくなる。

自尊心を保つために非モテからは脱したい、「モテる状態」でありたいと望む男性は意外と多いのかもしれない。
数多くの女性とエッチした経験は、男のプライドを満足させるのだろう。自慢にもなるのかも。

反対に童貞は・・・ま、何かと世間から見下されている感がする。
それどころか問題視され、中年童貞に限っては「犯罪者予備軍」扱いされている。

経験が少ないことも、どちらかというと「負け」扱いされる。

若者のエッチ経験を気にする世間の価値観は「たくさんの女とエッチゲームできる肉食系男子>非モテ・恋愛に消極的な草食系男子」だろう。

ならば、恋愛工学にはまる男性が増えても仕方ないことだ。

※関連記事
「早くエッチしろと言う世間様」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23
「エッチしない若者を揶揄する毎日新聞系マンガ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16-1

「一人の素敵な女性と巡り合い、相思相愛となって、愛が冷めることなく添い遂げる」なんていう可能性はゼロではないが、かなり低いことは、うすうす感じている。

ならば、せめてモテ男として、たくさんの女とやってプライドを満足させたいのかもしれない。

一人の人と関係を築くのは面倒で時間もかかり、挙句の果てに関係が破綻するかもしれないことを思えば、
効率よく、薄く広く、「多くの女性とエッチができる男」を目指したほうが、コスパがいい。

気に入った女の子をいかに狩るかのゲームなので、上手くいかなくても傷つかないで済む。

そんな男性が増えたら、被害を受ける女性が増える、との声も聞かれるけど・・・

「恋愛において人間関係を築き、真剣にお付き合いしたい」と考えている女性は、そういった人間にひっかからないように気をつけるしかない。

だからこそ、女性も恋愛至上主義からちょっと距離を置いたほうが、安全かも。
彼氏が欲しい・恋愛しなければという焦りが、目を曇らせることもあるから。

ましてや、そんな男性を結婚相手に選んでしまうと・・・

欲望がコントロールできず、愛情・尊敬・信頼を感じられない相手との生活は、ブラック企業での勤務以上に地獄だ・・・とフリーライターの大宮冬洋氏が言っていた。

その大宮氏によると・・・
男性のエロには2種類があるそうだ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/toyoomiya/20160923-00062485/より転載。

【1つは、寂しさや自己承認欲求、支配欲性欲と結びついたものだ。母親をはじめとする女性への怒りや憎しみが入り混じるケースもある。エロの対象となる女性は「好みのタイプ」ならば誰でもいい。あくまでも自分が中心であり、相手が人格を持った人間だとは考えない】

おお、まるで恋愛工学生ではないか^^;

ワシは、ナンパなんて確実に成功するわけでもないし、そんな無駄なエネルギーかけずに、お金を払って手っ取り早く性欲処理するほうがコスパがいいのでは、と思ったりしていたが・・・

そうか、自己承認欲のために、やっているのだな。

素人女とエッチすることで「オレはモテる」と自己承認欲が満たされるわけだ。

そして・・・

【もう1つのエロは、相手の女性への興味と尊敬、愛情を前提としたもの】

本当はこっちが理想だろうけど、おそらく難しいのだろうな。

これを得ようとするよりは、ナンパで複数の女の子とのエッチを狙うほうが、まだ可能性が高いので、そっちにエネルギーをかけるのだろう。

そして、大宮氏はこう言っている。

【すごく好きな女性でないならば、労力と時間と自尊心を使って口説いた揚句にフラれて傷ついたり、付き合ってすぐに別れて恨まれたりするリスクは避けたい。
「今の彼女なし生活に大きな不満があるわけではないから」という男性もけっこう多い】と。

その「すごく好きな人」に出会えることは、まあ少ないのだろうな、男女共に。
一生に1度あるかないか、そんなもんかもしれない。(惚れっぽい人なら、たくさん出会うのだろうけれど)

で、その「すごく好きな人」は、刹那的なナンパや合コンでは見つからない気がする。

女性をエッチするための獲物として見る恋愛工学生たちを「不健全」「まともじゃない」「クズ」「女の敵」という人も、たくさんいるだろう。

ということで巷では批判されているらしい恋愛工学だが・・・
ワシは断罪することはできない。
(触法したら話は全く別だ。犯罪行為は許されない)

が、何が正しくて正しくないのか、何をもって不健全だと判断するのか、分からないのだ。

それは長い間、世間から「オタクは不健全、まともじゃない」と思われ続けてきたからだろう。

ワシもどちらかというと「普通じゃない」として弾かれてきた側の人間なので、他者を簡単に「不健全だ」と言えないのである。

いや、世間の価値観に合う生き方や考え方ができる人を「普通・健全」と定義するなら、ワシはたぶん「まともではない不健全な人間」だ。

女性の被害について、どう思うのか? ということについては・・・

まず、「真剣に恋愛したい女性」はナンパにはひっかからないだろう。

しかし、女性の一部には「男に相手にされないババアやブスよりも、遊びでいいから男に相手にされる女でいたい」「男に声をかけられ誘われるのは、女性としてうれしい」と思っている人もいるようだ。

これも自己承認欲なのだろうな。

ナンパや街コンで、あまりよく分からない男性についていくのは、自己責任だ。
そこで酷い目にあっても、やり捨てられても、それは覚悟の上だろう。

ヤリマンと言われる女性らに「自分を大切にしなよ」というのも、おせっかいかもしれない。

自分の意思で、やりたいからやっているのであれば、それは個人の自由だ。

助言するにしても、病気や避妊のリスクを説くまで。
それ以上は余計なお世話だろう。

ヤリマン・ヤリチンを「不健全だ」「まともじゃない」と言う人もいるだろうけど、どうなのだろう?

もちろん、性犯罪者たち=女性を集団で襲った早稲田のスーパーフリーや慶大生の広告学研究会、学力で女性をランク付けして下位ランクをセックス要因として女性を強制わいせつした誕生日研究会の東大生らは「まともじゃない」し、「不健全」どころか「人間のクズ」であり、女性の敵だ、とワシも思うが。

女性の自由意思を奪うという一線を越えない限り、恋愛工学生やナンパ師が何をやろうと自由なのだ。

ま、彼らに嫌悪感を示すのも自由ではあるのだが。

結局、その生き方が正しいかどうかではなく、自分はそうした生き方をしたいのか否か、だろうな。

で、そうした人間に関わりたいか関わりたくないか・・・どっちを選ぶのも自由なのだ。

※関連記事
「見下しエッチゲーム? 恋愛工学について」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
「不倫と非モテと結婚制度」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-05
「恋愛工学と婚活戦争」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-09
「恋愛指南者の正体」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-3
「えげつない恋愛・婚活市場」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23-2
「ランク付け・恋愛ゲーム」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12-2
「厳しい恋愛・恋愛離れも仕方なし・だからこそ「いつまちゃん」と恋愛工学」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-04-1

・・・・・・・・・・
余談。

女性側も結婚にさほど積極的ではなくなった人が増えたようだ。

「結婚したい急減 20代女性、シングルを満喫?」
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO09375180Q6A111C1TY5000?channel=DF130120166018

一部転載。

【20代女性の結婚願望が薄れている。交際経験がない人が増え、結婚したい相手に巡り合えていないと感じる女性が多い】

【スマートフォンの恋愛ゲームなどは男性向けが中心だったが、最近は女性向けも増えた。都内に住む20代の女性は「アニメのキャラクターが大好きで、彼氏がいなくても生活は楽しい。別に現実の男性と急いで結婚したいとも思わない」と話す】

転載終わり。

さて、これを「不健全」としますか? ってことだな。

「恋愛して結婚して子どもを持ちたい」と思うことが普通であり、健全であり、まともな人間だ、と思う人は「不健全だ」「人間としておかしい」「偏っている」と言うんだろうな。

いや、趣味や仕事を優先していいんじゃないの?
恋愛や結婚すること・子どもを産むことを優先する人もいれば、ほかを優先する女性もいるだろう。

特に勉強や技術習得は若い時にしたほうがいい。
結局、伸びしろのある若い時の「貴重な時間」を何に費やすのか、である。

妊娠出産も若いうちがいいということで、結婚するにも女性は若さを求められている。
条件で選別される婚活も若いうちにしたほうがいい。

なので、女性は仕事か結婚か、選ぶことになるのだろう。

運のいい人は仕事に情熱を傾けつつも、好きな人が見つかり、相思相愛となり、結婚できるのかもしれないが、そんなに上手くいかない女性もけっこういるだろう。

どちらを優先するか。
自由に選択できる世の中。

昔のように全員が結婚しなくてはならない、女性は家庭に入らなくてはならない、という時代より、よほどいいと思う。

どういう生き方が幸せか、誰にも分からん。

よって恋愛に消極的な生き方も、エッチに生きるヤリマン・ヤリチンも、どちらもありなのだ。

となると、エッチ目的にゲームをする恋愛工学生の生き方もあり、ということになる。

犯罪を行わない限り、基本的には「あり」となるのだ。

モラル(倫理・道徳観)となると、それは時代によって変化していくし、国によっても違うので、「その行いは正しいか正しくないか」、簡単に答えが出るようなものではないだろう。

もちろん、その生き方は嫌い、軽蔑する、関わりたくない、と思うのは自由。

ワシも、ヤリマンやヤリチンの気持ちはよく分からないし、ああなりたいとも思わないし、別の世界の人という感じだ^^;

よって一般の人が、オタクとは関わりたくない、嫌い、軽蔑する、と思うのも仕方ないこととも思っている。

お互いできるだけ離れようぜ。
それしか解決策はない。

・・・・・・・・・・
短編小説「縁」より番外編のお知らせ。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。