So-net無料ブログ作成

無駄な人生・効率主義 [雑記・生活ネタ]

2018年
こうやってひとつの記事に追記を加えるやり方、どうみても「賢くない・無駄なブログ運営」だよなあ^^;
ま、いいか。


3月17日

キラキラ起業、コスパ悪そう。セミナーとかお金かかるのね。集客をどうしたらいいのか、ということで、ついつい、そういったところにお金を注ぎこんじゃうのね。
http://flat9.blog.jp/archives/73229709.html


そういえば、昔、こんなことがあった。

ピアノ漫画、描いていたときね。その宣伝に、オケとピアノ演奏しないか? と、とあるピアノの先生から誘われた。

ワシの場合、ショパンの「華麗なる大ポロネーズ」が持ち曲で、その曲でぜひ、とのことだった。
(音大の卒業試験で弾いたので、レパートリーに入れているのじゃ)

そう、ピアノ関係者なら知っていることだけど、あの曲は実は「オケが入る」のだ。

しかし、まあ、ショパン様って、ピアノ曲に関してはすごい作曲家だが、オケのほうはいまひとつ・・・。
それでも2曲あるピアノ協奏曲はいいとして、「華麗なる大ポロネーズ」のほうは、ほんとうにオケがしょぼい。

なので、今現在は一般的にオケなしでピアノソロとして演奏される曲だ。

※「華麗なる大ポローネーズ」・・・ココに録音したのをアップしている。
http://www.rock.sannet.ne.jp/kiga2hon-dayo/ongaku.html


話を戻そう。

誘われたのはいいけど、オケとの協奏に20万かかる、というのだ。
それでも破格だという。

ま、オケの皆さんへの謝礼、ホール使用代などなど考えれば、たしかに破格なのだろう。

でも、そんなお金を払ってまで、やりたいとは思わなかった。

無料ならやってもいいかな、という程度。

いやあ、ごめんなさい。
「お前ごとき、無料でピアノが演奏できると思っているのか? なんとおこごましい」と多くの人は思うことじゃろう。

(ちなみに一般的にピアノの発表会など、ホールで10分ほどソロ演奏すれば、安くても1万円以上はかかる)

今は無料でも嫌だな。
交通費とか経費かかるし。
そこまでして人前で弾きたいとは思わない。家で気楽に練習するのが一番、楽しい。

漫画の宣伝も、そこまでしてやる価値はない、とも思ったっけ。
そのピアノの先生には丁重にお断りした。20万は大金だ。サラリーマンの収入を見下すような人たちにとっては大したことないはした金なのだろうけど。
漫画の宣伝費=経費としても、高すぎ。

そんなことを思い出した。


キラキラ女子の元祖・作家の森瑤子


そうか、そうだったのか。華やかな生活をしていた作家さんのイメージだったが・・・
そういえば、カウンセリング受けていて、心が相当疲弊していたことが今になって思い起こされる。女性たちがあこがれていたおしゃれであの華やかな暮らしの実態は・・・。

今はSNSで素人さんたちが装うからなあ。
イメージに惑わされないようにしないと。

虚飾して、空しくならないのか? と思う一方で、これも一種の承認欲なのだろうな。人から幸せそうに思われたいっていう・・・ま、ワシからしたら、それこそ無駄なことに感じるが。そこまでして承認されたいか?



2月17日追記。

たまにネット落ちする。(スマフォ時代ではもう死語だよな)

ネット落ちしても、特にワシの生活には支障ないんだよな。

それどころかネットに時間を食われることなく、メリットも大きい。
暮らしの効率を考えると、ネットからもうちょい距離を置いた方がいいカモと考える今日この頃。

新しい時代に適さないけど、ピアノなんぞやっているとアナログでいくしかないよなあ。
つくづくクラシックって、今の時代に合わないよなあ・・・
おまけに練習しなきゃすぐに腕は落ちるし。
そのうえ、歳とともにやはり劣化するし。

そこで、「やる気・元気を与えてくれるようなコンテンツ」がほしくなり、一気にイケハヤ熱が冷めてしまった^^;
「若いが勝ち」の考えはもっともなことだけど。

※それに、イケハヤさんのテキスト・発言には複数の人が携わり、集団・組織となるようで・・・個人として責任を持たなくていい発言や考えにあまり価値を感じなくなってしまったのじゃ。煽り発言も覚悟なくできてしまう。まさか、イケハヤさんが興味対象から早々に外れていくとは。仮想通貨にも興味ないしなあ。

ま、とにかく・・・ワシは化石人間・オワコン人間として、時代に取り残されながら、まったりアナログでいくぜ。
羽生選手のSPで使用されたショパン『バラード1番』を聞いて、「うお~っピアノ練習しようっ」と思っておる^^;

羽生選手が使用している『バラード1番』はかなりはしょっているし、ワシの好きな部分は省略されていたけれど。
音高に行った時、同じ門下の先輩が弾いているのを聞いて、憧れたよなあ。

※くらもちふさこの漫画「いつもポケットにショパン」にも出てきた曲だ。

それにしても羽生君の使用しているバラード1番、速いよなあ。
ワシの最盛期の頃でも、あんなに速く弾けなかったよなあ。
今はとてもとても。指がまわらん。

今現在はバラード3番を練習・維持。
ショパンバラードは4曲あるけど、3番が一番まとまっているし、6,7分で終わるので手頃な曲じゃ。

というわけで、ネットからはちょいと距離を置き、アナログ生活へもうちょい費やす。

考えてみれば、最盛期は練習に5,6時間費やすのは当たり前だった。
今は1時間やればいいほう。そりゃ、劣化するぜ。ただでさえ、歳をとって劣化しているのに。

ネットに費やす時間、これこそ見直さないと。
文章書くのって、けっこう時間、食うんだよなあ。

そんなわけで、ここの書き込み頻度も少なくなるかもしれないが、よろしく。
(やめるわけじゃないよ)


1月17日追記。

高須賀医師が言っていたが、法定通貨が盗まれれば、警察も動いてくれるし、盗んだ方が犯罪者として悪い、となるけれど・・・仮想通貨は盗まれても、盗まれた方が悪い、となる究極な自己責任世界。

そうか、だから自由なんだ。

自由っていうことはそういうことなんだよな、誰も守ってくれない、もちろん国も守ってくれない。

ワシのような怠け者で面倒臭がりで、頭が悪い奴には、自由な世界ってけっこう厳しいかもなあ。

なので、ワシのようなものは仮想通貨には手を出さないほうがいいかも。
日本円に、国にすがって生きていく。

んで、組織にすがり、正社員または公務員として生きていく。

イケハヤさんやその界隈からは軽蔑される生き方だけどね^^

ただ、それが無駄・無価値・無意味な生き方かどうかはしらん。
まあ、価値や意味を求めないほうがいいかもね。

いかにラクに、搾取されず、しかし組織や国を頼って(利用して)生きるか。弱者の権利を得れば、生活保護など、全く搾取されずに、国を利用して生きることも可能だ。

イケハヤさん的生き方は、組織や国にできるだけ頼らない生き方を目指している感じ。だから、そっちのほうが潔い生き方かもなあ。ラクそうに見えて、意外としんどい生き方かも。
ま、それが楽しいか楽しくないか、だよなあ。

一部の人は、日本はオワコンというけれど、オワコンではない国ってやっぱ欧米諸国?
ま、若い人は日本を脱出すればいいと思う。
ただ、海外で暮らすって面倒。言葉の壁をはじめ、やっぱ差別はあるだろうし、外国人の権利は制限されるし、その国の国籍をとれたとしても、不便はつきまとう。

いや、なんか、日本は差別国家・人権侵害国家とさわいでいる連中もいるけど、ま、そういう人は外国で生活したらいいと思うよ。んで、日本より居心地良ければそれでいいじゃん。
差別国家日本に較べ、差別がないらしい欧米諸国。たぶん快適に暮らせるのだろうwwwwww

自由をたくさん得たい人は、自由に生きることができるのじゃ。そのかわり自己責任で。

とまあ、仮想通貨にそんなことを思ってしまった。

守られてラクに面倒なく生きたいワシにとって、仮想通貨が法定通貨を凌駕しては困る^^;

ま、ワシ世代がいなくなれば、若者が理想とする自由な世界・仮想通貨の世界がやってくるのかもしれぬの。

※暴落したようじゃが、またきっと盛り返すかも。ワシが死んだあとはきっと新しい仮想通貨世界が訪れていることじゃろう。あと、もうチョイ先じゃ。すまぬの~

皆が、自己責任を受け入れるならば、小さな政府、国の権限を抑えることができるだろう。

若いが勝ち。んで、個人に値がつくVALUが生まれ、それが当然の世界になれば、えぐい世界になりそう。
けど、えげつない世界って活気があるから、それはそれでいいのかも。競争が苛烈する分、進化する、いらないものは淘汰され、消えていく。

市場・・・あなたのお値段は? しかも、ぼんやりしていれば、歳と共にお値段は落ちていく。

ま、自分の商品価値を気にせず、のんびり淘汰されていくのもいいかも。
んで、自分の価値を上げようとがんばってくれている人たちが税金を納め、技術を進化させてくれる。のんびり淘汰系は、その恩恵にあずかれるのだから、むしろ、こっちの生き方のほうがずるいかも。

自分のお値段が上がっても下がっても、幸せか不幸かは分からん。
お値段が高い方が気分いいかもしれないけど、消耗しそう^^;


・・・・・・・・・・
1月2日追記。

2017年を振り返る。

なんといっても、はあちゅうさんのセクハラパワハラ問題と『童貞弄り』が記憶に新しい。

セクハラパワハラ・#Metoo で訴える動きが出てきたのは、ま、基本、いいことだとしておこう。(じゃないとフェミから総攻撃をくらう)

自殺に追い込まれたまつりさんのような犠牲者を出さないためにも、「みせしめに加害者を社会的に罰する」ことは有効な手段だろう。

裁判にもちこんだり、刑事告訴は難しい。レイプや暴行ならともかく、セクハラ程度では『犯罪』にはならないから。(逆に犯罪となり、刑事告訴できるようになったら、それはそれで恐ろしい社会だよな。だれでも犯罪者に仕立て上げることができてしまう)

もちろん、男性も訴えてもいいのだ。女性から性的な嫌がらせを受けたら、ネットで告発しよう。

ただ、反作用は必ずあるよな。冤罪を生むかもしれないし、復讐するのにも利用されてしまうかも。

職場内での恋愛は、ほんとリスクが高くなった。悪けりゃ、仕事をなくす。
恋愛は学生時代のうちに。レイプなど明確な犯罪行為でない限り、セクハラで訴えられたところで、停学や退学処分といった罰を受けるまでにはならないだろう。

ま、男女が一緒に仕事する場合、よくよく気をつけねば。
男にしてみれば『面倒だから女とは仕事したくない』となるのは、仕方ないかも。

んで、男も基本、女におごるのはやめよう。上司という立場なら、なおさらだ。

おごれば、やっぱ見返りを求めてしまう。それが人間だ。

女も、男におごられるのは基本やめよう。
おごられるだけで済ませよう、というのは、ムシが良すぎるかも。

そこで、ちょいとセクハラがあっても、おごった男にしてみれば「そんなのコミュニケーションのひとつ」「かたいこというな」と思うのも仕方ない。

つうか、「男がおごるべき」という空気は、男に対するセクハラかも。

ところで『童貞弄り』だけど、ここはちょいと、はあちゅうさん側もこれほど取り沙汰されるとは思っていなかっただろう。

いや、まだ男性側の反発は覚悟していただろうけど、女性側の反発の多さは、想定外だっただろう。

それも匿名ではない、社会問題を扱う著作を出している『めいろまさん』(谷本真由美氏)や、『渡辺由佳里さん』など、『童貞を弄ってはいけない理由』『いじめのようなものだ』と反論され、はあちゅうさんもこれについては加害側だとする空気が蔓延してしまった。

童貞弄りは悪なのか?

もちろん、童貞は「気遣うべき弱者」ではない。
けど、世間の価値観では、下位に置かれ、見下されているわけで。

同じく、非モテやオタク、中高年未婚者なども、『弱者』ではないが、下層に置かれ、揶揄の対象となる

「こういった層を見下すのはやめよう」という動きは、「セクハラはやめよう」という動きと似ている。

上下関係、階級を無くし、フラットに。見下し見下されの関係はやめようよ、ということ。

いろんな価値観があっていい。けれど、べつにそれに共感しなくてもいい。
その価値観に共感できなければ、その世界とは関係なく、関わらなければいいだけのこと。弄ることも哂うこともせず、ただ放っておけばいいのだ。

これからの時代、いろんなことがひっくりかえりそう。

仮想通貨はそのひとつ。

負け組とされていた引きこもりオタクが、大手企業にお勤めの勝ち組サラリーマンよりも、多くのお金を手にすることも可能な時代となった。

資金をつくることができれば、投資にまわし、さらなる富を手に入れることも可能。
激務のサラリーマンには、投資をやる余裕などないから、差ができる。

稼ぐという点では、逆転することが可能。
(もち、うまくいかず、破綻することもあるだろう)

未だ、男性に経済力を求める女性は、どっちを選ぶんだろうな。

もちろん、女性自身が稼ぐことも可能。

なににせよ、イケハヤさんの言う通り、いろんなものがひっくりかえり、価値観もひっくりかえり、今までの勝ち組負け組もひっくりかえるかも。

んで、なんといっても、『恋愛』というものが、さほどいいものではなく、リスクが高く、人の劣等感を哂うために使われる『えげつないもの』という空気が生み出された年だったかも。

ま、リスクをとってでも、この人とつきあいたい、という場合以外は、恋愛しなくてもいいのでは。

結婚と同じ、リスク高いのに、妥協することはない。男も女も。


・・・・・・・・・・
12月10日追記。

モテの世界では、経験=やった人数=価値。
(恋愛の世界では、相手のランク=自分の価値)

SNSの世界では、フォロワー数=価値。

ゲーム感覚で楽しめるならいいけど、しゃかりきになって「あいつより上にいきたい」「なぜ、あいつが自分より上なんだ」と嫉妬を感じたり、「そもそも、あいつは間違っている」と黒い気分に陥ると、あんまり幸せになれないかも。

また「おれのほうがフォロワー数多い、少ないお前はザコ」と見下しているSNS至上主義者な人も、なんだかなあ、という感じ^^;

【やった人数】を自慢しているナンパ師と変わらないかも。

「やった人数」「フォロワー数」を持ち出し、少ない人たちをバカにするほうが、なんだか恥ずかしい。

いや、ほんと、別に価値がなくてもいいよなあ、と思う今日この頃^^;
それらに価値を求めるなら、単なるゲームとして楽しもうぜ。楽しめなくなったら、ゲームを降りればいいのじゃ。

けど、自分が上位に入る世界は気持ちいい。

恋愛至上主義者、SNS至上主義者、いろいろあるんだろうけど、ま、世界が多くなるのはいいことかもしれぬ。

・・・・・・・・・
12月5日追記その2。

ワシがブランドものの価格に異常性を感じるのは、ピアノの価格と比べてしまうからかもしれぬ。(一般の人は自動車と較べたりするのかも?)

どうしても分からん。そのバッグ、服で、ヤマハのグランドピアノ1台買えるやん。
それらに、どうしても『機械には任せられない手作り部分がかなりあって精巧・精密にできているピアノ』の価格と同等の価値を見出すことはできぬ。

ビットコインも分からんが^^;


12月5日追記。

ツイッターなどで、自分をお金持ちだと思っている人が、貧乏人を見下す発言を見かけるけど・・・
昔はお金のことで苦労したのだろうな、今もお金はあるけど幸せではなく、劣等感があるから見下さずにいられないのだろうな、と思ってしまった。

ダンナが高収入で、自身は稼いでないキラキラ奥様(おそらく実家はお金持ちではない)にも、そういった発言がよく見られる。
年収3000万でも貧乏人扱いしていた^^;

※もしかしたらフォロワー稼ぎのために皆の興味を誘うようにネタとして書かれた可能性もあり。

でも、お金持ちと結婚できても、ダンナに捨てられたら、貧乏人だもんなあ。実家も金持ちではないから、本物のお金持ちへの嫉妬心や劣等感から、貧乏人をバカにしてしまうのだろう。

※けど離婚回避して婚姻費用をせしめる手もあり。キラキラ奥様、ちゃんと藤沢氏をフォローしているようなので、そういった情報も得ているだろう。

ワシは、そういったキラキラ奥様から見下されるクラス、いや世間から毛嫌いされるキモオタ最下層クラスに属するが、クラシックピアノコミュニティのお金持ちはこんなワシに対しても優しい^^。礼も尽くしてくれる。見下されたことはない。

本物のお金持ち、子どもの時からさほどお金に苦労していない人って、やっぱ『品格・品位』があって、礼儀正しく、性格もいいよなあ^^;余裕のなせるわざだろう。歪んだ承認欲もない。

いや、年収3000万でも貧乏人扱いするキラキラ奥様から見たら、彼らもお金持ちとは言えないのかもしれないけれど・・・

彼らは、1000万以上するスタインウェイ(ピアノ)を買える、置く場所がある、メンテナンス料も払える、新幹線使って遠くの地域で行われるコンクールを聞きに行ったりするようなお金の使い方をする人たちだ。

※ただお金持ちかどうかは『年収』ではなく『所得』で見ないとなあ。

が、仮にそれができるお金があったとして、自分はそういうお金の使い方をするかとなると、たぶんしないだろうな^^;

別にピアノはヤマハの安いやつでいいで。

幸せコスト・・・ワシは図書館から借りた本を寝ながら読めれば満足なので、低コストでお得な性格だよなあ。

ましてや、ブランド品買ったり、エステに行ったり、そういったことに幸せを感じ、お金を費やしてしまうキラキラ女子や奥様は、遠い世界の人じゃの。

けど、そういう人たちがいて、消費をしてくれるからこそ日本経済もまわっていくので、感謝しないといけないのかも。

ダンナは高額納税者、奥さんは高額消費者、あっぱれじゃ。

そして高額納税者との結婚をもくろみ自己投資にお金をかける将来の高額消費者であるキラキラ女子・・・うむ、がんばれ。

日本を全く支えていないワシのような人間はのんびりいくとしよう。

ま、ものを売るのは大変だよな。自分を見ていて、そう思う。だって欲しいもの、買いたいものないもの。
強いていえば、日常を快適に・便利に過ごすために、お金を使うかなあ。(電気料とか)


・・・・・・・・・・
11月30日。

ビットコイン、まあ、なんだかすごいな。

けど熱気は伝わってくるぞ。

ただ、ああいったのにはまると、労働にはもう価値を見出せないよなあ^^;

いや、もともと価値なんぞないのかも。すべての活動において。
というか、価値があると思ってないとやってられない、努力できないことが多いから。
価値がないと認めるのは寂しいことかもしれないが、気楽でもある。

※恋愛工学を支持している理由もそこにある。エッチや恋愛なんぞさほど価値がないかもよ、ということを恋愛工学は教えてくれているのじゃ。そういう意味で『価値がないと思わされている非モテ』を救っている。

ビットコイン、やっぱよく分からん。あれのどこにそんな価値があるのか。

だけど、これだけは分かる。
『ビットコインに較べたら、あなたも私も市場価値が低い、誰も欲しがらない』

がんばっても価値は上がらない。
ならば、楽しいこと、愉快なこと、心地よいことを追求して、嫌なことからはできるだけ逃げようぜ。嫌なことをゼロにはできないかもしれないけど、少なくするようにね。

サラリーマンをディスっているように見えるイケハヤさんもそういうことを言っているのだと思う。

ま、搾取されないようにしないとね。
『お前はこの程度の市場価値しかないのだから、安いのは当たり前だ』と言われて、利用されないように。

思えば、安く買いたたかれているよなあ、と思う労働はあちこちにある。

その月収、年収は、ビットコインで数日で簡単に上下してしまう。
株よりもすごい世界だ。

10代でうまいこと稼ぐ勉強、20代30代資金作り、体力気力順応力が落ちてのびしろがなくなる40代からは不労所得=投資で、自分が好きなように生きる、というのがこれからの「勝ち組」とやらの生き方かもしれぬの。

あとは、承認欲から自由になれれば、たぶん不幸にはならない。

わしは価値がある人生とか意味のある人生とかより、気持ちいい・心地よい生活を送りたいの~。

・・・・・・・・・・
11月22日。

ブログ・ネットをやっていると、けっこう時間を食う。
自分のやり方は効率悪いのだろうな^^;

生き方、変えねばなあ。

別に稼ぐ必要はないので、趣味でやっているに過ぎないけど、「生産的か?価値があるか?」となると微妙。
楽しければいいという自己満足のみだと、飽きたらそれで終わり。長続きしない。

ブログへのエネルギーを、もうちょい他へうつそう。

基本「はてな」を育てていくつもりだけど、こういった軽いつぶやきはここ『ソネット』のほうがやりやすい。
「はてな」はちゃんとした文章にしないと、と肩ひじはって運営している。そのため、更新も遅くなるが、気長にのんびりいくことにした。

今、橘玲氏に注目。氏の著書を図書館で借りまくって読んでいる。

もうちょい投資や税の勉強しようかなあ。
ビットコインはワケが分からないので、手は出さない。

簡単につぶれなさそうな企業の株を分散して長期で持ち、配当・利回りで小遣いを稼ぐ程度。
橘玲氏の著書を読んで、それもありかな、と。


そーいや、テレビで『情報弱者ビジネス』のことやっていたな^^;

こうすれば、あなたも稼げますよっていうビジネス。

なんだかプロブロガーセミナー、塾、ナンパテクニックなども、こういったことと関わっていそうじゃの。
いや、適正な価格かどうか、重々気をつけようぜ。

金儲けするのに、皆、必死だからなあ。

自己投資っていう甘い言葉に騙されないように。
そうやって、いろいろと売りつけようとするからなあ。

専門家・・・いやあ、ピアノの世界でもいろいろいるからなあ。
誰を『師』とするのか、結局は自分で勉強して見定めないと。
で、専門家だって間違えることあるからね。

要は、間違えた時に、きちんと訂正し、お詫びできる人が信用できる。

そういったところ、橋本徹氏や勝間和代さんはちゃんとしているなあ、と尊敬している。
自分の間違いを認めたがらず、あれこれ言い訳し、ごまかそうとする人が大半だから。

・・・・・・・・・・

堂々と人を見下す人について。

ある意味、すごいと思う。だって自分が失敗した時、ほれみたことか、と皆に言われるし、嫌われることが多いから。それを気にしないでいられるって、すごいよな。

ワシはそんな「おそろしいやりかた」はできない。どちらかというと、卑下しておくほうがラク。一種の保険。失敗しても「ああ、やっぱりね」とさほど傷つかずにすむし、周りも納得してくれる^^;
ただ卑下のし過ぎは周囲をイライラさせるので、ほどほどに。

いや、まあ、こういう卑下人間って魅力はないけどね。
得はしないが損もしない生き方。敵をつくらないやり方。(イケハヤ氏とは真逆じゃ^^;)

けど、ワシはそっちの生き方でのんびりいくほうがあっている。
歳をとると、志向・嗜好が変わってくるよなあ。
無駄にぼんやり過ごすことも苦ではなく、無駄を嫌ってイライラするのも疲れるし。

効率重視人間とつきあうのって、大変かも。
たぶん、イライラしているぜ。で、内心「ああ、無駄無駄、早く帰りてえ、ほかのことしてえ、こいつとつきあうの無駄無駄」と思っているかも^^;

・・・・・・・・・・

※過去記事を整理して、リライトして「はてな」に移しています。記事の中には内容がかみ合わず、あぶれてしまった箇所もあり、その箇所をとりあえず、ここに転載します。

以下、転載。

そういえば、ちきりんさんも、こんなツイートをしてしまったよな。
https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/887285509336080384より転載。

【最近、かっこいい生き方をしてる人がほんとーに多いので、40才にもなって「一流企業で働いてます。仕事でも評価されてます。この前、家建てました」、みたいな人がほーんとみすぼらしく見える】

もち、このちきりんさんの発言は、世間の価値観で見れば勝ち組に入る「一流企業で評価され、家を建てる」生き方に対しての揶揄を込めてのことだろう。

けど、カッコいい生き方って何だろう?
安定を求め一流企業に務め、家族を養うに足る給料をもらい、家族のために家を建てることも、いい生き方だとは思うが。(もちろん、ローンを組んで家を建てることは今の時代、大変なリスクだろうけれど)

フリーになり、独立して、成功する人は少ない。
家族を養っていたら、そんなリスク冒せないと考える人は多いだろう。

ちきりんさんから「みすぼらしい」と言われた生き方をしている人たちは、「ちきりんさんは家庭もないし、自由で気楽だよね」と思うかも。

で、ちきりんさんから見下されたお返しにこう言いたいかも。
「家庭がないなんて、かわいそうだね」「負け犬の遠吠え」「本当は私たちがうらやましいんでしょ」と。

いや、先にそう言われてしまったから、ちきりんさんはお返しに「そっちの生き方のほうがみすぼらしい」と発言したのかもしれないが。

※ちなみに、ちきりんさんは結婚制度はもう古いとして、こういう記事を書いている。
「結婚はオワコン?」http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130514


ま、『安定』を望み冒険しない生き方をしているうちの四条カップルも、ちきりんさんから見たら「みすぼらしい生き方」をしているんだろうけど、そこそこ幸せである・・・ということにしている^^;

※四条カップルは短編連作小説「これも何かの縁」の主人公じゃ。
「~縁」目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


自分がする蔑視・差別はいいけど、他人がする蔑視・差別は許せないってヤツ。
よくある風景だね^^;

女性蔑視を許さず反差別を訴える上野千鶴子氏も「オタクは再生産されずに滅びてほしい」とオタクを見下していたしね・・・。

見下し合いが社会のデフォ。
だから「恋愛しない人・モテない人・結婚しない人・子どもがいない人」が見下されるのも仕方ないのかも。お互い様だね。

ま、「恋愛工学」がはびこるのも当然じゃの^^;

ワシは、価値観をひっくり返してくれそうな人を応援するぞ。
だって世間の価値観と闘うって損することも多いだろうし、とても大変なことだから。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。