So-net無料ブログ作成

恋愛マニュアル漫画 [恋愛・婚活・中絶・不倫]

恋愛テクニック・恋愛マニュアル漫画を紹介。 
かの「恋愛工学」よりも有効かも^^;

「すべての恋愛は金で解決する」
http://yusb.net/man/1030.html

「男と女の会話は違う」
http://yakb.net/man/128.html

「最初のデートは1時間」
http://yakb.net/man/184.html

「返事がないのはNOだ」
http://yakb.net/man/336.html

「告白で『付き合って』はタブー!」
http://yakb.net/man/350.html

ということで・・・
恋(つうか恋愛ごっこ?)も技術やマニュアルが闊歩する時代。
「女性とはこういうものである」と定義づけられると、そこから外れる人は困るだろうな。

ワシの場合、「まず要点を言え、結果を言え」と思うし、相手に相談を持ちかけた場合、ちゃんとした意見を聞きたいし、「解決」したいので、上で紹介したマニュアルに当てはまらない。

そもそも、一般女性が興味もっているだろうことに、興味がないんだよなあ。
欲しいものもないし。つうか、欲しいのは才能じゃ。(かわいげがないの)

そう、例えば、与えられるとしたら、美と才能、どっちを選ぶ? という質問に、たぶん、多くの女性は美をとるんじゃないかな。

けど、ワシは才能を選ぶぞ。容姿を哂われればそりゃ凹むけど、たぶん才能があったほうが楽しいし面白い人生が送れる気がする。
男だけからちやほやされるよりも、皆からちやほやされたい。

美なら、男だけだが、才能なら、皆がちやほやしてくれる、たぶん。

アクセサリーの類も全く興味なし。プレゼントもいらない。
モノは本当にいらないし、置いておく場所ないし、もらうとかえって気後れするし、なので、なしのほうがありがたい。
記念日も重視しない。誕生日もどうでもいい。スルーしてもらうほうが、かえってありがたい。
派手なことは嫌い。のんびり、気楽にいきたい。で、目立ちたくない。

あ、そうそう、写真も撮られるのは嫌い。
どっちかというと撮りたいほうじゃ。構図にもうるさいのじゃ。

そんなワシは、ごく一般の価値観を持つ人たちから見れば、ドライ、冷たい、かわいげがない、しらける、ノリが悪い、つまらない人、寂しい人、女らしくない、カサカサ人間と思われてしまうのだろうな。

けど、本当に「特別な日」はどうでもよく、毎日を心地よく過ごしたいだけ。
単に世間一般の価値観と合わない人間なのだ。
喜びのスイッチが、ほかの人と違うのだろう。

ただ、ワシのように・・・ひょっとして「女性とはこういうものである」というマニュアルに、あてはまらない女性って、けっこういるんじゃないだろうか???

マスメディアや一部の人が「こういうものだ」「だから、こうしたほうがいい」と勝手に作り上げているのかもしれない。

けど実際は、人それぞれ違う。
マニュアルを過信すると、かえって上手くいかなくなる場合もあるかも。

なので反対に「男性とはこういうものである」というようなマニュアルにも、女性は注意したほうがいいかもしれない。
男性だって、いろいろいるだろう。

マニュアルや恋愛指南で「女とはこういうもの」「男とはこういうもの」と決めつけられ、「だから、こう対処しよう」「こういう態度をされたら、こう捉えろ」と教えられ、それをお互い、鵜呑みにするようになると・・・

そのマニュアルで示された定義から外れた人間は、恋愛からあぶれることになるのかもしれない^^;

マニュアルに示された「一般的だとされている女性、または男性」と同じ価値観・感性・考え方をしない人は弾かれてしまうかも^^;

世間に広まる恋愛マニュアルを見て、面倒くさそうだな、と思う人も出てくるだろうな。

いや、マニュアルがあったほうが面倒ではない、ラクだという人もいるだろうけれど。

マニュアルに合う人=世間一般の価値観と自分の価値観が合う人、にとってはいいんだろうな。

誤解なきよう、皮肉じゃないよ。
世間の価値観に合う人というのは「時代に選ばれた人」という気がする。

反対に、合わない人にとっては、この社会は居心地が悪く、生きづらい。
その時代「選ばれなかった人」だ。(ワシもその一人じゃ)

で、この世は多数決の社会なのだから、少数派が弾かれるのも当然であり、自然界の掟では淘汰される存在でもある。

ワシはこの歳まで、少数派も認められていいのでは、と思っていたが、それは甘い考えだったかもと反省しておる。
弾かれて当然なのだ。

世間の価値観に合せない・合わないのであれば、多少、人から引かれる・弾かれる・見下されるのは仕方ないのかもしれない。(もち、不当な弾圧には抗議するけれど)

ただ、その価値観は変わっていく。

例えば、今は「若者は積極的に恋愛すべき」であり、恋愛しない者は社会から問題視され憂えられる存在だが、戦前は、結婚前の男女交際=恋愛もいい目で見られず、はしたない行為、避けるべき行為だった。
美人の基準も、平安時代と今とではかなり違う。平安美人は今でいうブスである。

なので世間の価値観に合わない人は恥じる必要もないのだ。
多数派に見下されても、ま、気にしないようにするしかない。

どうしても気になるっていう人は合わせるしかない。

我が道を行くか、何とか多数派に合わせるか。

もち、生活をする上で最低限、多数派に合わせなくてはならないこともあるだろうが・・・
どちらもありじゃ。

ま、できるだけ疲れない道を行こうぞ。(疲れると、心身に悪いぞ)

・・・・・・・・・・
短編小説集「縁」番外編のお知らせ。

生きづらい世の中、どう折り合いをつけて生きていけばいいのか、劣等感をどう飼いならせばいいのか、これが物語の共通テーマです。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。(5250字)

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。(6200字)

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。(4450字)

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型のこと、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。


タグ:恋愛 漫画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。